ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

真犯人フラグ 考察 真犯人は凌介を真帆さつがい犯にしたい!真帆はすでにしんでいる理由第18話直前 ストーリー犯人考察最新予想

真犯人フラグ真帆はすでに死んでいる理由

※この記事は動画でも観られます↓

www.youtube.com

日テレ系 毎週日曜日 22:30から放送中のドラマ

「真犯人フラグ」

 

第18話放送前の直前考察です。

篤斗誘拐、光莉拉致の実行犯は捕まりましたが

「黒幕」と呼べる真犯人についてはまだ確定できない状況です。

おそらく最終話まで明かされないと思います。

 

今回は、このドラマの「真犯人」がやっているであろう、真帆の事件について考察していきます。

ぼくは真帆は、すでにしんでいると思います。

しんでいると思う理由と、真犯人が何をやりたいのか、について解明していきたいと思います!

 

今回は次のことをお話しします。

 

正直、他の考察系YouTuberの方と比べると検証があまいところもあり

時系列がおかしいとかもろもろあるかもしれませんが・・ご了承の上、このあとの内容をお楽しみください。

真犯人はいない説

2月25日放送の「スッキリ」でも言われていた説ですね。

「真犯人はいない」

ただ、さすがに「家族を想う気持ち、愛が真犯人」みたいなことはないと思います。

公式サイトで「誰が真犯人と思うか」という投票までやっているので。

篤斗事件、光莉事件について、実行犯はそれぞれ別の目的だったことがわかっています。

同じ目的のために動いていたわけではなさそう。

真帆事件についても・・同じく、真帆に関わる目的だけで行われていることかと思います。

 

篤斗事件、光莉事件がそうだったように、

凌介や相良家に親しい人物の犯行ではなさそうです。

凌介もそう考察していました。

よって、本来、凌介や相良家に恨みがある人でもないように思います。

 

ありえないなんてことはありえない

第15話での刑事、落合と阿久津の会話

「1つの事件を追っていると思ってたら、3つ同時に事件が起きてたなんて、そんな偶然あります?」

「ありえないなんて、ありえないんだよ」

 

ここから考察すると

篤斗・光莉・真帆の3つの事件は偶然起こったこと

であり、真犯人が「そうなるように仕向けた」わけではなかった

のではないかと思われます。

もしかすると、ある程度は仕組んだ可能性もなくはないですが

これらの事件に関わる実行犯たちに、これだけの事件を起こさせることができるほど

真犯人がすべての人と「強いつながり」があるとは思えません。

 

もし事件を起こさせるように仕向けることができるとしたら・・そうとう強いつながりがないと無理ですよね。

実行犯たちは自分の意思で行動を起こしていると考えた方が自然な気がします。

 

偶然起こった事件を、真犯人が利用した

そう考えられないでしょうか。

真帆を誘拐の「ゴール」は何?犯人の出口戦略は?

もし巧妙に周囲を操るようなことができる真犯人だとしたら

起こした事件の結果、得られるメリット・発生するデメリットもよく考えているはずです。

 

真帆を誘拐したその結果・・

真犯人は何を得ようとしているのでしょうか。

 

真帆がいなくなってから、真帆本人と思われる連絡は何度かあります。

でも、自分の意思で出ていった場合、わざわざ自分で連絡を入れてくる意味がわかりません。

 

また、真帆に何かをしたと思われる犯人からは、凌介に何の要求もありません。

 

凌介に何かをしたいなら、凌介に対して何かを要求するんじゃないでしょうか。

 

もしそうじゃなく、「ただ、真帆を手に入れたい」という願望だった場合

犯人の「ゴール」は何になるんでしょうか?

 

監禁している真帆を説得し続けて、自分の思い通りになるようにする

 

でしょうか?

 

そんなことはできないと・・巧妙に事件を組み立てられる犯人であればわかると思います。

だいたい、犯人が手出しをして、篤斗や光莉に命の危険が及ぶようなことをやっていたとしたら、そんな相手を真帆が許すはずがありません。

 

「好きだから監禁する」はゴールが見えません。

普通の人間が、自分も普通に生活しながらずっと監禁し続けるのは無理です。

 

 

なお、真帆が「自分で出ていった」も無いと思います。

第1話で、真帆が「遅番だからお迎え頼んだよね?」と凌介へ言って

凌介と篤斗が「シベツの映画をみにいこう」という話をしたら、光莉もみにいきたいとなり、

 

真帆は「今度の週末にいこう」と自分から言っていました。

さすがに出ていくつもりだったのだとしたら、「お迎え頼んだよね」の話のあとすぐに、その後の約束をするはずがありませんので。

 

もし真帆が目的ではなく、「凌介を苦しめる」が目的であれば、究極的には「真帆をころす」ことになるんじゃないかと思います。

まあ、凌介だけが目的なら家族を巻き込む意味がわからないんですけどね。

この世界には「裏稼業」で都合よく人をころす手配ができそうな強羅のような人間がいますから

凌介だけをヤることができると思います。

 

「真帆がほしい」「凌介をくるしめる」の2つを同時に実行・・

の場合は、ますます「ゴール」が見えません。

どうなったら犯人にとって「目的を達成した」と言えるのか。

 

 

もし巧妙にいろいろ計画して実行している犯人だとしたら、「出口戦略」がないような作戦を行うとは思えません。

(「出口戦略」という言葉の使い方がおかしいですかね?)

 

やってることのゴール地点がみえないんですよね。

 

ですので・・綿密に計画された事件

ではなく、「結果的にそうなっている」だけの事件ではないか、と推測します。

真帆がしんでしまったことが事件の発端

ぼくはこの電話の相手は菱田で、凌介へサプライズをするために、内緒で準備していた、と考察しています。

菱田に会いにいく過程、もしくは菱田家で事件に遭ったのかなと思っていますが

仮に電話相手が真犯人だった場合でも

とにかく真帆は、「部屋」に行き、真犯人と会って、何かが起こった。

 

このときに

真犯人は真帆に手を出そうとしたのか

ころしてしまったのではないか?と予想します。

ころすつもりはなかったがころしてしまった。

もしくは真犯人と真帆の間で起こった事故により、真帆がしんでしまったのではないか。

 

真帆がしんでしまったことをなんとかしなければならなくなった真犯人は

凌介へ真帆ころしの罪を着せることを考えたのではないでしょうか。

 

真帆がしんでいるのではと考える理由

・全く真帆の姿が描かれないこと

・でも、真帆が生きているのではと思わせるような偽装をしていること

です。

 

・指輪を落とす

・しし座流星群の写真を送ってくる

・電話をしてくる

・光莉の美容室の予約を入れる

 

全部、真帆が生きているとしたらおかしい行動だと思います。

自分の意思で出ていっているならこんなことをする意味がないですし

もし誰かに連れ去られているなら、こんなことよりやるべきことがあるはずです(笑)

 

また、最後の「光莉の美容室の予約を入れる」については・・

もはや、「真帆が生きている」偽装をしようにも、もう何もやることがなくなってきて行ったことではないかと思います。

指名手配並みに日本中で探されている人がやる行動として、どう考えてもおかしいですよね(笑)

こんな予約を入れる人ならネットもテレビも観られるんでしょうし。

 

そして、メタ考察ですが・・

宮沢りえさんは大河ドラマが忙しいので(笑)

「真犯人フラグ」では、ガッツリ出演は無いと思います。

宣伝の動画等にも一切でないですし、番宣のテレビ番組出演もなし。

公式ガイドブックでも1人だけまともなコメントなしでした(笑)

ぼくの予想では・・真帆はなくなっていて、冷凍されている、と思っています。

さすがに冷凍されていないと、なくなってすでに時間が経っていると思われ、篤斗も光莉も凌介も、真帆の姿をみることすらできなくなってしまうので。。

凌介は人に恨まれる人間ではない

相良凌介という人は「全く黒いところがない」人間として描かれており

そこは信頼してください、と公式でも言われています。

誰かに恨まれるような行動を取る人間とは思えません。

 

篤斗をさらったバタコからは恨まれているような描写がありますが

おそらく勘違いによるものですし、バタコに関していえば「自分に都合が良い解釈をする」ような精神的な病と思われます。

そんな人はバタコ1人でしょう。こんな人が周囲に何人もいる世界は無いと思います(笑)

 

「真犯人」とされている人は「凌介を恨んでいる」と思われていますが

なぜ凌介を恨むのか、という理由になるものが凌介には「全くない」ですし

凌介に対して何の要求もありません。

 

ですので、おそらく真犯人には

凌介を恨む理由など、無い

のではないかと思います。

 

真犯人がやりたいことは、

 

凌介をおとしいれること

(罠によって悪い立場にさせる)

 

であって、

 

凌介をおとしめること

(評価を下げる、軽蔑の対象にすること)

 

ではないと思われます。

凌介に恨みがあってやっていること、のように見えていますが

本当はただ、「凌介に罪を着せたいだけ」なのではないでしょうか。

同時に起こる事件を利用して事件を複雑にみせる

真帆をころそうとは思っていなかった

のに、ころしてしまった

どうしよう・・と考えたときに思いついたのが「凌介に真帆ころしの罪を着せること」だったのだと思います。

 

この写真については、真犯人がもともと、

真帆を手に入れるために、「凌介の不倫疑惑」をでっちあげようとしたものかと思います。

この写真を真帆に見せて、真帆へ凌介のことを悪く言おうとしていた。

そして別れるように迫ろうと・・していたのかもしれません。

 

この写真を撮っていたことから

真犯人は、「不倫をする旦那が、邪魔になった妻をころした」というストーリーを考えて

この写真を利用して、凌介へ真帆ころしの罪を着せることを考えたのではないかと思います。

 

ここに関わっているのが本木なので・・本木は真犯人とつながっているんでしょう。

また、篤斗・光莉・真帆の事件以外に、今回は林事件も関わってきています。

林には少なくとも強羅が関わっていますので

本木とともに、強羅も真犯人とつながっているんでしょう。

ぼくは強羅と本木は過去の記事で「親子」と考察しています。

 

真帆と関わりがある真犯人が、

凌介へ罪を着せ

世間的にも凌介が「悪人」とみせるため

また、事件を複雑化するため、

篤斗誘拐、光莉誘拐、林の事件がすべてつながっているように見せる

 

そのために、強羅や本木を使っているのではないでしょうか。

本木に関しては、強羅から「やること」だけを指示されていて、詳しいことは何も聞かされていないのかもしれません。

 

 

真犯人が直接関わっている事件は、真帆に関わるものだけ

それ以外は強羅を介して、操っている人間の仕業

と考えます。

真帆事件の真犯人は「女性との距離がつかめない」人間

真帆をころしてしまった

もしくは監禁しつづけている真犯人は

「女性との距離感がつかめない」人間かな、と思っています。

 

その視点で・・容疑者を考えていくと・・

 

●日野

結婚しており、女性と普通に接することができるはず

結婚が嘘ではという話もあるが、さすがにそうだったら河村や凌介、真帆が気づくのではないか

結婚報告のときも指輪をしていた

 

●河村

河村は私生活での女性との関わりは完全に不明ですが

取材対象者に女性もたくさんいると思われ、もし関わり方に難があるような人間だったら編集長になることはできていないでしょう。

 

●山田

山田はカッコよくスポーツもできるので程度モテるでしょうし、

菱田に対してちゃんと我慢することもできています

 

●橘

橘は王子様です。本木への接し方も、モテる人間の「それ」でした。

雫石が真犯人である理由

ぼくはずっと言っていますが・・

 

やはり、真犯人は雫石千春ではないかと思います(笑)

 

ぼくとしては・・

他のYouTuberさんと同じ意見だったら自分の存在価値は無いかな

と思っていますので(笑)

その意味でも雫石真犯人を推したいと思っています。

 

ここまでの説明とつながるのか・・?という疑問もありますが・・

ゆるしてください(笑)

 

11年前の真帆・林の不倫写真を撮影できて

撮影する動機がありそうで

また、撮影だけで終わるかもしれない人物。

 

これって・・ストーカーですよね(笑)

河村や日野だったら、林につかみかかって殴ってるはずです(笑)

 

それが、真帆の好きなハオルチアオブツーサの和名を芸名にしている「雫石千春」ではないかと思っています。

雫石真犯人説については詳しく、過去の動画でも語っていますので、

ぼくの「真犯人フラグ再生リスト」をご覧ください

youtube.com

 

テレビに出て凌介を悪く言い、一般大衆を扇動するような行動をとっています。

それによって凌介は飲み物をかけられたり、女子高生に歩道橋から突き落とされたりしていますが・・

 

これは社会学者である雫石が、一般大衆を扇動するために綿密に考えた作戦なんじゃないでしょうか。

 

ぷろびんへもともと、炊飯器失踪事件を取り上げるように言ったのも

凌介が亀やん急便の社員であることを伝えたのも、

ネットでの煽りを画策した雫石ではないか?と思っています。

 

雫石は凌介たちが通っていた立慶大の教授です。

生徒だったかは・・わかっておりません。

 

立慶大については、本木と橘の関係を暴露したアカウントの人も立慶大であり

雫石の生徒である、という可能性もありえる。

 

本木が凌介に会ったときに言った「先生!」という言葉も、

本木が雫石の生徒で、雫石に言うつもりで言っているのでは?という推測もあります。

 

本木とつながりがあると考えると・・

雫石が本木を使っていてもおかしくはない気がしますね。

 

もう1つ、

真犯人フラグの公式がつくっているダイジェストの動画をみるのですが

かなり短い時間で内容がわかるようになっています。

5分程度にまとめたものと1分のものと2種類あるのですが・・

 

「1分ダイジェスト」の方にも、毎回ではないものの、雫石はちゃんと登場しています!

正直、雫石が事件に関わっていなければ、1分動画では真っ先に雫石登場シーンは切るべきところだと思いますので・・

www.youtube.com

1話を1分で紹介している内容ですからね・・無駄なものは入れられないと思います(笑)

 

さらにもう一つ!

あやしいと思ってみている内容として

2月15日に、雫石千春役の俳優、小松利昌さんがこのようなツイートをされていました。

小松さんは同時期に他にもいろんな作品に出演されており、

「真犯人フラグ」と特定はできないのですが・・

 

俳優さんにとって「撮影」は日常茶飯事のことで、特別なことではないと思います。

その小松さんが「楽しみすぎる」という撮影って・・(笑)

 

これは「真犯人としてねネタバレ撮影」か

もしくは「しぬ、ころされるシーン」なのかなと思いました。

 

これは・・

雫石犯人説のぼくとしては「真犯人ネタバレ撮影」であってほしい!と思っています(笑)

 

 

ちなみに・・2月20日にもうひとつツイートされていました。

「とある作品」とは・・

 

ただ、2月20日に撮影が終わっているとして、それが「真犯人フラグ」だとしたら・・

18話か19話で、雫石はしんでしまうのではないか、という気がしますね(笑)

 

最終話の撮影はまだ終わってないんじゃないか?と思いますし、

真犯人なら最終話までガッツリ出るでしょうから。

 

もしかしたら雫石真犯人説を言えるのは今回までかな、とちょっとさみしく、弱気になっています・・(笑)

真犯人フラグの記事まとめ

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼