ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

1000円カット・10分カット お願いの仕方・活用法、普段美容室に行ってる人向け

QBハウスに代表されるカット専門店

洗髪などを行わない、短い時間で、安く髪を切ってくれるお店は増えてますよね。

 

実は昔、これ系のお店に行って変な髪型にされたことがあり(笑)

それ以来遠ざかっていたのですが、なかなかまとまった時間を取ることができない時に行ってみて、その時にうまくカットしてもらえたので、その方法を共有したいと思います。

 

普段は美容院かもしくは、美容室寄りの理髪店に行ってます。

そういうお店へ行くときは髪を染めるのもやるので、だいたい1時間以上はかかりますが・・それだと、時間がなかなか取れず、髪が長く伸びっぱなしということになりがちなんですよね。

 

なので、2回に1回は美容院へ行くとして、合間の1回は1000円カットに行く

というパターンでいけたらいいな〜と思ってました。

 

 

美容院にいったときには、ちゃんと自分のなりたい髪型を伝えて、そうなるように切ってもらっています。

ただ、同じことを1000円カットに行った時も言うのもちょっとなぁ・・と。「短い時間でカットする」ものですから、変に色々注文つけたら嫌がられるんじゃないかと心配になりますし。(本当に嫌がられるかは不明ですが、ぼくはそう感じています。。)

 

そこで、僕がやっている作戦は次の通りです。

これ、誰にでもできるし、かんたんな方法なのでぜひ参考にしてください。

www.instagram.com

 1000円カット・10分カット お願いの仕方・活用法

1000円カット(10分カット)でのお願いの仕方・活用法です。

前回、「別の美容院などで好きな髪型にしていた人」が

 

(1)まずは美容院で、好きな髪型にする!

 

(2)次に散髪行くかな?という長さになったときには1000円カットへGO

 

(3)1000円カットでは次のことをお願いする

①全ての髪を等しく1.5cm切って下さい

②もみあげはこんな感じに残してください

 

以上です。簡単ですね(笑)誰にでも言えると思います。

 

「1.5cm」は、前回美容院で切ってからどれくらいの期間が経っているかで決めれば良いと思います。ざっくり言うと1ヶ月1cmぐらいですかね?なので1ヶ月半なら1.5cmぐらいでしょうか。

全部等しく同じ長さだけ切るってかなり簡単なオーダーですよね。わかりやすいし。

前髪はこれぐらい、横はこうで、うしろはこれぐらい、なんて説明は難しいし、普段から通い慣れているお店や担当者でも無い限り微妙な加減はわからないと思います。

だからこれぐらいわかりやすい言い方が良いのではないでしょうか。

 

もみあげですが、油断すると「パツッ」と切られて無くなってしまう場合があります(笑)僕の場合、もみあげ部分はのばした髪があるだけなので、ただ長さを切ってしまうともみあげがなくなってしまうのです。なので、もみあげだけ長さなどを指定します。①の「1.5cm切って」という話をしなかったとしても、もみあげを完全に切られて、耳の横で髪の毛がまっすぐみたいな状態にされてしまうことはよく起こるので(笑)絶対もみあげは指定したほうが良いと思います。

 

 

この方法で指定して、今の所、いろんな1000円カットでいろんな担当者に切ってもらっていますが、たいてい大丈夫です。

 

1つ起こったこととしては「全部1.5cm切ってください」と言ったときに前髪がそろってしまった事件がありました。

僕の場合、じつは美容室では前髪の長さを左右ふぞろいにしてるんですね。

なので、ちゃんと「全て等しく1.5cm」切ってくれれば、そのまま左右非対称になるはずですが、

おそらく1000円カット担当者の先入観で、前髪が左右非対称になっているとは思わず、ただ前髪は長さをそろえてしまう、ということが起こったのだと思います。

 

こういう「左右非対称」みたいな髪型のときは、一応「そうなっている」ということを説明追加しておけばより安心ではないかなと思います。

このブログへメール 削除依頼