ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ドラマ「10の秘密」の相関図・ストーリー予想 向井理 仲間由紀恵 松村北斗 山田杏奈

フジテレビ系列(関西テレビ)のドラマ「10の秘密」

向井理さん主演のサスペンスドラマです。

 

このドラマ、原作がないオリジナル脚本のドラマなんですよね。

結末・ラストはわからない作品なので、予想・想像してみたいと思います。

 

 

※ネタバレあるかもなので、注意※

 

10の秘密の相関図

「10の秘密」というタイトルから想像するのは

10個の秘密か、10人の秘密だと思います。

この相関図をみると、10人以上いるんですが・・おそらく秘密がない人も含まれているんですよね。。

f:id:AR30:20200128231103j:image

https://www.ktv.jp/10himitsu/chart/index.html

 

タイトル「10の秘密」とは?

第3話をみて思いました。

このドラマのキャストはおそらく全員悪いやつ。

というのも、最後に、向井理さん演じる白河圭太でさえ、恐喝を始めましたからね(^_^;)

 

悪いやつ・・というか、自分の得になるように動く、という意味ですかね。

 

全員がたぶん秘密を持ってますよね。

そもそも、もともと怪しい人が多い。

 

向井理・・・・10年前の火事のこと

仲間由紀恵・・すでに裏があることが判明
仲里依紗・・・最初から暗い表情をみせるときがある
松村北斗・・・白河圭太に詰め寄っていた
山田杏奈・・・本当は母とつながってる?
河村花・・・・実は翼とつながってる?
佐野史郎・・・宇都宮とは違う方向むいてそう
遠藤雄弥・・・単純に由貴子とつながってるとは思えない
渡部篤郎・・・長沼とは違う方向むいてそう

 

これで9人。

あと1人・・が実は鍵を握ってたりして。

 

ということで、10人の秘密が「10の秘密」なんだと思います。

 

10の秘密のストーリー・結末予想

たぶん、全員が全員、お互いの秘密を知らない。

それぞれが自分の思うように行動している。

 

場合によっては協力しているが、全面的に同じことを考えているわけではない。

協力してるようにみえる関係こそ疑う必要がありそうです。

一面的に利益がかぶっているから協力しているのであって、お互いが考えていることがわかってはいないと思います。

 

少しずつ秘密が明かされ、お互いにびっくりし合う展開が続くのかと思います。

 

「10年前の火事」に関わる秘密は、たぶん圭太・由貴子・瞳の3人だけでなく、周囲にいる人達にも関係ありそうです。

「火事でなくなった人はいるのか」が話題になっていましたが・・おそらくその遺族が何人も周りにいるのかもしれません。

 

 

結末ですが

おそらく、ラストのラストまで裏切りがありそうな気がします。

「最後まで悪いやつやったか〜〜」と思った人が、最後のシーンで実はいいやつだったとわかったり。

 

誰の行動もあまり信じられないので、なかなか考察は難しそうです。

 

ここまでのドラマでも、「この行動何のため?」ということが多いように思いますが、それはやっぱり、想像と違う行動を取っているからだと思います。

 

秘密が明かされない限り、何のためにやっていることかわからない。

唯一わかるのは、圭太(向井理)の行動だけだと思います。

きっと、最終的には圭太は誰のことも信用できなくなると思います(笑)

 

 

全員嘘ついてて、全員悪いやつ。

こういうドラマも珍しいかもしれないですね。

このブログへメール 削除依頼