ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

赤いナースコール 考察最新 秋元康公開の最終回脚本は翔太朗のドラマ脚本!真犯人は翔太朗の可能性が高い 第10話 第11話 感想 黒幕真犯人あらすじネタバレメタ考察!

赤いナースコール真犯人黒幕考察ネタバレ

❉この記事はYouTubeでも観られます↓

www.youtube.com

カンブリア宮殿で秋元康さんが公開された

「赤いナースコール」最終回の脚本について

「なぜ公開されたのか」

納得できる考察がありましたのでご紹介させていただきます!

 

このチャンネルでは、

ドラマ考察のほか、いろんなまとめ動画など、

みんなが「観たい」と思う情報を、効率よく観ていただける動画を投稿しています。

www.youtube.com

他のチャンネルとは違う情報が得られますので、
ぜひチャンネル登録をして次の動画をお待ちください。

 

秋元康さんが最終回の脚本を公開することはありえるか?

2つほど、秋元康さんの最終回脚本について動画を作成しましたが

www.youtube.com

みなさんからのご意見として

「ネタバレするわけがない」

というものがほとんどでした(笑)

 

やっぱりそうですよね・・

 

せっかく頑張ってきて書いてきた脚本、

最終回はみんな楽しみにしていますし、脚本家自身もきっと反応が楽しみなはずです。

 

そんな大事な脚本を、事前に公開してしまうわけがない・・

僕もそう思います(笑)

 

なので、カンブリア宮殿で見せられた脚本は「フェイク」だろうと予想していました。

 

最終回の脚本を公開しても問題なかった理由

そこにこのようなコメントをいただきました。

 

ヤマトタマムシさんです。コメントありがとうございます。

赤いナースコール動画のコメント

 

なるほど!

これは最も納得できる説ですよね。

 

↓ この脚本は、「赤いナースコール」の脚本ではない

 

視聴者は刺激を求めてるんですよ。

プロデューサがころされたっていう賞味期限がきれないうちに

来年の連ドラ、7月クールでやろうって

 

と、翔太朗は話していましたので、

ドラマの脚本をもう書き始めていると思われます。

 

・・ということなので、

おそらく、最終回には翔太朗が書いた「ドラマの脚本」が登場すると思われます。

秋元康さんが公開したのは、

この「翔太朗のドラマ脚本」の部分だったんじゃないでしょうか。

 

 

それなら・・なるほど、秋元康さんも嘘をついたことにはならないですよね(笑)

「赤いナースコール」の「最終回の脚本」であることは間違いない。

 

ヤマトタマムシさん、ありがとうございます!

これが最も可能性が高そうですね。

 

 

・・とすると、この脚本をいくら考察しても、

犯人にはたどりつかないし、むしろミスリードってことになりますね・・

 

この、西垣と翔太朗が話しているところも含め、

おそらくこのままのストーリーではないってことなんでしょう!

 

ということは、この脚本に名前が登場しているからといって、

本当の犯人候補から外れるってことはなくなりますね(笑)

真犯人候補は?

完全にメタ考察ですが

「視聴者を驚かせる」ことで満足感を得ようとしているのであれば

「視聴者が簡単に想像できる」犯人ではないんだと思われます。

そういう考えからいくと、石原や榎木田院長は外れるんですよね。

ドラマ開始当初からずっとあやしい人物ですからね、この二人は。

まあ、ドラマの内容からの考察では一切ないので申し訳ないんですが😅

驚かせるなら・・やっぱり、主人公が犯罪にからんでるパターンですかね・・

通常ドラマをみるひとは、主人公目線でみているので、その主人公が犯人だったりしたら相当ビックリします!

 

このドラマだと、翔太朗が犯人というのがありえなくはないんですよね。

なぜなら、主人公でありながら、

ほぼないと言っても過言ではないぐらい

 

翔太朗が自分1人で考えをめぐらせて行動しているシーンや

1人で語っているシーンがないです。

「他の人としゃべってるシーン」や「他の人と一緒に行動してるシーン」はあるんですけどね。

1人のシーンがない。

 

「自分語り」は無いのに、みんなの前で

事件に対する推理だけはペラペラとしゃべるんですよね(笑)

これって、周囲を誘導しているようにも思いますよね。

 

 

「1人語りがない」

だから、視聴者は主人公の翔太朗がどういう人か知らないし

どんな考えを持っているかもわかりません。

 

なので・・ここから、サツジン犯や黒幕だ、ということが判明しても

「納得」はできると思うんですよね。

 

ここでもコメントをご紹介させていただきます。

TK7さん。

赤いナースコール動画のコメント

山之内ころし・・は、やっぱり翔太朗があやしいんですよね。

どうやってやったか、という部分もそうですし、動機の部分でも。

 

もしかしたら山之内と翔太朗は、今からやろうとしてるドラマ・・

現在起こっている事件を題材にしたドラマについて考えが合わなくなってきていたのかもしれません。

 

そこで山之内が邪魔になった翔太朗が・・ヤッたのか。

 

しかも言ってましたもんね。

 

視聴者は刺激を求めてるんですよ。

プロデューサがころされたっていう賞味期限がきれないうちに

来年の連ドラ、7月クールでやろうって

 

山之内をころすことが翔太朗のプラスに働いています。

 

山之内ころしを翔太朗がやっているのだとすると

それ以外の事件についても関わりが疑われます。

 

 

主人公とヒロイン

どちらも「おかしいやつ」なのか

それとも、どちらかだけおかしくて、どちらかはまともなのか。

 

どちらかだけまともだった場合は

残された方がかわいそうな気はしますね・・

 

でも、そういえば、

 

「もし犯人の一味だったら、アリサも仲間に入れてるよ」

と翔太朗は言ってましたよね(笑)

そんな発言しますかね・・さすがに不謹慎すぎる。

 

でもそれに対しアリサは

「絶対誘ってね。いつだって一緒だよ、翔ちゃん」と言ってました。

このカップル、ふたりとも、完全にヤバい気がします。

 

・・ということで、

主演もヒロインも、おかしい

 

というのが、今の時点で考えられる可能性として最も確率が高いように思いました。

 

 

第10話の冒頭では「犯人が誰だったのか」から打ち始めた

脚本を書き始める翔太朗が描かれていました。

やっぱり・・

秋元康さんが公開したのは、この脚本ぽいですよね(笑)

ーーーー

 

ここまで、

少しでも面白かったと思った方は高評価ボタンで応援していただけると嬉しいです。

 


最後、翔太朗が脚本を書いているシーンがあると思いますか?

ぜひコメント欄に、考察・感想をお願いします!

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼