ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新型コロナウイルス 濃厚接触の基準、濃厚接触者の定義が変更!濃厚接触者はどうなるのか?COVIT19

新型コロナウイルスに感染!という人が近くにいたとき、自分はもしかして濃厚接触者なのでは?と思うこともあるかもしれません。

よくよく考えたら、濃厚接触って何?濃厚接触者ってどんな人のことをいうのか、具体的にはみんなわからないと思います。なので調べてみました。

 

新型コロナウイルスの感染者がいた場合、

保健所は「濃厚接触者」を特定

その人に発熱などがないかを確認する健康観察を実施

必要な場合はウイルス検査を実施するとともに外出を控えるよう求める

ということになるそうです。

 

ちなみに少し前に「濃厚接触」について調べたのがこちらです↓

www.hinapishi.com

 

このあと、今日のニュースで「国が濃厚接触の基準を変更した」というのが流れましたのでそれをご紹介したいと思います。

 

これまでの新型コロナウイルス濃厚接触の基準とは?

・これまでは感染者の発症日以降に接触した人が対象

・2メートル以内を目安に会話などをしていた人

 

新たな新型コロナウイルス濃厚接触の基準とは?

・感染者の発症の2日前から接触した人が対象

・1メートル以内を目安に15分以上接触した人

 

この定義に該当しても、感染者がマスクの着用や手の消毒など周囲を感染させない対策を取っていた場合は原則、濃厚接触者にはならない

とのことです。

WHO=世界保健機関が先月20日に濃厚接触者の定義を同じように改めたことを受けての対応ということでした。

 

国立感染症研究所 感染症疫学センターが公表した内容に具体的な記載があります。

 

●「濃厚接触者」とは、「患者(確定例)」の感染可能期間に接触した者のうち、次の範囲に該当する者である。


・ 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
・ 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者
・ 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
・ その他: 手で触れることの出来る距離(目安として 1 メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と 15 分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)。

 

●「患者(確定例)」とは、「臨床的特徴等から新型コロナウイルス感染症が疑われ、かつ、検査により新型コロナウイルス感染症と診断された者」を指す。

 

●「患者(確定例)の感染可能期間」とは、発熱及び咳・呼吸困難などの急性の呼吸器症状を含めた新型コロナウイルス感染症を疑う症状(以下参照)を呈した 2 日前から隔離開始までの間、とする。
*発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐など

 

じゃあ、「必要な感染予防策」って何??という話ですが、これも同じ書面の中から読み取ってみました。

まずは「マスクをすること」そして「適切に手洗いを実施すること」でした。

また、症状がある人に接する場合は、「症状がある人間がマスクをしていること」「マスク、手洗いに加え、眼の防護具(ゴーグルやフェイスシールド)を着用すること」とありました。

 

正直、眼の防護具までつけている人はなかなかいませんし・・感染者側がまったく意識せずにマスクなしだったらその時点でアウトーなので、普通の人なら、感染者と1メートルの距離で15分以上接触していたらダメということになりますね。。

 

まずは手洗いをしっかり行うこと!そして風邪っぽい人もそうでない人もマスクを着用することを心がけましょう!

 

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

 

このブログへメール 削除依頼