ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新しい記事は、顔だけ黄色い人というブログでも公開しています。このブログ「ひなぴし」も更新していきます(笑)

ドラマ #カルテット 公式Twitterが突然ツイート!続編の予感か!?坂元裕二も投稿

TBSドラマ「カルテット」の放送期間は2017年1月〜3月でした。

なので、そのカルテットの公式Twitterの運営期間もそれとほぼおなじで・・

 

カルテット最終話が放送されたあと

 

こういう感じのツイートとともにフェードアウトされました。

なので、次にもしカルテットの公式Twitterが再開するとしたら

DVD-BOX/Blu-ray-BOXの発売内容が確定したとき・・

 

おそらく

2017年7月7日発売なので

6月ぐらいだろうな〜〜〜と思っていたら

 

実は、カルテット公式Twitterが急にツイートしたんですよ!

 

 

2017年5月13日に、突然ツイートされました。

 

 

おぉぉおお!!

 

あの、高橋一生さんが松田龍平さんへプレゼントしたという

キントーンのその後について(笑)

 

キントーンというのは、「バランススクーター」というものだそうです。

 

KINTONE - Google 検索

 

 

 

 

 

 

・・と、このように、

カルテット放送期間中にも何度も公式Twitterに登場していたものです。

 

これを松田龍平さんはまだまだ大切に使っている・・と(笑)

 

 

 

いや、ちょっと待てよ、と。

 

もしかして、カルテット公式Twitterを運営している人が

松田龍平さんからそのような情報を得られるということは

 

何らかの接触があったからではないのか!?

という気がしてきました。

 

 

そして、これと時を同じくするかのように

カルテットの脚本家である坂元裕二さんが・・

 

 

飯島奈美さんの唐揚げ、ブイヤベースいただきました。

坂元裕二さん(@skmtyj)がシェアした投稿 -

 

なんと、カルテットに関わる投稿をInstagramにアップしてました!

ブイヤベースは家森が作ったんですよねたしか(笑)

せっかくブイヤベース作ったのに、餃子に話を持っていかれた的な流れだったと記憶していますが(笑)

 

あれを作ったのは、もちろんカルテットの料理担当・飯島奈美さん。

ドラマ #カルテット飯テロシーンまとめ(全話分収録)、うまそうな食事シーンは有名フードコーディネーターの仕業 - ひなぴし

 

当然、唐揚げレモンも、唐揚げパセリも

飯島さんの仕事です。

 

 

これらを、坂元裕二さんが

「食べた」と(笑)

 

これって・・・もしや・・

 

やっぱり、カルテット絡みで何らかの会合なりがあって

接触があったということなんじゃないかと。

 

 

つまり、もしかしたら

 

「今後のことを話し合う」いやもっと言うと

「続編について」

の話なんじゃないか!?と期待してしまいます(笑)

 

 

ぼくは、続編の予感、ということにさせていただきたいと思います!

 

 

#カルテット ドラマ続編・スペシャルドラマ・スピンオフ・映画化、可能性とテレビ局が考えること - ひなぴし

 

まあ・・

 

やっぱりDVD/Blu-ray BOX関連の宣伝を前にした活動

というだけかもしれないんですけどね(^_^;)

 

TBSは「逃げるは恥だが役に立つ」のDVD/Blu-ray BOXの売上で相当儲けたようなので

おそらく「カルテット」についても相当力を入れて販売してくるだろうと思います。

 

なので・・

 

もしかしたら、そのDVD/Blu-ray BOXの特典絡みの会合かもしれません。

 

 

例えば出演者や脚本家を交えたオーディオコメンタリーを収録したとか。。

それは購入した人だけが聴けるものです。

 

あ、逃げ恥もこういう企画やってたんですよ!

それによってかなりたくさん売れたみたいなので。

 

 

できれば続編絡みだったら嬉しいんですが

DVD/Blu-ray BOXの特典も豪華にしてくれると、買いたい気持ちはもっと高まるので

ぜひそちらも力を入れて頑張ってほしいです!

 

ドラマ・カルテットBlu-ray BOXを安く買う方法!オーディオコメンタリー有!ウルトラソウルパンツ(ほぼ本物)をゲットする方法 - ひなぴし

 

あ、でもやっぱり

 

続編を、お願いします(笑)

 

 

 

フジロック2017にTBSドラマ #カルテット メンバーが集結か 満島ひかり・高橋一生・松田龍平 - ひなぴし

このブログへメール 削除依頼について