ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 初回でもう一度見直すべきポイント!CDがベッドの下にあった理由!第1話 第2話 フジテレビ 川口春奈 目黒蓮

ドラマ「silent」サイレント考察感想最新

❉YouTubeでご覧ください↓

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、メモです↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

「紬のイヤホンはなぜ3年前に壊れたのか」をはじめ、

初回放送でもう一度見直してほしいポイントをまとめ、考察してみました。

ぜひこの動画をみたあと、もう一度TVerやFODでサイレントの初回放送を見直してみてください。

 

 

この動画の内容はブログで公開しており、文字で読んでいただくこともできます。

動画概要欄にブログURLを記載していますので、ぜひご活用ください。

 

もしかしたら耳が聴こえない方に不快な表現があった場合は申し訳ありません。

ぼくの言葉選びが未熟なため、と、ご理解いただければと思います。

 

 

とても素晴らしいセリフや表現が多いので、

主に、印象的なコトバを取り上げて考察していこうと思います。

ーーーー

まず、雨音を聞いて、紬が「うるさい」というシーン。

その前のシーンでは、雪の中、紬と想が話していて、「静かだねー」という紬の声を想がうるさいと言っていました。

雪から雨のシーンに移り変わるのはそれだけでも何か悲しい方向へ移り変わっているように感じるんですが、

これって、想のことを表しているのかなというふうにも思いました。

高校生の時は、紬の声がハッキリ聴こえた、紬の声がうるさいと思えたのですが

今の想はハッキリとモノが聞き取れない。もしかしたら少しは聴こえているのかもしれないのですが、もし聴こえているとするならば、おそらく他の音と混じって紬の声もよく聴こえないんじゃないかと想像しました。

ちょうど、雨の中で人の声を聞いているかのような感じなのかな?と。

 

タワーレコードのキャッチコピーですかね?

NO MUSIC、NO LIFE

これ・・想に突き刺さるキーワードですよね・・

あとでもお話ししたいのですが、想はおそらく病気が進行してから音楽は聞いていないようです。

NO MUSIC、NO LIFE

タワーレコードさんはドラマに協力しているんでしょうから、この言葉がマイナスにとらえられるようなことは避けたいはずで・・

今後、何らかの形で、この言葉を好意的にとらえられるようになるんでしょうか。

 

想のことを思い出した紬は名前を検索してしまいます。

実は湊斗も検索していて・・

でも、二人で同棲する家のことを考え出すタイミングで、別々の場所にいながら一緒に「佐倉想」の検索履歴を消していました。

紬と湊斗の相性も、相当良いんだなと感じるシーンでしたね。

 

想をみかけた紬は、おそらく想との思い出のモノをしまった箱を取り出します。

そこにまず入っていたのはイヤホン。

そして「言葉」というタイトルの作文。

この作文は、想がみんなの前で読み上げていたものですが、原稿用紙をなぜ紬が持っているんでしょうか。

 

「好きな声だった

好きな声で好きな言葉を紬ぐ人だった」

とても素敵な表現ですよね

「あの時からあの声がずっと耳の奥にいて、あの名前が忘れられなくて」

耳の奥に「残る」という表現はよく聞くような気がしますが、「いる」というのが、

より近い気がして素敵です。

 

「青羽って彼氏いるの?」

これは自分が聞きたかったことのはずなのに

「って聞かれた想につい最近」

恥ずかしさがあってごまかしたのかな?と思いますが

その時のとっさの嘘がこれっていうのが・・

紬も想のことを気にしていることを知ってて、喜ばせるために言った言葉ですよね。

湊斗のやさしさがあらわれています。

 

今思うと学校っていうのはすごい場所だった

嫌でも週5で行く場所で

嫌でも週5で好きな人に会える場所だった

これもまた記憶に残る表現ですよね。

相手がどう思っていたとしても、必ず会える場所。それが学校。

 

名前を呼びたくなる後ろ姿だった

後ろ姿が素敵ということもありつつ、

とにかく一緒にいたい、近くにいたいという気持ちだったということですかね

卒業まであと何回名前を呼べるだろう

このまま・・友達のままだったら、あと何回だろう・・

こう思ったことが、紬の背中を押したんでしょうね

 

スピッツの「魔法のコトバ」は

紬と想の関係を歌っているように思えるような歌詞です。

ぜひ歌詞を読んでみてください。

「また会えるよ、約束しなくても」

そして再会した二人は・・どうなるんでしょうか。

 

クリスマスのプレゼント交換では

同じイヤホンの色違いを交換

これは二人をつなぐアイテムになるようです

 

あとで、紬が想と再会するシーンで、想が語っているのですが

ほとんど聞こえなくなってしまったのは3年ほど前なのだそうです。

つまり、紬の持つ、想からもらったイヤホンが壊れてしまって音が出なくなったのと時期が同じです。

紬のイヤホンから音が出なくなったのは、想が聴力を失ったことを意味していたんですね・・

 

好きだった人とはどうなりましたか?

好きだった人の好きな人ってどんな人ですか?

「好きな人がいる、別れたい」と想が紬に送ってきて別れたので

「好きだった人の好きな人」っていうのは、想が好きな人はどんな人ですか?って聞いてるってことですよね。

このシーンで、奈々が登場するので、どうしても想が今付き合っているのが奈々だと思ってしまいますが・・もしかしたらそれはミスリードかもしれないですね。

公式サイトの相関図でも「交際中?」とハテナマークがついていました。

奈々は、生まれつき耳が聴こえない人なんだそうです。

 

紬は「声」を聞くのが好きみたいですね。

たぶん想もそれを知っていたんでしょう。

だから、紬と電話ができなくなる前に、関係を終わらせようと思ったのかもしれません。

 

湊斗のことを語る紬は、「主成分やさしさ」と表現していました。

同僚のゆかこは、「生きづらそうだね」と。

人のためにやさしさ全部使っちゃって、自分の分残すの忘れちゃうみたいな

湊斗は高校時代と同じように、やっぱり想と紬のために行動することになるんですかね

湊斗と紬も、おそらくとても相性が良い二人だと思いますし、この二人にもすでにこれまで築き上げた関係があるはずですから、紬がそれを捨てて想の元へ行ってしまうのか・・?

紬の弟も、紬に湊斗のことを何度もすすめていました。

たぶん、お似合いなんでしょうね・・

 

絶対いい人なんだろうなって勝手に思い込むんですよ

手話、耳が聴こえない、障害者

それに携わる仕事、奉仕の心。

ヘラヘラ生きてる聴者のみなさんは。

これは刺さりますね・・

 

手話教室の案内を渡され湊斗は

できれば覚えたくないですね 

と言います

別に手話が嫌いだとか、耳が聴こえないことを悪くいっているわけではなく

この時点で湊斗はまだ、信じたくないんですよね、想が聴こえない状態になっているということを。

また、普通に話したいです

紬の元カレだから、というだけでなく、おそらく湊斗自身も想と話したい、ということなんでしょう。

 

晴れてるよ、月が出てる

という湊斗に

そういうところ、好きだな〜と紬は言います。

自分とは違う感覚を持つ湊斗が好き

と紬は言っているので、紬は決して湊斗としかたなく付き合っているわけではないんだと思います

 

紬から「想の声が好きだった。だから話したいという気持ちはある」と聞いた湊斗は、紬から手を振りほどきました。

これは嫉妬でもなんでもなく、

もしかしたら想と話すことはもうできないのかもしれない、と考えた湊斗が、耐えきれなくなってこういう行動を取ってしまったのだと思います

 

紬が想を追いかけて捕まえ、話をしているとき

奈々は想が落とした本を拾い、その先を見つめて・・何かに気づいた感じでした。

おそらく、想と紬が向かい合って何かをしているところを目撃したのではないかと思われます。

奈々と想はどういう関係なんでしょうか。

ここから想像すると・・やっぱり恋人関係ではなくて、どちらかの片思いかなという気がするんですが・・どうでしょうか。

想はもしかしたら、紬が忘れられず・・

奈々の方が想をおもっている、ということがありそうですね。

 

高校時代の二人を結びつけたのは有線のイヤホンでしたが

いま、その二人を再会させたのは、ワイヤレスイヤホンでした。

時代を感じさせるとともに

「有線イヤホンは2つがつながっている」

「ワイヤレスイヤホンはバラバラ」ということで

二人の断絶を表しているようにも思いました。

 

高校卒業してすぐ病気がわかった

それから少しずつ聞こえにくくなって

3年前・・ちょうど、紬のイヤホンが壊れた頃に、想は聞こえなくなったんですね。

 

想は、若年発症型両側性感音難聴という病気だそうですが

どれくらい「聴こえない」のかは今のところわかりません。

「ほとんど聴こえない」と本人が言われているので、もし聴こえても、周囲の雑音にまざってしまってうまく聞き取れないのかもしれません。

でも、そういう状況であっても、もしかしたら少しは紬の声が想に届いている可能性はあるのかなと感じました。

紬は想の声が好きと言っていました。

きっと想も、「うるさい」と言っていた紬の声が好きだった。

紬の声が聞けない、自分の声も聞かせてあげることができないかもしれない

紬を苦しめるだけだから

自分は紬のことを好きなのに、離れた

自分から遠ざけた、「好きなもの」にまた出会ってしまったというのはとてもつらいことだと思います。

そして、そうやって再会してしまった「好きなもの」に対する思いは、抑えきれなくなる気がしますね。

 

 

想の自宅では、CDは割られており、CDラックにはCDが1枚もありませんでした。

音楽を楽しめなくなった想

 

でも、捨ててはないんですよね。

ベッドの下に隠しています。

やっぱり想にとって、音楽は大事なんでしょう。

今の想には音楽は楽しめないんでしょうか?

もしくは楽しむ手段があったとしても、それは紬との思い出が重なるから遠ざけているんでしょうか。

 

ーーーー

今回はここまでとさせていただきます。

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

初回放送で、とくに気になったシーンはどこですか?コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼