ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

海水に水没させたiPhone7を復活させた方法

f:id:AR30:20220806171407j:image

 

iPhoneを思いっきり水没させました(笑)

しかも、海水に。

落としたとかではなく、水着のポケットにiPhoneを入れたまま、海の中で遊んでしまいました(笑)

水濡れとか、何かをこぼした、かけてしまった、というレベルではないです(笑)

 

どう考えても復活は無理だろう・・という状態から復活したので

経験談を共有したいと思います。

 

なお、それぞれ端末の状況は違うでしょうから、

同じようなことがあった人でも、全く同じようにはならないかもしれないですが、

それでも、1つの経験談として参考にみていただければ幸いです。

 

こちらの内容を参考にする場合も、iPhoneの扱いは、自己責任で、お願いします!

 

iPhoneのスペック

使っているiPhoneは、iPhone7でした。

 

iPhone7は・・

●Apple公式では、iPhone7の防水性能は「IP67」であると説明されている
●「IP67」は、「水深1mまで、最長30分水に耐えられる」
●しかし、あくまで「耐水」であり、「防水」ではない

 

Apple公式ではもちろん、こんな風に説明されています。

iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について - Apple サポート (日本)

水濡れによる損傷を防ぐため、以下の行為はお控えください。

●iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
●iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
●iPhone をサウナやスチームルームで使う
●iPhone を意図的に水没させる
●推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
●iPhone を落とすなど、衝撃を与える
●iPhone を分解する (ネジを外すなど)

 

iPhone7をどんな風に水没させたのか

上に書かれていることでいうと、

●iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する

●iPhoneを意図的に水没させる

が該当しますね・・

 

わざと水没させたわけではないんですが・・

水着のポケットに入れたまま、海で泳いでいたので、これは意図的と言われてもしかたないです(笑)

 

ちなみに海の中にいた時間はおそらく10分程度だと思います。

 

実は、海の上に置いてあるこういうやつの上で遊んでいました↓

たぶん40〜50分遊んでいたんですが、

当然、遊具から落ちて海水の中にいる時間もあります。

しっかり泳いでます。無防備なiPhoneをポケットに入れた状態で(笑)

思いっきり海水の中にいたのが10分〜15分ぐらいだと思うんですよね・・

でも、遊具の上にも海水はあって、そこでもジャブジャブ海水かかってましたけどね。。

 

なので、その間は、もろに海水の中にiPhoneをつけた状態で

しかも泳いでいるので、海の中でiPhoneを激しく振っているような状態だったと思います(笑)

 

 

遊び疲れて陸に上がり、

ふう・・と一息ついて、あれ?iPhoneは??と思ったときに

 

「!!ポケットに入ったままだった!!」ということに気づき(笑)

激しくパニックになりました(笑)

 

これは・・もう、無理なのか・・

と思いながら、ポケットからiPhoneを取り出したら、普通に電源が入った状態のままでした。

海水に水没したiPhone7にやったこと

実は、相当不注意が続いていて、半年ぐらい前にも別のiPhoneを水没させたことがあったんですよね・・

そのときもiPhoneの電源は入っていたんですが、

「電源入っているし、問題ないってことかな」と判断して、軽く拭いただけでそのまま使っていました。

充電もして・・

としてたら、ある時から挙動がおかしくなりました。

まずはホームボタンがきかなくなり。

そのあとは電源がまともに入らなくなり・・。

そして、結局、買い直すことになりました。

 

そのときの反省から

「まずはすぐに電源を切る!」と思い、すぐに電源を切りました。

 

たぶん電源入れっぱなしだと、内部で水が電気系統にくっついた際に、ショートして?本格的に壊れてしまうんでしょうね…

まして充電なんかしたら、iPhone内部で水と電気が出会う可能性大!

今は大丈夫でも、このあと大丈夫とは限らない。

 

(1)電源を切る

 

ということで、とりあえず速攻で電源オフ。

 

その後は、たぶん、内部に入った水が完全に乾くまでは電源を入れてはいけないし

充電もしてはいけない、という風に決めたんですが、

いや待てよ、このまま電源を切っておいておくだけでいいのか?

このiPhone、海水に入ってたから・・

もし乾いても、異物がiPhoneに入ったままで、乾いたときにそれがiPhoneの内部部品にくっついて、やっぱり正常に使えなくなるのでは・・?と思いました。

海水は真水とは違い、塩分やその他異物がたくさん入ってますもんね…

なので、、思い切って、水道水で水洗いすることにしました。

 

(2)水洗いする

当然電源は切ったままですが

真水・・水道のところへいき、水道の水を流しながら、iPhone全体を洗いました。

当然、ケースははずしてます。

このあと、乾かし終わるまでケースはつけていません。

Lightningケーブルを差し込む部分を洗うのは勇気がいりましたが、

ここを洗わないと、内部の汚れは取れないはず!と意を決して、iPhoneを逆さにし、その部分に水が入るように水道の水をジャーっと流しかけました。

iPhoneの穴という穴の部分は全部。スピーカー部分とか。あと、スイッチのあたりも。

しかも、しばらくの時間。

本当に、ちゃんと「洗った」という状態です。

 

これ、、海水でなく、お茶やジュースなんかをこぼしてiPhoneにかけたときでも同じじゃない?と思いました。

iPhoneの表面にかかったぐらいなら拭けば良さそうですが、ライトニングの穴やスピーカーから内部に染み込んだのなら、、やった方がいいのかも。

 

(3)キレイに拭く

水洗いしたiPhoneはしっかり拭きました

 

(4)乾かす

その後は、しばらく、風が当たるところで、陽が当たらないところに置いてiPhoneを乾かしました。

おそらくこの状態でずっと置いておいた方がいいと思います。

ちなみに、このとき、例えばドライヤーの温風で乾かすと早く乾きそうな気がしてしまいますが、これはやってはいけないそうです。

壊れる原因になります。

なので、やるとしたら・・ドライヤーの冷風か、扇風機の風ですかね・・?(すみません、責任は負えませんが)

 

(5)2日間放置

本当は(4)の状態で長く置いておいた方がよいと思うのですが

僕の場合は(4)の状態で置いておけたのは数時間で、そのあとは「風通しが良さそうで陽が当たらない」というところで、2日間置いておくことしかできませんでした。

たぶん、内部まで乾かすには、結構な時間が必要です。

 

ちなみに、「iPhoneを米の中に入れておくと乾く」みたいな話がありますが、あれ、やめといた方がいいらしいです。

なぜなら、砕けた米の細かいものがiPhoneの中に入ったら、今度はそれで壊れてしまうためです。

米の中も異物でいっぱいでしょうから…やめといた方が良さそう。

 

iPhone7は復活した

それらをやった結果…2日ほど経過し、

その後、おそるおそる電源を入れてみたら、

ちゃんと復活しました!!😭

 

運が良かっただけかもしれないですが、

僕はこれで、水没からの復活が成功しました。

 

僕のはiPhone7でしたが、

もっと新しいiPhoneなら、もう少し耐水性能が高いと思うので、復活確率も上がると思います。

 

ぜびあきらめずに、、やってみてくださいね!

 

本当は、防水ケース、持っていくのがいいですね

 

 

 

このブログへメール 削除依頼