ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

Twitterに写真をツイートするサービス「TwitPic」の使い方。ツイッターに写真をつぶやく方法。Twitterへの画像投稿サービス。




自分のツイートで、人に写真をみてもらいたい、もしくは企業のTwitterキャンペーンで写真をアップしてくださいと指定があった時などに使うのが、ツイッターの画像投稿サービス。

その代表的なものが今回紹介する「TwitPic」です。

非常に簡単な操作で写真がアップできますので、ぜひ使ってみてください。


まず、赤丸部分のボタンをクリックします。

「あなたのTwitterアカウントへログイン」というのが表示されます。
TwitPicは、Twitterのアカウントと接続することで写真のアップロードを可能にしますから、ここからTwitterへログインをして、TwitPicがTwitterのアカウントと接続することを許可してあげなければいけません。
ツイッターのアカウント名とパスワードを入力してログインをクリックしましょう。

接続への許可を求められますので「許可する」をクリック。

するとこんな画面になり、自動的に画面が切り替わっていきます。

TwitPicの画面が表示されます。ここまでは登録・ログインの方法、ここからが投稿の方法です。
赤丸の「Upload photo」をクリック。

「Choose an image to upload」の「Browse」をクリックしてアップロードしたい写真を選択。
「Add a message」に一緒に投稿する文章を記入。写真はURLで表示されるので、その分140文字から文字数が減っています。
「Post Options」の「Post to Twitter account」にはチェックを入れる(入れないと、Twitterでツイートされない)、「Include location data (if available) 」は位置情報を含めるかどうか(Twitterで利用可能設定にしている場合)なので、これは必要があればチェックを入れるか外す。
そして「Upload」ボタンを押すと、写真がアップロードされツイートされます。

ちなみに、TwitPicにログインした状態でTwitPicのTOPへ行くとこんな画面なので、「Upload a photo」をクリックすれば、上の投稿用画面になります。

ちなみに、携帯電話からの写真投稿も簡単にできます。
「Upload photo」もしくは「Settings」をクリックすると表示されている
「〜〜〜〜@twitpic.com」のアドレスへ写真を添付したメールを送れば自動的にツイートされます。
そのとき、件名に文章を入れれば写真と一緒につぶやかれます。文字数に気をつける必要がありますので、100文字程度までにしておきましょう。

これも読みたい


TwitPicの使い方をマスターすれば、手軽に写真のアップができるようになると思います。携帯電話からの投稿用アドレスは、電話帳に登録しておくと良いでしょう。

こんな風にツイートされ、URLをクリックすると

こんな風にみることができます。

TwitPicの使い方、わかりましたか??

このブログへメール 削除依頼