ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

【完全ネタバレ】 #ドラマ #テセウスの船 最終回の伏線回収等まとめ、あらすじ・ストーリー

「テセウスの船」最終回で放送された伏線回収等をまとめました。全てのストーリーの書き起こしではありませんのでご了承ください。ストーリーに影響のある部分だけを抜き出してまとめています。

なお、最終回のストーリー順に記載しています。

テセウスの船最終回、伏線回収まとめ



#ドラマ #テセウスの船 #霜降り明星 #せいや がラジオで語った裏話 #オールナイトニッポン0 - ひなぴし

 

馬淵(小籔千豊)

 本当に佐野が犯人かどうかはどうでもよく、

本人がやったといった、証拠があがった、事件は解決、ということで

警察の威信は保たれた

警察組織を守ることが第一 という印象でした。

 

 家の裏庭に青酸カリを埋めたのはおそらく田中正志で、何もやっていませんでした。

 

井沢・徳本

 何もやってない。本当にいい人だった、ということで、

マスコミに追われる家族を助ける行動を取っていました。

 

文吾がみきおの共犯者は自分だと自供した理由

 それは、収監中に何者かが差し入れた本に、「みとめろ かぞくみなごろし」の文字があったためでした。

(1ページに1文字ずつ◯がつけられる形でのメッセージで、Twitterアカウント「おじいさんの古い斧」でツイートされていたのはそのうちの1ページでした)

 

タイムカプセル

 未来で開けられるのではなく、文吾が逮捕されている間に、心が文吾の手紙を読むことを提案して開けることになりました。文吾のことを家族が信頼できなくなっていたためです。ですが、文吾は家族への思いを綴っていました。これでみんな「やっぱり信じよう」となりました。

 

加藤みきお

 青酸カリで記憶喪失になったと言われていたが狂言でした。

その後病院を抜け出し学校へ1人で行き、そこへ心をおびきだします。

当初は心のことを突き放そうと思っていたが、鈴が悲しまないために「作戦変更だ」と言い、自分も文吾の開放に協力することを提案。

原作と同じく鈴を自分だけのものにしたい思いから犯行に及んだこと、これまでの犯行の経緯を全て心に告白します。

「いま鈴ちゃんを喜ばせるには佐野文吾を無罪にしてあげることだよね〜」と言い、

いま話していた犯行の内容を全てボイスレコーダーに録音していたことを示し、自分で毒物を飲んで倒れます。

このボイスレコーダーがもとで警察では文吾が開放される。

馬淵「ともあれ、警察の維新は保たれたな」

馬淵は助かった文吾をうしろから睨みつけており、警察組織を守りたいとともに文吾を陥れたい気持ちがあったことも明らかになりました。

(馬淵が金丸の思いを引き継いでいた、や、実は良い人、というのは間違いでした)

 

文吾が思い出した音臼村祭の事件

 きのこ汁に間違って毒キノコを入れたのは、田中義男の妻、田中正志のお母さんでした。

文吾は誰かが間違って入れたんだろと事故として処理しようとしたが、そのとき議員に立候補しようとした田中が「村に不安を残すな。絶対に探してくれ。」と言って調査してみたら、田中の妻だとわかりました。

そのあと、田中義男は県警に圧力をかけて妻が罪にならないようもみ消そうとしたがうまくいかず、その後、田中義男は村祭りを中止にしたとのことでした。

 

文吾が過去の駐在日誌を読み返してわかったこと

 

さらに駐在日誌を読み返して思い出したことは校長の息子のことでした。

祭の日、石坂校長の息子、徹が祭にきていました。

当時18歳。東京の大学に出て里帰り中でした。

祭で喧嘩に巻き込まれ軽い怪我。毒キノコ騒ぎで文吾は仲裁にいくことが遅れた、ということがあったという話でしたがそれが恨みになるとは考えにくいと心と確認しました。

 

さつきの過去

 毒を飲んで入院しているみきおに付きそうさつきに対し、校長が昔話をはじめました。

高校1年生だったさつきは妊娠していて、中学のとき担任だった校長の元に相談にきたときはもう4ヶ月だったそうです。

当時、田舎では後ろ指さされてしまうからと校長が中絶を説得してしまったようです。さつきの身になって考えてやれなかったと校長は後悔していると言っていました。

さつきが教師になったのは生まれてくることができなかった子のためにも教え子をしっかり育てていきたいと思ったから。

さつき「もう二度と、子供を傷つけることをしてはいけない。なのに私はまた弱い子供を守ってやれなかった(自分で毒を飲み、病院のベッドで寝ているみきおのこと)」とみきおに対しての愛情を強く感じさせました。

 

文吾が井沢に聞いた校長の息子の話

もう10年以上、誰も会ったことがない。前に働いてた東京の会社でいじめにあって悩んでいると校長の聞いたことがあったが、生きてるのか死んでるのかも聞きづらくなっているとのこと。

 

校長の部屋をたずねた文吾と心がみつけたもの

  大量に黒塗りにされた画用紙とえんぴつ。

親子の絵が描かれているようだが、黒塗りされており、校長室は異様に雑然とした状態だった。

 

文吾の家に脅迫状が届く

 心が受け取り、文吾に見せませんでした。

その内容は「警官家族3人惨殺される」という犯人がワープロ自作の新聞記事。

下に「皆殺しが嫌なら1人で来い 音臼神社 明朝8時」と記載がありました。

 

脅迫状を受け取った翌朝、心は1人家を出て音臼神社へ

 文吾が心を探しに行こうとすると警察無線で「音臼村で男性が倒れている通報あり、身長185cmくらい、30前後、やせがた」

パトカーに乗り込もうとするがタイヤがパンクさせられていました。

文吾は走って向かいます。

男性が倒れているとの通報があった場所、明音がみつかった音臼岳の風速計がある山小屋のところで何者かにうしろから刺される

 

文吾が出たあとの駐在所へ校長がくる

 

どこへ行っていたんですかという和子に、昨日から東京の息子のところへ行っていたとのこと。息子のことを語り始めました。

金の無心をする息子を叩き出してから一切連絡をとっていなかったが、ふいに「孫が生まれた」という連絡があった。

文吾と心を見ている間に2人を本当の親子のように思えてきて、親子は似ている、お互い支え合って生きていかなければならない、私も息子ともう一度家族としてやりなおしたいと思うようになった。

それで孫にやるために絵を描いていた。

息子とは関係が修復できた。と和子へ語った。

※校長は最終回で、途中まで「真犯人」と思わせるミスリード要員でした。

 

文吾を刺した犯人

 田中正志。

音臼村祭の毒キノコ混入事件で母親が逮捕されたことを「文吾の点数稼ぎ」と表現しました。

母親は田中義男に捨てられて苦労し身体を壊してあっさり死んだ。

正志は小学生だった妹を育てるために頑張った。ただ、どれだけ頑張っても「殺人犯の子供」といじめられ、そして妹は自殺した。これは文吾のせいだ。といいます。

でも文吾を狙った理由は他にあるとのこと。

義男が大病を患い、音臼村へ戻ってきたときに文吾から言われたこと。

「正志!親父さん喜んでたぞ。家族は大事にしねーとな」

自分の気持ちを一切わかっていない文吾に言われたこの一言が許せませんでした。

俺の気持ちも知らずに、のんきに言った・・許せない。俺の家族をぶっこわした文吾と文吾の家族に同じ地獄をみせてやる、そうそのときに決めたそうです。

みきおは佐野文吾が邪魔だという目的がたまたま一緒だっただけ。子供は単純で扱いやすかったから。

 

文吾を殺したら、文吾の家族にもじっくり母さんや妹の苦しみを味あわせてやると言い、文吾にとどめを刺そうとします。

正志は「(すでに)心を殺した」と文吾に言い、未来から来たことを知ってるという。それを聞いた文吾は反撃し、刃物を正志に向けます。

「早く殺せ」という正志に文吾は最終的に「できない」と思いとどまります。

「心さんを裏切れねえ。俺を信じて必死に戦ってくれた心さんを裏切れない」

「(正志に)気づいてやれなくてすまねえ」

そこへ心が来ます。

 文吾が手に持つ刃物で自分を刺すように正志が動きます。「殺せ!おまえを殺人犯にするんだ!おまえの家族に同じ苦しみを!」と叫び、文吾が持つ刃物を自分の腹に刺すよう正志が行動しますが

そこに心が割って入り、結果として心が正志に刺されてしまい命を落としてしまいました。

 

30年後のみきおとさつき

 「CAFE MADRE」という店を親子で営業している模様でした。仲が良い親子になっていました。

 

30年後の佐野家

 由紀を連れて心が佐野家の食事会にやってきます。

子供ができたという報告を行うためでした。

その子の名前を提案したいと文吾が言います。

「未来」と書いて「みく」

それは自分が考えた名前と全く同じだと、心がいいます。

文吾は過去の記憶を持って生きているが、目の前にいる心は事件の記憶が全くない心でした。

 

大人の慎吾

ハライチの澤部さんでした。

www.instagram.com

 

 

 

以上です。

もしかしたら、「あれ?」と思うところがあったかもしれません。

たとえば、文吾は音臼村祭のときは音臼村駐在所にはいなかったのでは?という話しとか・・。そこは、まあ・・いろいろ考えられるので、ということで。

 

ハゲ3人衆と言われいた、校長・井沢・慎吾ですが(笑)

そこに、大人・慎吾としてやっぱりハゲの澤部さんが加わりました(笑)

大人になってからは髪はやしててもいいと思うんですけどね(笑)

テセウスの船 コミック 全10巻セット

テセウスの船 コミック 全10巻セット

  • 作者:東元俊哉
  • 発売日: 2019/12/23
  • メディア: コミック
 

 

#ドラマ #テセウスの船 #霜降り明星 #せいや がラジオで語った裏話 #オールナイトニッポン0 - ひなぴし

このブログへメール 削除依頼について