ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

YouTubeプライバシー設定方法 再生/検索履歴を削除、記録しない方法

 

photo credit: Rego - d4u.hu via photo pin cc

 

 

 

インターネットを利用している大抵の人が、YouTubeの動画をみることがあると思います。そのYouTubeって、自分が再生した動画の履歴や検索した履歴が記録されて残っているって知ってました?

 

 

 

何も設定を触っていなければ、YouTubeには自動的に再生履歴/検索履歴が保存されています。

 

これは、例えば他の人が自分のPCをみる場合があるとか、こどもも使うかもしれないとか、家族と共有しているとか・・・そんな場合には、ちょっと困ることがあるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

そこで、YouTubeのプライバシー設定方法として

 

 

YouTubeの

再生履歴/検索履歴を

削除、保存しない方法

 

 

をご紹介したいと思います。

 

 

 


 

 

■YouTube再生履歴/検索履歴 設定方法

 

1.YouTubeにログイン

まず、YouTubeにログインしておいてください。

 

 

2.YouTubeの「再生履歴」にアクセス

次の「 再生履歴 」ページへアクセスしてください。

 

 

 

 

 

 

▼個別に再生履歴を消したい場合

左のチェックボックスをチェックして、上の「削除」ボタンをクリックすると削除可能

 

 

▼再生履歴を全部消す場合

「一番上のすべての再生履歴をクリア」をクリック

 

 

▼再生履歴を記録しないようにするためには

「再生履歴を記録しない」をクリック

 

 

3.「検索履歴」を削除する、記録しない方法

上のページ左のメニュー「検索履歴」をクリック。

 

削除、記録しない設定方法は、上の再生履歴の場合と同じ。

 

 

 


 

 

 

ということで、設定は非常に簡単。

 

知らず知らずのうちにあなたの情報は、WEBサイトに記録されています(^^;

 

 

 

自分で何か設定しない限り、基本設定はどこのサイトも「記録する」になっている場合が多いと覚えておきましょう。

 

 

 

まあ、バレて困らないなら、記録しといた方が便利なこともありますけどね。

 

「あ~、あの時みた、アレ、なんだっけ??」みたいな時には、履歴が残っていた方が探しやすくなります。

このブログへメール 削除依頼