ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

#モザイクジャパン #高橋一生 がクズゲスAVメーカー社長役のWOWOWドラマ、九井社長まとめ

感想・口コミ・評価・評判・考察・解説を書いていきます。邦画

 

ちょっと「長すぎる」記事なので

「モザイクジャパン」に興味がある人だけ読んでみてください(笑)

一部はセリフの書き出しもしています。

 

 

このドラマ「モザイクジャパン」は、高橋一生ファンなら、

一度は観ておくべき作品です。

 

www.wowow.co.jp

 

全話 一話25分で、全何話かというと、全5話です。

なので、けっこうさっくりと観られます。

ですが・・内容が濃い!

 

 

この作品での高橋一生のアダルトビデオメーカーの社長役の怪演が

業界内ではかなり高評価で

その後の仕事にもつながっていると噂になっています(^_^;)

 

このドラマ自体がけっこう評価が高かったようなんです。

脚本は坂元裕二さん。

 

坂元裕二さんの作品には本当によく高橋一生さんが登場しますよね。

しかもかなり重要な役で。

 

このモザイクジャパンでの高橋一生さんは主演ではないのですが

主役である永山絢斗さんと一番やり取りがある上司役としての出演です。

 

切れ者で頭はいいが

完全にイカれていて、クズでゲス・・

でも、実はそれだけではない・・?

という難しい役を、本当にそれっぽく演じられています。

 

同じ坂元裕二さん脚本のカルテットでの家森諭高役

「おんな城主直虎」小野但馬守政次、「わろてんか」伊能栞とは

全くといっていいほど違う役です。

 

#カルテット 家森諭高(高橋一生)は九州の方言?唐揚げパセリ全文 - ひなぴし

 

小野但馬守政次(高橋一生)の最期ネタバレ!辞世の句、嫌われ政次の一生あらすじ #おんな城主直虎 本懐、磔、近藤康用 - ひなぴし

 

朝ドラ・わろてんかの伊能栞(高橋一生)のモデル・小林一三が宝塚歌劇団を育てた手法!松岡修造はひ孫です - ひなぴし

 

AV製作会社の社長ですから・・

まあ、「ですから」ってことはないんですが

イカれた社長の役なので、当然AV女優との絡みもあります(笑)

 

完全に地上波のテレビ局では放送できない内容で、

このWOWOWの連続ドラマW「モザイクジャパン」は

「R15+指定相当」です。

(15歳未満の方は視聴をやめましょう)

 

1/3ぐらいは、AVをみているようなドラマです(笑)

 

絶対に地上波ではできない企画を

しかもあの坂元裕二脚本でやり遂げたWOWOWってやっぱりすごいな

と素直に思います。

 

モザイクジャパンの動画を観たいという人は

YouTubeやPandora(パンドラ)のような無料動画共有サイトではなく

(違法です)

WOWOWに加入するか、動画配信サイトでみましょう!

 

 モザイクジャパンはWOWOWのドラマなので

WOWOWに加入すればもちろんみられます。

 

 

↓こちらも参考にどうぞ↓

WOWOWをできるだけ安く視聴する方法!初月無料は再加入でも適用可能 - ひなぴし

 

が、Amazonでもみることが可能です。

 

Amazonプライム会員なら無料でみられます。

プライム会員登録も、こちらから可能です。

高橋一生が出演!WOWOWドラマ「モザイクジャパン」第一話

第一話

 

 

モザイクジャパンは、Huluでの配信も行われています。

 

 

モザイクジャパン(本編ディスク2枚組) [DVD]

モザイクジャパン(本編ディスク2枚組) [DVD]

 

 

「モザイクジャパン」は

2014年にWOWOWで放送されたドラマです。

 

1回25分で全5回なので、

さっくり観られます。

 

そして・・地上波の連ドラと比較して時間がかなり短いにもかかわらず

内容が濃いので、最初から最後まで目がはなせないドラマです!

 

 

ちなみに「15歳以上」しか観られないドラマなので

15歳未満の方は、ここでこのページから去るようにお願いします。

15歳になったらまた来てくださいm(_ _)m

 

 

※ここからネタバレあり※

 

 

このドラマの一番の見どころは、

おそらく高橋一生さんでしょう(笑)

 

完全にぶっ飛んだある意味かなりおかしい社長の役を

高橋一生さんが演じています。

 

でも、実はキレ者で・・という。。

 

 

高橋一生の「ラブシーン」

という言い方よりも、AVで言う、「本番」まであります(笑)

 

ヤバイドラマです(笑)

いや、必見のドラマなんです。

 

高橋一生のインタビュー

坂元裕二脚本のドラマ『モザイクジャパン』(WOWOW)では変わり者のアダルトメーカー社長役を怪演。R-15作品で、過激なシーンも。

「どんな役を演じるときも、躊躇することはありません。自分の中で線引きを行っていないので、お話をいただいたら前向きに考えさせてもらいます。坂元さんはいろんな役を振ってくれるので、本当にありがたいです」

www.jprime.jp

 

俳優 #高橋一生 の私服がダサいTwitter写真画像動画、森川葵の公開告白・恋愛スキル、岡田准一と嫁の名前を合わせた説 - ひなぴし 

 

モザイクジャパンの主演は永山絢斗 

主演は永山絢斗さん。

瑛太さんの弟さんです。

 

瑛太さんといえば、坂元裕二ドラマの常連さんですよね。

もしかしてですが・・本当なら瑛太さんにやってもらうイメージの役だったのを

「瑛太ではあまりにもイメージを壊しすぎる」ことから永山さんへの依頼になったのでは?とちょっと勘ぐってしまいますが(笑)

ただ、永山さんの方が瑛太さんよりもちょっと「優しさ」が出ている気がするので

おそらく瑛太さんよりも永山さんの方が、「モザイクジャパン」の主役・常末理市には合っている気がします。

 

常末理市(つねまつりいち)は、初めは純粋や真面目な青年でやさしい人間なんですが

途中からはどんどん豹変していきます。だんだん、そこにあるアダルトビデオ制作の現場に染まっていくという・・

いや、どちらかというと、九井社長(高橋一生)化していくという感じですかね。

 

永山絢斗さんのインタビュー

――とはいえ、好奇心はあっても実際にはあまり馴染みのない世界ということで、演じて大変だったシーンなどはありましたか?

理市は基本的に受け身の役なので、周りの役者さんの方が逆に大変だったと思います。僕はひとりニュートラルでいました。ただ……男体盛りは大変でした(笑)。それと、自分でカメラを持ったままAVを撮影するシーンがあったんですけど、いざ本番、という時になって「あ、俺が撮るんだよな」って気が付いて照れくさくなりましたね(笑)。

news.livedoor.com

 

モザイクジャパンとはどういうドラマか?

詳しいあらすじは書きませんが、公式サイトにある情報を紹介させていただきます。

東京の証券会社をリストラされた主人公は、故郷で再就職を果たすが、働き始めたところは何と、AVメーカーだった…。
ドラマ「Woman」「最高の離婚」「東京ラブストーリー」など数々のヒット作を生み出した坂元裕二が脚本を手掛けた新しい形の社会派エンターテインメントが登場。セックス産業で潤う田舎の街を舞台に、深い人間心理や社会問題が盛り込まれた意欲作だ。演出は、映画『なくもんか』('09)、『謝罪の王様』('13)などを手掛け、坂元裕二とはドラマ「Mother」「Woman」でタッグを組んできた水田伸生。主演は、映画『ふがいない僕は空を見た』('12)などで知られる若手実力派俳優・永山絢斗。ほか、連続ドラマW「ヒトリシズカ」などに出演した高橋一生ら、魅力的なキャストが新たなテーマに臨む。オーディションを勝ち抜き体当たりの演技に挑む新人女優たちにも注目だ。ドラマWでさまざまなタブーに挑んできたWOWOWが、ペイチャンネルならではの新しい挑戦としてAV業界を真正面から活写。

ドラマ「Woman」などを手掛けた人気脚本家・坂元裕二が描く、AV業界に乗っ取られた田舎町を舞台にした新しい形の社会派エンターテインメントドラマ。

東京の証券会社をリストラされた主人公は、故郷で再就職を果たすが、働き始めたところは何と、AVメーカーだった…。
ドラマ「Woman」「最高の離婚」「東京ラブストーリー」など数々のヒット作を生み出した坂元裕二が脚本を手掛けた新しい形の社会派エンターテインメントが登場。セックス産業で潤う田舎の街を舞台に、深い人間心理や社会問題が盛り込まれた意欲作だ。演出は、映画『なくもんか』(’09)、『謝罪の王様』(’13)などを手掛け、坂元裕二とはドラマ「Mother」「Woman」でタッグを組んできた水田伸生。
主演は、映画『ふがいない僕は空を見た』(’12)などで知られる若手実力派俳優・永山絢斗。ほか、連続ドラマW「ヒトリシズカ」などに出演した高橋一生ら、魅力的なキャストが新たなテーマに臨む。オーディションを勝ち抜き体当たりの演技に挑む新人女優たちにも注目だ。

 http://www.wowow.co.jp/detail/105000

 

最近の「カルテット」や「anone」等の地上波テレビ局での坂元裕二ドラマとは全く違うテイストで、AV業界の裏側をあぶり出すような内容。

しかも実在する会社をモデルにしているのでは?と思えるようなところもあり

人間関係に主軸が置かれるストーリーではあるものの

AV業界の真の姿をみせてくれるドラマ。

 

高橋一生の怪演と普通の女優がAV女優としての演技をみせる衝撃。 

 

脚本 坂元裕二

このモザイクを消せないものか。テレビ番組作りの原点とは、誰もが興味を持っているけど、誰も知らないことを、誰でも見れる場所にさらけ出すことと考え、アダルトビデオの世界で取材を重ねました。結果、150分中、140分はWOWOWでしかできないであろうドラマとなりました。幾重にも重ねられたモザイクを消しながらわたしたちが見つけたものは、この国の社会システムそのものでもあります。モザイクとは何か、モザイクの向こうには何があるのかないのか、モザイクをかけているのは誰か、そんなことをこの物語の中で考えていただければと思います。モザイクジャパンというタイトルですが、内容にはモザイクをかけていません。

 

演出:水田伸生(「Woman」『謝罪の王様』)
コメントWOWOWドラマに初挑戦する。困っている。脚本が私の力量を超えている。脚本家の坂元さんとは「Mother」「さよならぼくたちのようちえん」「Woman」でご一緒したが…その都度、坂元さんの着眼点に驚かされ、感服している。今回は感服を超えて、驚愕だわ…。こりゃ、民放地上波では出来ないわ…。やると決めたWOWOWも凄いわ…。私は、坂元裕二さんとWOWOWに鍛えられている。

水田伸生さんは日本テレビのドラマ「anone(あのね)」 でも

坂元裕二さんとタッグを組んでいます。

日テレの演出家でありながらWOWOWドラマの演出を務めた。

 

モデルの会社はソフト・オン・デマンド?DMM?FC2?

高橋一生さん演じる九井社長が率いる会社が「GALAXYZグループ(ギャラクシーズ)」です。

 

この会社の総務部みたいな普通の女子社員がAV出演しているみたいなところは

高橋がなりさんが創業したソフト・オン・デマンドみたいですし

 

他のアダルトビデオメーカーとしての事業以外の

証券会社みたいな普通の事業もやってるあたりがDMMっぽくもあります(笑)

 

海外にサーバーを置いたら無修正でも日本の法律は関係ない

みたいな話は・・FC2??(笑)

 

とにかく、そういうところを参考にしているんでしょうね〜

 

日本を代表する文化の1つとしてAVを紹介、AV女優になるのはアイドルになるより難しい

今は海外でも「ぶっかけ(BUKKAKE)」で通じる

など、日本のAVが世界に与えている影響について、ドラマ内では語られています。

 

「常末さんあのね」とヒロインであるAV女優木内桃子は語る

「AV女優になるのはアイドルになるよりずっと難しいんですよ」

「日本にAV女優が何人いるか知ってますか?1万人です。8000人ぐらいですね、余ってます。その中で単体女優になれるのはほんとにちょっとです。アイドルはブスでもなれるけど、単体女優にはなれません。単体女優はかわいいのに出られるのではなくかわいいから出られるんです」

「AVで一番売れるジャンルって知ってますか?新人です!デビュー作品っていうジャンルが一番売れるんです。あとは落ちる一方なんです。」

 

なるほど・・そういう風に考えたことはなかったなと。

たしかに、なりたくてなっている人もいるんですよね・・(なる気がないのに騙されてそうなっている人もいるそうなので、もちろんみんながそうではないんですが)

 

 

普通の女優さんが裸、脱いでてAV女優役をやってる

このドラマのすごいところだと思うのですが

AV女優役を本物のAV女優がやるわけではなく、普通の女優さんが演じていることです。

これってすごくないですか。

全く隠さずに裸になってますし、完全にAVの撮影をしているような状態です。

とくに前田美織役の宮地真緒さんと、ヒロインの木内桃子を演じるハマカワフミエさん。

ハマカワフミエさんはオーディションで選ばれたそうです。

 

永山絢斗、高橋一生だけでなく

阿南健治、木下ほうかも出演しています。

 

 

モザイクジャパンの続編やシーズン2は?

この「モザイクジャパン」という作品の続編やシーズン2はおそらく無いと思われます。

ドラマでちゃんと完結してますしね。

もし続きをやるとなったら、最後には九井社長(高橋一生)化していた常末役の永山絢斗さんが九井社長的に行動するような内容になるんでしょうが・・

あの役は高橋一生さんじゃないとちょっと・・(笑)

 

もしかしたらですが、キャストを変えて、別のところでリメイクされる

なんてことはあるかもしれません。

 

ただ、15歳未満視聴禁止ですし、地上波テレビドラマ等では絶対に放送できないと思います。

あるとしても・・映画か、NetflixやHulu、Amazonプライムビデオ等の動画配信サイトでのドラマ制作でしょうね。

 

九井社長(高橋一生)の奇行・妄言まとめ

ちなみに九井良明の名前の読み方は「くいよしあき」です。

ドラマ観終わったあと、「九井」の漢字だけみて「あれ?ここのいだっけ?」と思っちゃいましたが、正しくは「くい」です。

 

坂元裕二っぽいセリフはほぼ全て

九井社長(高橋一生)が言ってます。

 

 

くい社長の経歴とギャラクシーズの歴史ですが

出身地は不明

24歳のとき、知人が開設した動画配信サイトに参画

ここで九井はエンジニアとして才能を発揮

月間10億ページビューを誇るインフラを支えた

その後創業者が株を売却したため社長に就任

コンテンツをアダルトに特化し、多くの制作会社・メーカーを買収しグループに統合

販売流通・レンタル・動画配信・出演女優のプロダクション・風俗店の営業にまで手を広げる

日本最大級のアダルトメーカーへ成長

そこで得た資金を使い、FX、太陽光発電、美容整形など一般事業に参入しながら発展してきた

 

 

ここから書く内容は、ドラマを観ていないとわかりづらいところもあるかもしれません。

 

もしまだ観てない人は「そういうシーンがあるのか。面白そうだ」と思うぐらいで読んでいただけると幸いです。

また、すでにドラマをみた人は、振り返ってみてください(笑)

 

ペヤングに七味唐辛子の瓶を何本も入れて食べる

ハリーポッターの監督の話をしながら、ペヤングにすごい量の七味を入れて食べてます(笑)

これ本物だったら・・よくしゃべれるなと(笑)

早口でまくしたてる感じが、他の高橋一生キャラとは少し違いますが

やっぱり高橋一生らしさが出るセリフ回しなので、このシーンは必見です。

物語の冒頭です。

ちなみに、「AVはそういう体でやってますよってこと。体が大事だ」と常末に言いながら裸でせまってきた恋人に身体を刺激され、我慢できずにペヤングを投げ捨て行為に及ぶという非道っぷり(笑)笑えます

行為をしながら、常末(永山絢斗)に説教をします(笑)

 

就職試験の課題が「ハンバーガーを窓の外に投げ捨てる」

面接にきた常末の前に大量のハンバーガーが置かれます。

そのとき、九井はおそらく中国語で電話をしてます。キレ者感が出てるところですね・・

しかしここからですよ、変態ぶりが発揮されるのが。

「投げて」と言いながらスケートボードに乗って近づく(スケボーの腕前半端ない)

常末にハンバーガーの袋を開けろと言い、窓を指差し

「あそこ、バーンって。投げる」

常末「食べ物ですが・・」

「おまえ、ネジ回したいときにドライバーなかったらどうすんの?」

常末「ドライバーのかわりになるモノ探します。10円玉とか・・」

「10円玉はネジを回すために作られたものか?」

「眠くなって読んでた本、枕代わりにしたことないか?紙コップで糸電話つくったことは?」

「使い方は自分で自由に決めるんだ。食べ物は食べるためにしか使えないと考える人間はうちの会社には必要ありません!」

「投げろ!投げたら採用です!」

といって、ジョイマンのような動きをみせる九井。

たまらず投げた常末に

「はい採用!」といって飲んでたコーラを頭からかける(笑)

 

良い話では全くないんですが

例え話が坂元裕二っぽいなと(笑)

いや、こういうあきらかにおかしい言い分も、坂元さんはうまく言わせるんですね〜

そしてそれを、それっぽくやってのける高橋一生(笑)

 

男体盛り

常末の身体に刺し身を置いて、女性たちと一緒に食べる

さらにいまその場で女性が脱いだパンツのニオイを嗅ぐ

「下着泥棒っていうのは日本にしかいない。外国にはいないんだ。外国で下着泥棒がいるとしたらそれは女だ」

「検索キーワードって日本じゃもう何年もトップは巨乳なんだ。おもしろいな〜この国は」

「超変態先進国だ」

「金がほしい女をちやほやしろ。認められたい女をおだてろ。足元にはいつくばって、頼むんだ。この穴は金が出て来るツボだ」

 

ここからまともなのか意味不明なのかわからないことを言い始めます

「日本のGスポットはどこですか?毎日毎日自殺してる人がいますね。年間3万人か。あれはなんですか?勝手に死んでるんですかね?いや〜誰かがおいやってるんですよ。ころしたやつがいるんですよ。冷たい箱に閉じ込めてしぬのを待ってたやつがいるんですよ。自殺はモザイクに隠された殺人だ。自殺は・・あれはモザイクの向こうのジェノサイドだ!!!ウォー!!ウォー!」

 

そして常末に無修正サイトの社長へ就任を命じるという(笑)

 

高橋一生から永山絢斗へのシャンパン口移し

意味不明ですが、しっかりキスしてました(笑)

これ、高橋一生さんのアドリブなんだそうです。もはや九井社長化してたってことか(笑)

永山は「“ハメ撮り”をするというシーンがあるんですけど、寸前になってびっくりドキドキしました。なかなか難しくて。したこともないし」と再び苦笑い。ギラギラとした雰囲気をみなぎらせる社長を演じた高橋は「口移しでキスをしたりするんですけど、勢い余って絢斗くんにも口移ししてしまった」とアドリブを告白。永山は「ビックリしました。美味しいシャンパンになりました」と三度苦笑いした。

http://newslounge.net/archives/127646

 

やってきた警察官に圧力をかけて立ち去らせる

常末が起こした事故をみつけてやってきた警察官に

「駅前でよっぱらいがケンカしてましたよ」と言って立ち去らせる。

おそらく、萬曜町で実力者となっている九井は警察上層部にも入り込んでいそう。

議員にも取り入ってましたし。

 

 

売春斡旋容疑での逮捕

常末が使っていたスカウトが逮捕され、常末も逮捕されるかもしれないと言ったとき。

九井「2年もすれば出てこられるよ。たまってたまって帰ってきてみ。どんだけ気持ちいいか」

常末「社長はAVは違法じゃない。無修正が摘発されることはないって言ってましたよね」

九井「線引だもん。下からここまでは逮捕しましょ。上からここまでは貸しにしておきましょうってあるんだよ。想像以上のバカだな」

常末「警察にいって本当のことを全部話ます」

九井「知ってただろ。知ってたんだよ。利用されたことを知りながら利用されたやつはあとになっていつも利用されたって言って怒り出すんだよ。でもさ、利用されたやつは利用してるんだよ。この街の連中もみんなそうだ。私は被害者ですって言いながら悪人を利用して自分たちの目的を果たしてきたんだ。あいまいで平凡な悪人たちだよ。ギャラクシーズが今つぶれたらこの街は全滅だぞ。おまえがいま頑張れば、俺はその間に会社でかくしておまえのポスト空けておくから。街もみんな幸せ。うれし!楽し!大好き!ウィンウィンウィンだよ!!!」

そして桃子に背後から強打されるも、一瞬ため息をついて立ったまま。

そして1秒後に倒れる(笑)

 

国会議員・(かまど)と電話で会話する九井(最終回・最後のネタバレ)

このとき、九井は木内と常末に首を締められていますが(^_^;)

なぜか電話に出られることになり。

「おいこら、待て、変態。うるせーだまれ。聞け。おい。待て、切るな切るな切るな。殺したとか殺してないとか言ってるんじゃないんですよ。俺はふたりの遺体を返せって言ってるんだ。遺体返せ。遺体返せよ。あの子達の遺体どこへやったんだよ。なめてんじゃねーぞ変態。なんでも体裁次第でごまかせると思うなよ。おい!おい!おい!変態!!!」

そして「この会社おまえにやるわ。今日からおまえがギャラクシーズの社長だ」と常末に告げる九井。

九井「俺は帰る。常磐線乗って、うちに帰る。こんなことしてる場合じゃなかった。でもその前にあの子達の遺体を返してもらわないと」

・・と言って、そこを去るとすぐに拉致され殺されるという九井の最期・・

ちなみに「かまど」は変換しても出てこない字ですね・・竃でも竈でもない。

 

 

壊れる高橋一生(九井良明、九井社長)の名言、妄言、奇行など

 

モザイクジャパンでの高橋一生の壊れ具合は

Twitterの画像検索でもけっこう観られます

twitter.com

  

f:id:AR30:20180309123144p:plain

九井社長 - Google 検索

 

九井社長以外で面白い・気になったセリフ

阿南健治さん演じる元教師・津野

「仕事ない?おれ3日もしてなくて。最近、ロード・オブ・ザ・リングしねーんだよ。ずっとホビットのまま」

例えが面白すぎる(笑)

そしてその後・・

「俺はもう・・ダメだ・・ずっと日本アカデミー賞のままなんだよ」

阿南さんのこの姿がおもしろい・・(笑)

その後、さらに「勃たない」が悪化し・・

「こどもの頃よく落ちてたろ、エロ本のさ。雨風にパリパリになっててさ。くっついててさ。こう、必至になってめくったろうよ。乳首が真っ黒なババアがセーラー服きてさ、股広げてさ。にカーっと笑って。でも、ビンビンになったよな。あれ誰が捨てたんだろな。エロかったよ。あれが一番エロかったんだよ」

という言葉が最期の言葉になりました・・

 

「 だいたいの子は芸能事務所にスカウトされたらスターになれると思ってるんですけど

たいていの子はアシスタントとかいらっしゃいませーのセリフしか与えられなくて、気がついたら毎晩お笑い芸人の飲み会呼ばれてるみたいな。AVの話はしません。とにかく褒めて、自己評価高めて。もったいないけど、君なら大丈夫だよって言い続けて。でも、売れるわけないからギャップが大きくなって。そのギャップが大きければ大きいほど、AVに落ちやすいんですよ」

これって・・超有名とは言わないまでも、名前が知れた人がAVに出るからくりかもしれないですねー

 

「まずAVの契約で撮影しちゃってから、グラビアとか地下アイドルでデビューさせるんです。で、経歴がついたところで、撮影したAVを出す。これで無限に元アイドルのAV女優が作れるじゃないですか」

 

「頭いい人が馬鹿な人に話をしてて馬鹿だなーと思ってるとき、馬鹿な人も頭いい人のことを馬鹿だなーと思ってるんですよ」

 

「今までみたなかで変わってた猫の足の裏の話。それは12年前のある夜・・」

続きが気になりましたが、続きが語られることはありませんでした(笑)

 

「私と一緒に外国に逃げましょう

警察の手がとどかないところまで逃げるんです。ジンバブエとか・・」

「ジンバブエ!?ジンバブエでどうやって暮らすんですか!?」

「え・・バイトとか・・?」

「木内さん、その前に検索してみてください。ジンバブエ バイト で」

 

「奴隷わかりますか?奴隷っていうのはだんだん慣れるらしいんですよ、自分の境遇に。そしたら彼らは、自分の足を拘束している鎖でさえ、自慢したりけなしたりし合うんです。俺のは銀が混じってて立派だとか、おまえのは粗末だとか。常末さん、常末さんも私も同じです。この男の鎖につながれちゃってるんです。支配されちゃってるんです。開発されちゃってるんです。山だったところがたまプラーザになった状態です。わかりますよね?」

 

 

最後に、木内桃子が語るAV女優論は必聴です。

おそらくAVをみる目が変わると思います。

 

 

・・ということで、

なんとなく価値がありそうだな?と思える言葉と

わけがわからないけど面白い言葉が混じり合った不思議なドラマです。

 

 

もしみたことない人には、おすすめします!

このブログへメール 削除依頼について