ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ディズニーシー事故発生「レイジングスピリッツ」を13日以降に営業再開を決定

RAGING SPIRITS / iogi

安全バーがかからない状態でスタートしてしまい、飛び降りた乗客がケガをするという人身事故が起こったディズニーシーのレイジングスピリッツですが、

13日以降に営業再開する方向で検討されているようです。

 

事故の内容はこちら↓↓↓

東京ディズニシー「レイジングスピリッツ」事故発生 安全バーかからずにジェットコースターが発進 2012年5月28日 | オダジョリギー

 

 

 

 

その後、発表されていた事故報告の内容はこちら↓↓↓

 

東京ディズニシー「レイジングスピリッツ」事故発生 安全バーかからずにジェットコースターが発進 2012年5月28日 | オダジョリギー

 

 

 

 

6月11日に千葉県に対して、6月13日以降の再開を目指したいと報告したそうです。

ディズニーシー、週内にもコースター再開 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

 

 

 

まあ、アトラクションが一部運休になってもチケットの価格は変わらないので、遊びに行く予定の方からすれば早く再開してほしいと思う方が多いと思います。

が、やっぱりアトラクションも車と同じ「乗り物」。

事故がゼロっていうのは・・ありえないですよね。最新技術の塊のような飛行機でさえ事故があるし、電車でも起こる。

スリルを味わうようなアトラクションにリスクがあるのは当然のような気がします。

 

しかも一番気になるのは、

今回のレイジングスピリッツ事故は「人為的な操作ミスによって発生した」→再発防止策として「マニュアルの見直しと徹底を行った」とオリエンタルランドが発表しているところ。


・・・ということは、あくまで人の操作の誤りによってまた起こる可能性ありということ。

自動的に今回と同様の事故を防ぐ仕組みにはなっていません。

 

機械と人間、どっちを信用できるんだ?

 

と聞かれたら答えるのは非常に難しいですが・・・

 

ちなみに、遊園地やテーマパークの乗り物には運転免許のようなものはありません(たぶん)。

なのに、お客さんを乗せて運行している。

 

ぼくがディズニーリゾートで働くなら、アトラクション担当は絶対に嫌です。。

だって、こんなリスクを負ってお客さんを乗せ、乗り物を運行するんですよ。

このブログへメール 削除依頼