ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

富士山の2倍の高さまで積みあがる、たこ焼きの箱。上海万博でたこ焼きがバカ売れした。




たこ焼き屋「たこ家道頓堀くくる」が、上海万博に出店した店舗でたこ焼きを50万食も売ったそうです。

たこ焼きの箱(舟?)は1.5cmの厚みがあり、50万食分を積み上げると7,500mに、およそ富士山の2倍の高さにのぼることがわかりました。


8個入り35元(約420円)って日本並みの価格ですよね。
これが最大2時間待ちの長蛇の列で、相当な人気だったようです。


そこまで並んでまで買ってくれる人がいるということは・・「これを食すべし」みたいな、地元のメディアに取り上げられたんでしょうね。


何味だったんでしょう?やっぱりオーソドックスなソース味ですかね??

そうすると、ほかの日本の食べ物も可能性ありそうですよね。

たとえば、お好み焼き。たこ焼きの親戚みたいなもんですよね。たこ焼きはファーストフードですから、少々毛色は違いますが、おいしいと思って食べてもらう分には同じようなものかもしれません。


年明けにも中国1号店を出店して、中国進出するそうですよ。


日本の食ってレベル高いと思うんですけど、4千年の歴史をもつ中国から怒られちゃいますかね??たとえば、お菓子なんて、どんな外国のお菓子より日本のメーカーのものがおいしいと思います。

逆に外国の人は、なぜこんなお菓子を食べるんだろうと・・・不思議に思うことさえあります。


「追求する」ってことに尽きるのかなと。


アニメ。日本のアニメは世界一と言う人もいますが、なぜか。それはそこまでつきつめた人が日本にしかいなかったからではないか。こどものものだと思って、ちょっとバカにする部分もあったんではないか。


お菓子。こどものものだと思って、ちょっとバカにする部分もあるのではないか。おいしいお菓子を作るよう真剣につきつめたのが日本人だった。そういうことかな?

これも読みたい


小麦粉のおいしい食べ方は、ラーメンやパスタのような麺だけじゃない!

こういう具を入れて、こんなものをかけて食べれば・・・


ほら、「粉もん」のできあがり!!


・・・大阪あたりでは、たこ焼きやお好み焼きのようなものを「こなもの(こなもん)」って言うんですけど、知ってました??他の地域でも言うのかな・・・


追求した人がいなかったんじゃないかと。

追求した日本人の勝利!誇りに思っていいと思います。
日本発の料理、食べ物が中国を席巻してくれることを願って・・


もっと中国へアピールできるものを探してみたら、どうでしょう??
買ってくれる人は多いので、かなり儲かっちゃうかも!?ですよ。

このブログへメール 削除依頼