ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 第2話直後 紬の誕生花はサクラソウ!好きな人がいる別れたいの本当の意味! 第3話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

ドラマ「サイレント silent」感想考察



2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

第2話視聴後、すぐお話ししているため誤りがありましたら申し訳ございません。

この動画の内容は、動画概要欄に掲載しているブログURLで、文字で読むことができます。

 

ーーー

第2話も、とても・・

さっそく気になったシーンについてお話ししていきたいと思います。

 

手をつなぐシーン

高校時代の紬と想のシーンで、手をつないで帰るところがありました。

第1話でも、紬と想、そして紬と湊斗の2人が手をつなぐシーンがあり

これは愛し合う2人が、手で愛を交換していることを表しているのかなと想ったのですが

第2話でもやはり手をつなぐシーンがありました。

そして、第2話では、紬が手話を習い始めて、今度は手話で想とコミュニケーションを取り始めました。

この2人の間は、手話で「愛」が交換されているのかなと思います。

ただ、今の時点では、「彼氏彼女」の愛ではなく

「人として好き」という愛なのかなと思いました。

紬は、今は大事な人がいる、会ってほしいと想に言ってましたので、

今の時点で、明確に湊斗を裏切っているわけではないと思います。

 

紬の誕生日は4月28日

4月28日の誕生花を調べたのですが・・

それがなんと、「サクラソウ」でした。

そうです。佐倉想と同じ名前の植物、サクラソウが紬の誕生日の誕生花です。

ちなみに、このサクラソウですが

もう一つ重要な人の誕生花で、

それは、佐倉想を演じる俳優・目黒蓮さんの誕生日、2月16日

2月16日の誕生花もサクラソウなんです。

この佐倉想という役は目黒蓮さんに当て書きされていると公式で言われているので

もしかしたら目黒さんの誕生日から「佐倉想」という名前がつけられた可能性がありますね。

 

音が消える瞬間

最後のシーン、紬と想が一緒にいるところに湊斗が出くわしたシーンで

バックミュージックが消え、無音になりました。

踏切の前でのシーンで、音がたくさん鳴るであろう場所での無音。

これは湊斗の心情を表していたんですかね・・。

もしくは、紬の方の心情なのか?

湊斗は想と会いたいでしょ?と紬から言われ「俺はいいかな」と言っていました。

紬と3人で会ったら、何を言ったらいいかわからない、ということかもしれないし

もしかしたら親友として、想がなぜ自分に真実を打ち明けてくれなかったのか、という怒りもあるのかもしれないですね。

 

真子と話す紬

このシーンがすごいなと想ったのは

紬がしゃべってるところは省略されていて、何と言っているのか全くわからないのに

真子がコーヒーを紬の近くへそっと差し出し

「飲みな。冷めるから」と言ったことで

とても長い時間、紬が夢中で想のことをしゃべっていたことがすぐにわかる

というところですね・・

素晴らしい表現だと思いました。

視聴者はすでに知ってることを何度も聞かされてもしょうがないので、省略されるのはよくあることですが、それを「冷めるから」という言葉でどんなふうに話していたか想像させる・・というのが、すごい脚本だと思いました。

 

奈々と想の関係

奈々と想の関係は、まだハッキリとはわかりませんでしたね。

ただ、奈々が紬のことをあまり深く追及しなかったことからも、おそらく現時点では想と奈々の2人が恋人関係ということはないのかなと思いました。

紬が「佐倉くんは、今は何でも打ち明けられる信頼できる人がいる?もうちょっと上手に話せるようになったら聴くね」と言っていたので、

もしかしたら想にとって、奈々はそういう存在なのかもしれないですね。

 

イヤホンを返さないと・・と伝える想に対して、奈々は複雑な表情を浮かべていました。

奈々の方は・・想におもいがあるのかもしれないですね。

 

想の病気の詳しいこと

病院の先生から遺伝上の心配があるかと聞かれたときに、想の母・律子が妙に強く、否定していたので、おそらく何らかの心当たりが律子にはありそうですが・・

まだわからないですね。

想のお父さんも登場していたので、もしかすると祖父・祖母と関係があるんでしょうか?

お姉さんが過去のシーンで初めて登場しましたね。現代のシーンでも今後登場されるでしょうか。

 

湊斗の行動

想、耳きこえなかったでしょ

と言ってから、紬から、なんで教えてくれなかったの?と湊斗は責められていたのですが

このシーン、本当なら紬に言ってもらうまで待てばいいんですよね湊斗は。

でもそれを自分から言ったのは、

話しづらそうにしてる紬にかわって湊斗が言ってあげたということかと思います。

 

湊斗は想へ、紬の連絡先を教えてあげたんですもんね。

 

スカート、新しいね

コーヒーとココアどっちがいい?

コンポタ もあります

紬の好みと、たまに言う突飛な選択まで心得てる湊斗は、紬のことを一番理解している人間なんじゃないか?と思いました。

 

悲しかったのは、2人の距離感です。

紬と湊斗のレストランのシーン。

席の座り方が、湊斗は前のめりなのに対し、紬は背もたれにもたれていて・・

引いている状態なんですよね。。

これは、紬の方から湊斗から少し離れ始めていることを表しているのかもしれないと思いました。

この席の座り方って、よく「どういう関係のカップルか」を考察するときにも言われるんですよね。

 

紬と、弟の光との会話

手話の本の話から、想の耳のことを光に言うことになり、会っていることも言います。

 

こそこそあれしてるとかじゃないから

と紬は言うんですが・・

 

このコトバにひっかかりました。

「あれしてる」って、「あれ」ってなんですか?

 

おしゃべりしてる?デートしてる?浮気してる??

 

要は、うわきというコトバを口にしたくない?

すでに心がゆらぎはじめてるように感じました。

 

自分の心をごまかすためにも「あれ」と表現したのかなと。

 

春尾について

初めから聴こえない人と、途中から聴こえなくなった人の例を説明するためか

春尾は

はじめから出会わなければよかったって

この人と出会わなければこんなに悲しい思いをしなくてすんだのにって

ということを言いますが・・

これってやっぱり、その説明をしたいだけではなく

自分の経験も交えて話しているような感じがしますね。

 

紬が想と再会して、泣いていた理由

想が紬へ送ったLINEの文面は

「好きな人がいる

別れたい」

だったんですよね。

 

だから、紬は「他に好きな人ができて、振られた」と判断したんですが

実はこの「好きな人がいる」の「好きな人」は紬のことだったようです。

 

「好きな人がいる 別れたい」

好きな人である紬を悲しませたくない、だから別れたい

という意味だったようです。

 

短い文章で人は想像してしまいますが、書いている人の想いがそのまま相手に伝わるとは限らないんですよね・・

 

まあ、この「好きな人がいる 別れたい」は、想もあえて「勘違い」されるような書き方をしたんだと思いますが・・

紬のことを想ったコトバだった、というのがとても深いですよね・・

短い文の中にとても思いが込められています。

 

 

ーーーー

いろいろな方への配慮に欠けた表現があった場合は申し訳ありません。

ぼくの言葉選びが未熟なため、と、ご理解いただければと思います。

 

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

次回以降に期待したいのはどんなシーンですか?

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼