ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

カップヌードルチャーハン 作り方・材料 作ってみたレビュー、カップヌードルの普通の味って何味? 炒飯 チャーハン そばめし

最も流行った時期からは少し時間が経ってしまいましたが、やってみました。

「カップヌードルチャーハン」

 

簡単にいうと、普通のチャーハンの具のようにカップヌードルの中身を混ぜて作るだけの簡単なもの。

味付けも別途は一切なし、具材もほとんど要らないのでとっても簡単です。

 

カップヌードルチャーハンの材料(1人前)

  1. 好きな味のカップヌードル1個
  2. ご飯(普通の1人前チャーハンより少なめ)
  3. 卵1個
  4. ネギ少々(なくても良いがあった方が美味しい)
  5. 袋(カップヌードルの中身を入れてつぶす用)

カップヌードルはどれを使っても良いと思いますが、自分の好きな味でやってみるのが良いのでは?「カップヌードルらしさ」を楽しむなら普通の味(しょうゆ?)が良いのではないかと思いますが、「チャーハンとして美味しい」のは「塩味だ」と公式で発表されています。

実はぼくは、「しお味」では作っていないのですが、しおだとむしろ、カップヌードルらしさはあんまりなくなり、普通にチャーハンとして美味しい感じになるのではないか?と想像しています。

 

ご飯は普通より少なめにしましょう。というのも、カップヌードルの中身を全て使うため、麺も入ります。そのため、その分は単純に増えますから・・

お茶碗1杯より少なめ+カップヌードル1個で作った炒飯を僕は1人で食べました。女性には少し多いかもしれません。

麺が入るので、ある意味では「そばめし」のようなものかなと思っています。

 

ネギは、カップヌードルにも少量入っているのでなくても大丈夫だと思います。ただ、ネギを追加で入れた方が見た目が美味しそうに見えますので、あるなら入れることをおすすめします。

 

カップヌードルチャーハンの作り方手順

まず、カップヌードルの蓋を完全に開けます。

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

中身を全て、袋に入れます。

容器はまだ捨てずに置いておいてください。

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

そしたら、粉々にしましょう。棒を使うと早い。

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

粉々にしたらこんな感じ。

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

これをカップヌードルの容器に戻します。

容器に全てもどしたら、水を入れます。お湯でなくて大丈夫です。水でOK。水を、ちょうど具材がひたるぐらいの量入れておきます。

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

この状態でおいておけばふやけてきます。

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

ここからチャーハン作りがスタート。

フライパンを中火以上で温めて、油を敷きます。これはチャーハン作りのアドバイスですが、思っているよりも多めに油を入れた方がチャーハン作りはうまくいきます。

 

卵を割り入れ、ぐしゃっと。このあとすばやくご飯を入れて、卵と混ぜながら炒めます。卵とうまく混ざることでパラッとしたチャーハンになるので、卵➝ご飯は素早く入れましょう。

ご飯はかたまりがなくなるように、切るように、時にはおしつぶすように炒めると良いかと思います。(ここは人それぞれですが、とにかく塊がなくなるように)

 

味付けは一切しません。

味付けすると味がおかしくなる可能性があるので注意。

 

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

で、卵とご飯がうまく混ざり合い、ある程度炒められたら、そこに水にひたしていたカップヌードルの中身を投入。まだ水が残っているかもしれませんが、気にせず全て投入。

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

そしてしっかり炒めます。水気があるので、水気を飛ばす感じでしっかりと。

さらに、ネギを投入。緑のものがはいるとより美味しそうにみえます。

 

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

で、しっかり炒めたら・・

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

完成です!!

 

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

こういう風に丸く盛るには、丸い器に一回チャーハンを詰めて、それを器ごと皿カポッとかぶせればできます。崩れないようにするには、皿にかぶせた状態で、何度か上下に振ると良いです。

 

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

麺が入ってますね。やっぱりそば飯の雰囲気があります。

 

カップヌードルチャーハンの作り方レビュー

 

カップヌードルチャーハンのレビュー感想

まず1つ言えることは、簡単!ということです。

材料も特殊なものは一切ないし、味付けも特殊な調味料など一切なし。

カップヌードルだけあれば今すぐできるお手軽感が一番オススメポイントです。

 

味付けは本当に何もなしでOK

ご飯の量が増えて、複数人分作るなら、その分カップヌードルの個数も増やす必要があるかなと思います。

 

なんとなくですが、濃い味好きな人にとっては「やや薄味」ぐらいの出来上がりです。

ただ、それぐらいの味付けで満足するべきなんだろうと思います。

なぜなら、カップヌードルの中身を全て使用して、全ての要素を含んだチャーハンなので、スープも全部飲み干しているのと同じことになるためです。

これに塩足したりすると・・かなり塩分過多になると思うので注意しましょう。

 

濃い味好きの僕が食べて「やや薄味か?」と思いましたが、それでも十分美味しかったし、カップヌードルの味を楽しめました。 

 

「カップヌードル」を「具」として使っているわけですが、カップヌードルは具としてもともと優秀で、エビとか肉とか入ってるんで、普通にチャーハン作るよりもやや豪華なチャーハンになります(笑)これもポイントですね。

 

作り方のコツとしては「しっかり水分を飛ばす」ですね。最後に水気が残っていると、べちゃっとした感じになってしまうと思います。しっかり炒めればそれは避けられると思いますので、意識して炒めましょう。ただ強火でやりたくなりますが、あまり強火だと焦げるので注意が必要です。

しっかり炒めていないと一番べちゃっとするのは麺です。麺の食感がべちゃっとするとあまり良くないので、麺が柔らかいと感じない程度に炒めるのが良さそうです。

 

 

 

 

今度は日清公式がおすすめする「しお」でもやってみたいですね。

ただ、まずは自分が好きな味のカップヌードルで作るのがオススメですね。

 

日清 カップヌードル 78g×3個

日清 カップヌードル 78g×3個

  • 発売日: 2018/02/20
  • メディア: 食品&飲料
 

 

サッポロ一番の「カップスター」もカップヌードルに似た風味なので、おそらく「カップスターチャーハン」も美味しいのではないかなと。

 

というか、たいていのカップラーメンでは作れそうなので、自分が好きなカップラーメンで挑戦してみたいですね! 

 

カップヌードルの普通の味って何味なの?

「カップヌードルチャーハン」を強く感じるなら「普通の味」が良いと思いますが・・

そういえば、この「普通の味」って何味なんでしょうか(笑)

日清の公式をみると、「おなじみのオリジナルスープ」と書いてあり、とくに「しょうゆ」とか書いてないんですよね(笑)「カップヌードル味」というのが、あのベーシックな商品の味なのかなと思います。

うーん・・しょうゆにチキンやポークなど、洋風の風味を足したものって感じですかね??

 

このブログへメール 削除依頼