ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhoneのSafari履歴を残さない プライベートブラウズ設定方法


iPhoneのSafari履歴を残さない

プライベートブラウズ設定方法

「プライベートブラウズ」って知ってますか?
プライベートなブラウジングができる機能ですが・・・どういうことができるかというと、

★Webサイト閲覧履歴が残らない
★パスワードを入力しても保存されない
★Google検索履歴も残らない
★Cookie・自動入力されるような情報は保存されない

つまり、足跡を残さずにインターネットサーフィンできるってことですね。
まあ人にみられたくない情報をみていることもあります。
そういう時に使うモードですね。

では、iPhoneのSafariプライベートブラウズの設定方法を確認しましょう。


★ iPhone Safariの履歴を残さずにネットサーフィンする設定

iPhoneのブラウザ「Safari」を「プライベートブラウズ」に設定します。


設定 > Safari

「プライバシー」に「プライベートブラウズ」という項目があります。
ここを「オン」にすると、プライベートブラウズモードになります。

ちなみにオンにすると、

「タブをすべて閉じますか?」というダイアログが表示されます。
これを設定したときにすでに開いているページをどうするのか?ということです。

まあ、本当に履歴残したくないなら、とりあえず「すべてを閉じる」としましょう。

ここから「プライベートブラウズ」モードが開始。


で、Safariを開いてみると・・・・

いったん全部ページを閉じたので何も表示されてない。
ここでとりあえずGoogleを表示させてみました。

▼プライベートブラウズモードで開いたGoogle

何かが普通の時と違うんですが・・・わかりますか??

実は上下の色が「黒」になっているんですね〜。
普段は薄い青です。

▼通常モードで開いたGoogle

上下の色で、今「プライベートブラウズ」状態なのかどうか確認できますよね。

プライベートブラウジングしている間は上に書いたとおり、いろいろ情報が残らない状態になります。


ちなみに、もうすでに記録されてしまった履歴などの情報を消去する方法は
こちらの記事を参考に、消してみてください↓↓↓

iPhoneのSafari閲覧履歴をみる、削除方法、Cookie・キャッシュとは? - はてなで泣いた

このブログへメール 削除依頼について