ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

最愛ドラマ 考察 大輝は達雄の共犯者ではない証拠まとめ!鍵を閉める左利きの男は加瀬! 第9話直前 ストーリー犯人予想

最愛、大輝が渡辺康介事件の真犯人ではない理由

❉この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

大輝が渡辺康介をヤッていたのか

第9話の最後で、大輝は藤井から「台風の日、本当は事件の現場におりましたよね?」と質問されていました。

この言葉を受けて、考察界隈では一気に「大輝・真犯人説」が盛り上がってきました。

 

たしかに、考えてみると、

渡辺康介事件は、大輝が達雄の共犯者だったら納得できそうなところもあるんですよね。

大輝なら梨央と優のため、達雄の康介遺棄を手伝う動機もありそうです。

また、「梨央が東京へ行ったらよろしくな」と達雄は大輝に言っていたこともあるので、

もし達雄と大輝が共犯で康介遺棄をやっていたとしたら、

達雄が「もし自分がしんだら、そのときは梨央と優のことを頼む」と言っていた可能性もありそうです。

でも、大輝が真犯人とは考えられないと思われることがたくさんありますので、その点をまとめていきたいと思います。

 

今回は僕の説を聞いてほしいというよりも、「大輝は潔白であることをみんなで確認して安心しよう」という意図で記事を作っています。

 

なお、僕は藤井も共犯ではなく、加瀬が康介事件に関わっていると思っていますが、今回はそこにはほとんど触れません。

「藤井が真犯人ではないこと」や「加瀬真犯人説」については、これまでに公開している最愛の関連記事をご確認ください。

 

今回の記事をみたら、「大輝が犯人のわけがない!」と納得できると思います!

大輝は結婚式に行っている

「台風がきていたから大輝は結婚式へ行けず引き返してきていた」

大輝犯人説ではよく言われることですが、大輝が達雄に送ってもらったときは晴れているんですよね。

おそらく台風の影響が出てきたのは夜。

台風がきてからではむしろ大輝は戻ってこられません。

だから、夜に達雄の車で達雄と一緒に寮へ帰ってくるというのはないと思います。

達雄に駅まで送ってもらった直後に、大輝が自分で寮へ戻っていないとおかしいと思うのですが、そんなことは・・考えにくいですよねぇ。

変顔写真を送信

大輝はお姉さんの結婚式に行っていたことは事実だと思います。

まあ、もし大輝が康介事件に関わっていたとしても日程的にはギリギリ行けそうなんですが。

その時に、受験中の梨央を励ますために変顔写真を送っています。

お姉さんの結婚式は康介事件の翌日?とかの話なので、このタイミングでこんな写真撮ってたら完全にサイコパスですよね(笑)シタイ遺棄やったあとすぐ、こんなふざけたことを普通の人間ができないと思いますし、大輝がそういう人間だったとしたらあまりにも残念すぎます。

康介事件の直後に「好きやよ」

全く関係ない話ですが、「好きやよ」を変換しようとしたら「すき家よ」って出てきて、大輝のセリフが台無しになるな、と思いました(笑)

 

康介事件があって達雄の葬式のあと、大輝は言っていました。

「俺、梨央が好きやよ」

これ、事件の直後と言っても過言ではないので、このタイミングで「好きやよ」って言えないんじゃないかなと・・もし事件に関わって、さらに達雄から「梨央と優をよろしく」と言われていたとして、事件に関わった自分が梨央の近くにいたら迷惑をかけるはずだから「少し離れたところから見守るべきか?」等、しばらくは考えそうです。

もし大輝が事件に関わっているのにこんなことをすぐ言っていたとしたら、なんか、あまりにも無神経すぎる気がするんですよね。

大輝は正義感が強い人間だと思うんで、さすがに重大事件に関わっておいて、それをなかったことにするような言動はできないのではと思います。

これからあとの人生も、もっと物静かで、暗い、感じで過ごすんじゃないでしょうか。

梨央への事情聴取でお守りを見せる大輝

大輝が梨央へお守りを見せるのは、「梨央が康介事件に関わっているかもしれない」と思うからであって、自分が康介事件に関わっていたら、お守りのことについてこんなに詰めて梨央に対して質問する意味がわかりません。

もし達雄から依頼されていて、この時点でも梨央を守ろうとしているならこんなことはしないと思います。

康介を埋めた人間が絶対に言わない言葉を言っている

このシーンが最も、「大輝が康介を埋めたのはありえない」ことを示すシーンかと思っているのですが

パトカーへ乗り込む大輝と桑子。

康介をガチクズだと言う桑子。性犯罪の最低な部分を強調していました。

それに対して大輝

やったことは最低だとしても、息子はずっと土の中にいた。

自分はここにいるって言いたくても、誰にころされたのか訴えたくても何も言えない。

父親も息子を探し続けて、会えないままなくなった。

これこそ、もし大輝が埋めていたら「絶対に」出てこない言葉ではないでしょうか。

自分が埋めておいて、こんなこと言えますか(笑)

これが最も大輝が犯人ではないことを示している言葉ではないかと思っています。

全ての人間から「おまえが言うな!」って言われますよね。

手首の筋、日焼けのあと

康介事件で鍵を閉めている人物の手と腕に注目した考察でこういうものがありますが、これは大輝を示すものではないと思っています。

 

・腕時計をつける位置に日焼けのあとがあり、陸上部メンバーと思われる

康介事件のときに南京錠を閉める人の左腕に日焼けのあとがあると言われています。

陸上部の人は左腕に腕時計をつけると言われているため、日焼けあとがあり、さらに左利きだからこれは大輝では、と言われています。

これに関してはメタ考察ですが、さすがに日焼けまでの再現はしていないと考えます(笑)

 

・手首の筋が大輝と似ている

南京錠を閉めている人物の腕に特徴的な2本の筋があって、それが大輝の腕と似ているというものです。

これ、他の人の手首が映っておらず正確に確認するのは難しいのですが、手首に筋はみんなあるので、他の人でも同じように筋が出る場合もあると思われます。大輝と特定できるものではありません。

今度は必ず力になる

2人が困ったらいつでもかけつけるって思っとった

何もできんかったな・・今度は必ずチカラになる

 

康介事件で梨央と優のために動いていたのならこんなことは言わないでしょう。

15年間、そんなことは考えもせずに生きてきていた自分が嫌になったという発言ですよねこれ。

達雄さんが康介遺棄に関わっている可能性がある

そもそも康介事件は富山県警の管轄で、大輝のいる警視庁の管轄外であり、大輝が達雄のことを調べる必要もないところ、大輝は個人的な興味で調べているように思いました。

日誌を調べたのは大輝の意思だとおもいます。

わざわざ大輝が、「達雄が事件に関わっていた」と言う理由がないと思います。

「達雄が1人でやったこと」を強調したくて、大輝はあえて桑子にそれを言ったという可能性もなくはないですが、

すぐに桑子に「1人でできますかね」と言われており、もしすぐに桑子に見抜かれたのだとしたら大輝がかなり間抜けだな、ということになってしまいます(笑)

 

もし「達雄が1人でやった」を桑子に強調したいのなら、日誌の捜索などせずに、いきなり達雄の動画を発見して見せる方が大事だと思います。

達雄と大輝が共犯なら「大輝に迷惑をかけないため」にも動画を撮影しており、おそらくそれを達雄は大輝へ伝えていたはずだと思います。

大輝「苦しんでることに気づけんかった」

大麻に手出した仲間も、陸上部も、梨央や優が苦しんどることも

俺は気づけんかった

それで今度こそ、何がなんでも守りたかった

 

これ、康介事件をヤッていた人間の言葉だったら、完全におかしいと思います。

大輝はそんな嘘つきなんでしょうか(笑)

大輝「これからのこと考えんか」

康介事件が発覚してその共犯者だったとしたら逮捕され罪を償う必要があるのに、こんなことを梨央へ言えるでしょうか。

将来に不安がある人は、将来の話をしたがる傾向があるそうです。

自分の未来の話だけをするなら「未来に不安があるから」逆にわからなくもないのですが、

他の人も巻き込んだ未来の話をするのはあまりにも無責任だと思います。

藤井が大輝を疑っている理由

藤井は富山県警の刑事として、管轄の事件である渡辺康介事件の真相を追っているだけです。通常のしごとですよね。

ちなみに、大輝が康介事件を調べないのは管轄外だからです。仕事として調べる範囲にはありませんから刑事としては調べません。

渡辺康介事件を達雄1人でやることは難しいというのはみんな思っていることで

では共犯者は??と考えたときに、藤井が真っ先に思い浮かぶのは大輝なんですよね。

台風の日の夜に、寮にも飲み会にもいなかったのは大輝だけです。

大輝のアリバイを証明する人は誰もいないと思います。(結婚式に出席するために実家にいたのであればすぐ証明されますが、大輝の親族以外で証明する人はいないと思います)

そして、事件現場にお守りが落ちていた。

そうすると、そこにお守りを落とせるのは大輝だけ、ということになります。

本当は渡辺康介が梨央のお守りを奪っていたと思われますが、

渡辺康介が梨央からお守りを奪っていたとは藤井も考えませんから、真犯人が落としてしまったものと考えるのが普通でしょう。

達雄の共犯者を考えていったら・・自然と大輝にたどりついた、というところではないでしょうか。

ちなみに藤井が梓に会っていたのは、達雄から康介事件についてなにか聞いていなかったか確認するためだと思います。

 

気になるのは梓に会っていた藤井がスーツではなかったことですが、これは警察の業務として、捜査で聞きにいったわけではなく、「非公式」に梓に話を聞きにいったからかなと。

藤井も大輝が犯人であってほしくはないし、もしそうだとわかったとしてそれを公にするかどうかも迷うと思います。

警察の捜査として梓から聞いてしまったら、警察内で報告せざるを得ないと考えるので・・休みの日に梓に聞きにいったのではないでしょうか。

大輝のところへ自分から現れたときはスーツでした。

結局、刑事としての公式な捜査としては大輝に聞くことを躊躇してしまい・・

その後、居酒屋でまた非公式に大輝に会い、聞いてみることにしたんじゃないでしょうか。

このときも私服にみえました。お酒飲んでる感じでしたしね。

 

藤井が実は達雄の共犯者で、「あの日、実はあの現場にいて、事件を目撃したんじゃないですか」と、藤井が大輝にみられていないか確認している、という考察もあるようですが、

もし藤井がやっていたのなら、何度も大輝の前に現れて話をする意味がないですよね。

バレてほしくないわけですし。

警視庁は渡辺康介事件の捜査はしていないので、藤井や富山県警が掘り返さなければ、東京側から事件の真相が発覚することはないはずです。

ですので、藤井が達雄の共犯者だった、という説もないです。

 

そもそも、寮夫の達雄が「寮に住んでいる学生に犯罪を手伝わせる」ということ自体がないと思います。

若い人の未来をつぶす行為です。

そんなことを達雄はしないと思います。

 

また、その後、大麻事件で陸上部は取り調べを受けており、そのときすでに失踪していた渡辺康介のことも警察から聞かれているはずです。

大学生である陸上部メンバーも藤井も大輝も、何か知っていたとしたら警察の取り調べで全く答えないなんてことができるのか、とも思います。

最終回の予告で芝池公園で捜査している大輝

最終回の次回予告で、大輝が芝池公園を歩いているシーンがありました。

大輝がここに来るということは、昭事件を捜査しているということかと思います。

すでに捜査一課ではないですから警察の本来の仕事ではなく、個人的に動いているのでしょう。

もし、藤井から「達雄の共犯者」と暴かれていたとしたら、渡辺昭事件をこれから捜査することもないのではないでしょうか。

これは藤井と協力して捜査しているのではないか?と想像します。

 

第8話の最後でペンのことで加瀬が疑われましたが第9話冒頭で否定されました。

「最愛」は毎回、物語の最後にあやしい人物を取り上げて、視聴者を引き込んでおいて、翌週にはあっさりそれを否定する、というミスリードがけっこう多いように思います。

今回も第9話の最後で藤井に問い詰められた大輝ですが、最終回の第10話では冒頭で「大輝犯人説」が否定され、藤井とともに真相究明に動く、

その結果、最終的に真犯人にたどりつく、という流れになると予想します。

もし達雄から梨央と優を頼むと言われていたとしたら

大輝は梨央や優と15年間も顔をあわせていなかったと思いますが、そんなことになるでしょうか。

離れてしまっていては守ることはできませんよね。

陰からみていた、という想像もできなくはないですが、大輝が梨央や優の前に姿を現してはいけないという理由はなく気づかれても良かったと思います。

達雄から梨央や優を頼むと言われて、それを忠実に実行しようとするのなら、少なくともいつでも近況がわかる位置にいるはずではないでしょうか。

松下洸平さんがInstagramで「続編をやるべきかもしれない」

これもメタ考察です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 松下洸平 (@kouheimatsushita_official)

www.instagram.com

もし、大輝がクロだったら、続編なんて欠片も考えられないのではないか、と思います(笑)最終回の撮影が始まってからの投稿ですので、最後までストーリーは知った上での投稿ですね。

 

 

・・ということで、「大輝はシロ!」という願望にも近い思いのまま、「大輝が康介事件の真犯人ではない理由」をまとめました。

 

大輝が渡辺康介事件での達雄の共犯者だ

といえるようなものもたしかにいくつかありますが、

「共犯者ではない」証拠の方が多いと思います。

 

大輝を信じましょう!

 

じゃあ誰が真犯人なのか・・ですが・・

藤井が真犯人というのも僕はないと思っています。

 

ですので、康介事件で達雄を手伝ったのはやっぱり加瀬だと思っています。

 

「誰かの正義は誰かの悪」

自分たちの正義を貫くためには、誰かの悪になることもやむをえない。

第2話から僕はずっと「加瀬が全てを知っている」と考察しています。

 

加瀬が真犯人の場合も、やはり「完全なハッピーエンド」にはなりえないのですが

大輝と梨央が、優とともに一緒に生きていく という未来を描くことができ

希望が持てる結末になりそうです。

 

藤井が真犯人でない理由

加瀬が真犯人である理由

 

については、最愛の過去の関連記事をご確認ください!

「最愛」関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼