ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新幹線車内販売のスジャータアイスクリームが固い!うまい!乗ったら一度は食べよう

久しぶりに新幹線に乗り、前々から気になっていた商品を車内販売で買うことにしました!

 

新幹線車内販売のスジャータ(めいらく)アイスクリーム

 

それは、スジャータ(めいらく)のアイスクリームです。

「High Quality」と書かれていることから、かなりの自信がうかがえますよね(^_^;)

新幹線車内販売のスジャータ(めいらく)アイスクリーム

 

渡されたときは全体的に凍ってる感じです。

新幹線車内販売のスジャータ(めいらく)アイスクリーム

 

原材料名をみるとわかりますが・・余計なものが何一つ入ってません。

アイスクリームに必要なものしか入ってない。

そりゃ高級品だよね、という。

新幹線車内販売のスジャータ(めいらく)アイスクリーム

新幹線車内販売のスジャータ(めいらく)アイスクリーム

 

外蓋を開けると内蓋がありますが、そこに「材質 アルミ」と記載。

これは・・アピールですよね(笑)高級なアイスにしか無い仕様だと思われます。

新幹線車内販売のスジャータ(めいらく)アイスクリーム

 

開けると、しっかり詰まってます。

新幹線車内販売のスジャータ(めいらく)アイスクリーム

 

カッチカチやぞっ!!!

新幹線車内販売のスジャータ(めいらく)アイスクリーム

 

 カッチカチとくやしいです!を両方披露されているザブングルさんでした(笑)

 

 

いや、このスジャータアイスクリーム、本当にカッチカチなんですよ!

前からカチカチだとは聞いていましたが、ここまでとは・・・(笑)

スプーンがアイスに入っていきません(笑)

 

で、どれぐらいで普通に食べられるようになるかというと・・

商品を受け取ってから大体10分過ぎたぐらいからですね。。

 

ということなので、もし買って新幹線車内で食べようと思うときには、あと下車まで何分ぐらいあるかは確認が必要です。

 

 

さて味ですが・・まさにハイクオリティ。うまいです。

舌触りがとてもよく、しかも濃厚さが伝わってきます。まさにプレミアム。

 

お値段はこちら。290円

下の60円割引がかかっているのはアイスコーヒーですね。アイスコーヒーは本当は330円みたいです。

 

東京〜新大阪間の新幹線車内販売メニューはこちらにありました。

https://www.jr-cp.co.jp/pdf/service/wagon_menu_list.pdf

こんなにたくさんのものを積んでるとは・・おそるべき収納力(笑)

 

スジャータアイスクリームは、今回買ったバニラ以外に

抹茶290円といちご330円があるようです。どちらもおそらくハイクオリティであることが予想されます。

 

 

新幹線スジャータアイスが超硬い理由

★乳脂肪分が高い

※乳脂肪分が8%以上あるものを「アイスクリーム」と呼ぶそうですが、このアイスは、バニラ味の乳脂肪分が15.5%(抹茶味は10%)で、かなり高い割合です

 

★空気の含有量をかなり少なくしている

※そうすることで濃厚な味わいとなめらかな舌触りを実現

 

ということで、要はアイスクリームの密度が高いため、なかなか固く溶けないようです。高級感のあるアイスクリームということ。

車内販売で購入する際に、販売してくれる方からも「かたいのでお気をつけください」と説明されるぐらいです。

 

新幹線スジャータアイスクリームの開発秘話

つくっているのは「スジャータ」でおなじみの「めいらくグループ」(名古屋製酪)です。

業務用商品ということで・・おそらく普通には出回っていない商品だと思われます。

 

新幹線や一部私鉄の特急列車で販売されている商品もあるとか。

 

この「スジャータアイスクリーム」は当時の社長が直接開発に関わり「新幹線で販売するのにふさわしい高級感のある特別なものを」という思いでつくられたといわれる特別な商品なんだそうです。

会社としても力を入れて開発した商品で、まさに「最強のアイス」の中の1つといえるものかもしれません。

 

 

 

期間限定や販売場所限定のフレーバーも登場したりするとか。

新幹線に乗るたびにチェックしたほうがいいかもしれません!!

このブログへメール 削除依頼について