ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

言語人口ランキング、世界で最も使われている言葉は?

言語人口ランキング、最も使われている言葉は?

 

 

さて、グローバル化していると言われるこの世界。

実際に多くの人が話している言語は何語なんでしょうか?

 

話している、っていうときりがないので

「母語」としている人の数でランキングしたいと思います。

 

母語として話している言語ランキングTOP20

 

第1位:中国語(北京語)(8億8500万人)

第2位:英語(4億人)

第3位:スペイン語(3億3200万人)

第4位:ヒンディー語(2億3600万人)

第5位:アラビア語(2億人)

第6位:ポルトガル語(1億7500万人)

第7位:ロシア語(1億7000万人)

第8位:ベンガル語(1億6800万人)

第9位:日本語(1億2500万人)

第10位:ドイツ語(1億人)

第11位:中国語(呉語)(9100万人)

第12位:ジャワ語(7500万人)

第13位:韓国語(7500万人)

第14位:パンジャブ語(7300万人)

第15位:テルグ語(7300万人)

第16位:フランス語(7200万人)

第17位:マラーティー語(6500万人)

第18位:タミル語(6500万人)

第19位:イタリア語(5700万人)

第20位:中国語(広東語)(5500万人)

 

おぉ〜〜

日本語なんて、日本でしか母語になってないでしょうから

なんか9位って誇らしい感じがしますね〜。

 

これを言語別インターネットユーザー数にすると・・

少しランキングがかわります。

 

 

言語別インターネットユーザー数TOP10

 

第1位:英語(5億6500万人)

第2位:中国語(5億1000万人)

第3位:スペイン語(1億6500万人)

第4位:日本語(9900万人)

第5位:ポルトガル語(8260万人)

第6位:ドイツ語(7540万人)

第7位:アラビア語(6500万人)

第8位:フランス語(5980万人)

第9位:ロシア語(5970万人)

第10位:韓国語(3940万人)

 

英語の人が多いんですね〜インターネット上には。

中国語は2位に後退。

 

そして、日本語や韓国語がランクアップ。

インターネット大国と言えそうですよね・・

といっても、アメリカには及ばないかな?

 

豆知識。

パラオのアンガウル州でも、日本語を公用語としているそうです!

え?!

って思いそうですが、その昔日本が統治していた時代が30年間ぐらいあって

その間に日本語を教えられた方が多いから・・らしいです。

 

・・・にしても、とりあえず日本語っていうのも

けっこうなパワーを持った言葉ってことがわかりますよね〜これで。

 

社内公用語を英語にしちゃったりするのって・・どうなの??

 

日本人としては、日本語の普及を・・!!

 

と、外国語が苦手なぼくは思ってしまいますが(笑)

このブログへメール 削除依頼について 
//スムーズスクロール