ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 スピッツ曲の歌詞がストーリーと関係!第1話 第2話 フジテレビ 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

silentサイレント感想考察

❉この記事はYouTubeでご覧ください↓

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、メモです↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

 

想が好きな歌手としてスピッツが出てきて、

スピッツの曲がいくつか登場するのですが

どれも、「ただ聴こえてくる」というわけではなくて、

その曲が聴こえてくることに意味があるようです。

まずは紬がタワーレコードで働きながら試聴しているシーンです。

この時、紬は勤務中のため怒られていましたが、この時聴いていたのが・・

スピッツの「楓」という曲でした。

この曲の歌詞が・・どう考えても、想のことを歌っているような歌詞です。

ぜひ知らない方は、一度「楓」の歌詞を読んでみてください。

一節だけ紹介すると

「さよなら 君の声を抱いて歩いていく ああ僕のままで どこまで届くだろう」

「君の声を、抱いて歩いていく」は、まさに、過去に聴いた紬の声をしっかり記憶に刻み生きていこうということですよね。

「声を抱いて」というところの「抱いて」という表現が、本当に、想の気持ちとリンクしているようです。

 

そして、もうひとつは、スピッツの「魔法のコトバ」です。

この曲は、高校時代の想と紬が2人でいるシーンで聴いていました。

お互いに告白したあと、想が自分のイヤホンを紬に貸してあげて、その時に流れていたのが「魔法のコトバ」です。

この曲もぜひ歌詞を読んでもらいたいのですが

とくに気になった歌詞の一節は「また会えるよ 約束しなくても」のところです。

現代のシーンで、紬が親友の真子と、食事をしながら想の話をしたときに

紬は「見かけたところで待ち伏せしてれば会える」と真子から言われ、

紬は「約束してなくても?」と真子にきいていました。

その後、紬が駅で想を待ち伏せしてみるものの、会えないんですが・・

待ち伏せではないタイミングで、たまたま駅の改札を出てイヤホンを落として、想と再会するんですよね。

約束しなくても、また会えたということですよね。

スピッツの曲が2人の人生に寄り添っているなと感じます。

 

ちなみに、紬は想と出会ったときは、スピッツを知らなかったんじゃないかと思われます。

湊斗に見守られながら、「何聴いているの?」と聴きにいった紬に、想はイヤホンを貸してあげました。

「いいよね、これすごくいい」と紬は言うんですが

想から「知ってる?」と聞かれ、紬は「知ってる!」と言ってました(笑)

紬は、曲名も歌手名も言わないあたり、おそらくちゃんと知らなかったんじゃないか?と思われます。

そして想はおそらくそれに気づいていて、

「じゃあ今度CD貸すね」と言ってくれたようです。

 

そして、その後、紬が想に告白するシーンですが

聞こえていなかった想にごまかして、紬は想に「何聴いてんの?って言ったの」と言ったところ、

想から「スピッツ」と答えられます。

スピッツは知ってる

本当に知ってる 本当に好き

と紬は言いますが、これって本当に知ってる人の言い方ではないですよね(笑)

明らかにごまかそうとして言っている感じです。

この時点では紬はまだ、スピッツのことはよく知らなかったみたいですね。

でも、このとき「ハチクロのやつ」と曲名は出てこないものの、映画の主題歌になっていることは知っていたので、少しはスピッツのことを勉強したんじゃないでしょうか。

紬は・・想と付き合うようになって、スピッツが好きになったみたいですね。

 

ーーー

 

「サイレント」をもう一度みたくなる考察をお話ししていきます。

コメントでいただいたことやツイッターなどいろんなところで言われている考察も参考にしています。

ぜひこの動画をみたあと、もう一度TVerやFODでサイレントの放送を見直してみてください。

 

この動画の内容はブログで公開しており、文字で読んでいただくこともできます。

動画概要欄にブログURLを記載していますので、ぜひご活用ください。

 

ーーーー

 

メインビジュアルをもう一度見返してみたのですが

ここで川口春奈さんが、両手の親指と人差し指で輪っかを作り、それをつなげています。

これは「ずっと」を表す手話なんだそうです。

このメインビジュアルに写る二人は高校時代ではなく、現代の2人っぽいですし、

やっぱり最後には二人が結ばれることを示唆しているんでしょうか。

 

佐倉想という名前ですが

実は「サクラソウ」という植物があります。

サクラソウという植物で考えてみると

サクラソウの花言葉は「少年時代の希望」、「初恋」、「自然の美しさを失わない」、「純潔」、「あこがれ」なんだそうです。

サクラソウは開花期間が短いということから「美しいものでも長く続かない」という意味でとらえられ、「初恋」や「少年時代の希望」という花言葉になったそう。

目黒蓮さん演じる想に、何かの想いを託した名前のような気がしますね。

 

物語の冒頭、高校時代の「雪が降った日」の回想がありました。

そこでサッカーボールが大きくなるでしょ、雪だるま的に、という話をしていました。

この雪だるまの話って・・

目黒蓮さんが所属するグループが「SnowMan」だから、入ってきた話なんですかね。

ちょっとにやっとしてしまう会話でした。

 

紬の弟・ひかるは、何度も姉・紬と湊斗が結婚することを願う発言をしていました。

普通に考えると、きっと、想と別れることになった頃の紬の落ち込み具合を知っているひかるは「姉には幸せになってほしい」と、幸せになれそうな相手・湊斗との結婚を願っている、ともとれます。

ただ気になるのは、ひかると、想の妹・萌が連絡を取れる仲であること。

年齢が同じ20歳なので、この二人も同級生なのかもしれません。

もしかして、ひかるは想の耳が聞こえなくなったことを実は知っていて、紬と引き離そう、近づけたくないと思っている・・という可能性もなくはないですね・・

あくまで可能性なので、ただ、姉の幸せを願っているだけ、なのかもしれません。

 

高校時代に想と湊斗と同じサッカー部に所属していて、今も湊斗とは親友という間柄の拓実です。

社会人になった今でもフットサルをやろうと元チームメートに声をかけているんだとか。

公式サイトで「拓実は友達思いで熱いところがあり、それゆえに心に思ったことを相手の気持ちをくみ取る前に、ついストレートにぶつけてしまう時も」とありますし、

湊斗と親友ということは想とも親友の可能性があるので・・もしかしたら想の今の状況を理解している1人なのかもしれないですね。

でも、湊斗のことも決してわるく思っているわけではないようです。

 

「最近どう?」と送ってきた先生に対する想の返信

「静かです」

これは、紬に言っていた「うるさい」と対比する言葉ですよね。

あの声が聞けない、この世界は・・静かです。なんですかね。

 

手をつなぐシーンが何度かありました。

高校時代の紬と想が手をつなぐシーン。

そして、今の、湊斗と紬が手をつなぐシーン。

どちらも愛し合う二人が手をつなぐシーンで、手をつなぐことで愛を確かめ合っているのだとおもいました。

手は愛情を伝え合うもの。

これから、手を使って、想と紬が会話するようになるのだとしたら

そのコミュニケーションも愛情がのっているんだろうな、と想像できます。

なお、湊斗は、紬の手を自分から離しました。

想の話を聞いて、嫉妬したわけではなく、想のことをおもって紬から手を離したのだと思います。

この行動は、今後の湊斗の行動を暗示しているようにも感じますね・・

 

前回の動画で、

高校時代に想と紬が使っていたイヤホンは有線で

有線は右と左がつながっている、

今はワイヤレスイヤホンを紬は使っていて、それは2つが分かれている

だから想と紬の2人の断絶を表している

と言ったんですが、

よく考えれば、ワイヤレスイヤホンもちゃんと右左がつながってるんですよね。

これは、深いところでつながりあえる、ことを意味しているのではないか?とも想いました。

また、紬のイヤホンは落としてしまいましたが、それが転がっていったことで、想と紬を再会させる役割を果たしました。

ワイヤレスイヤホンが2人をつないだんですよね。

ちなみに、想はこのとき拾った片方のイヤホンを、紬にかえしていないようなので・・

もしかしたら、次回、これをきっかけに二人がふたたび会うことになる

という展開もあるのかもしれないですね。

 

想がワイヤレスイヤホンを拾うシーンと、この高校時代に紬が想に語りかけるシーンは

どちらも

紬が立っていて、想が座っていて、同じ構図です。

ですが、距離が全く違います。

高校時代は距離が近かったんですよね。

これは・・有線イヤホンとワイヤレスイヤホンの距離・・なんですかね。

ふたりの心の距離が現れている気がしますね。

 

母・律子が想の部屋のベッドの下から出したCDですが

割られていました。

おそらく想が割ったんでしょう。

このCDは、バックナンバーの「ラブストーリー」というアルバムのようです。

発売は2014年3月26日ということで・・

おそらく、想や紬が高校を卒業した頃のものですね。

その頃に想は耳の病気がわかって、だんだん悪くなっていったということなので・・

このCDが聴けた期間はそんなに長くはなかったのかもしれません。

自分の運命を知って怒り、CDを投げてしまったのかも・・

ちなみに、このバックナンバーの「ラブストーリー」ですが

一番最後に収録されている曲が「世田谷ラブストーリー」です。

想と紬が通っていた高校は群馬の学校だったようですが

世田谷で再会して・・

このCDをもう一度、想と紬が何らかの形で楽しむことができたとき

ここで、世田谷ラブストーリーが始まるんでしょうか。

 

ーーーー

もしかしたら耳が聴こえない方に不快な表現があった場合は申し訳ありません。

ぼくの言葉選びが未熟なため、と、ご理解いただければと思います。

 

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

初回放送で、とくに気になったシーンはどこですか?コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

 

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼