ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

赤いナースコール 考察最新 最終話の感想と翔太朗・院長共犯説! 最終回 第12話 黒幕真犯人あらすじネタバレメタ考察!

赤いナースコール最終回考察最終話感想

 

この記事はYouTubeでお楽しみください。

www.youtube.com

 

この下はメモです。

 

★西垣
いかにもあやしいやつが犯人なんてがっかり

★犯人当てとは別のところで驚かせる仕組みがいると考えた?
アリサが実は院長の息子の事件と関わっていた・・という驚き


いろいろ想像させてくれるドラマだったので
最後まで楽しめました。

最後の翔太朗と院長が出会うシーンで終わるところは
賛否両論ありそうですが

あな番もそういう終わり方だったので、
まあそういう終わりかたもあるかもしれないとは思っていました。


アリサと院長は「完全に他人」という話し方をしていたので
まさかもともと知り合い設定とは思いませんでしたが(笑)

思い返すと院長とアリサの話しはほとんどが事故のことだったので、

交通事故で病院にやってくるということまではアリサと院長は話していなくて
院長が無理やりやったことだったのかもしれないですね。


ということで、翔太朗が最後に闇落ちする、という話は外れたと思うんですが・・


もしかしたら、という考察を最後にお話ししたいと思います。


やっぱり最後のシーンですね
工藤の下半身をもった院長と、
なくなったアリサを抱いた翔太朗が合流していました。

そこで終わったので詳細はわからないのですが

ぼくはそこで
院長と翔太朗のゆるい共犯説
を感じました。

院長はわざわざ工藤の下半身をもっていってるわけで
それには意味があるはず

また、院長が工藤をころす意味がわからないんですよね
これは復讐じゃない


翔太朗の足が動くか?と言っていたのは本当の話だったのでは
それにアリサが気づいているかどうかを試した

翔太朗はもしかすると院長を手伝う行動を取っていたのではないか

それに院長も気づいていた


院長と翔太朗はハッキリと組んでいたわけではないが
もしかしたらお互いに、直接的ではないものの協力していた

翔太朗はもしかするとアリサをころしたかったのでは

翔太朗がアリサをころすことの邪魔をするかもしれないので
院長は工藤をころしたのではないか

院長が工藤をころす
翔太朗は・・アリサをころす・・

エレベータ内のやり取りはアリサが自分で自分をさしたようにみえましたが、もしかしたら翔太朗もサツイをもっていたとか。


最後に院長が工藤を連れていき
翔太朗がアリサを連れていき

二人が会って、「目的を果たした」ことを確認したんじゃないでしょうか。

そして院長がさいごにしんだら・・


しょうたろうは疑われません

 

まあ、これとは全然違っていて
院長と翔太朗が最終決戦のためにお互いを探していた
ということも考えられるんですけどね。

その場合だと、
翔太朗が歩けないのは本当のことになると思うので
圧倒的に翔太朗が不利で、おそらく翔太朗が負けると思いますが・・

佐藤勝利さんを真っ二つにするシーンは・・許可がでなかった
ということかもしれないですね。


ということで、妄想はここまでにしたいと思います。


ぼくの考察にお付き合いいただき、ありがとうございました!


また次のシーズンもドラマの考察を続けていきたいと思いますので
ぜひお付き合いをよろしくおねがいします。


感想など、コメントをお待ちしています!

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼