ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 第2話 座り方から心情がわかる!パンダが登場する意味とは?詳細解説! 第3話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

ドラマ「サイレント silent」感想考察解説

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

この動画をみると、

なぜ湊斗は紬に、パンダの動画を検索させたのか?

など、

についての考察を知ることができ、第2話の中盤について解説していきます。

 

前半は別の動画で解説していますので、概要欄に記載の再生リストのサムネイルに「#6」と書かれた動画をご覧ください。

 

この動画をみたあと、TVerやFODでサイレントをもう一度みると、もっと楽しめると思います。

動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

紬がイヤホンを落として、想と再会し

紬が、橋の上で想から手話で語りかけられたシーンに戻りました。

ここは橋の上です。

橋のシーンで思い出すのは、第1話の「告白」シーンですね。

紬が告白したが、想はイヤホンで聞こえず・・

そのあと、想が紬に告白したのが橋の上でした。

あのシーンも・・おそらく、想は聞こえていたが、自分から告白しようと想って、聞こえてないふりをしたんじゃないかと思います(笑)

だからそのあとすぐに告白した。

この、告白シーンのあとは、2人は手をつないで同じ方向へ歩いていきました。

ところが今回の再会シーンでは、

想は一方的に手話をしたあと、向こうの方へ1人で歩いていってしまいます。

紬はというと、状況がわからず・・しばらく想をみつめ1人で泣いたあと

逆の方向へ歩いていきます。

両側に分かれて歩いていったんですよね。

「橋」はドラマや映画などでよく使われる場所で、

立場や考え方が違う人がそれぞれ別の方から来たり、帰ったりする場所だと思います。

このシーンで、紬と想は別の方向へ歩いていったので、少なくともこの時点では

2人は別の世界に生きている、そのままいくと交わることのない人間・・というような描写にみえました。

でも、想は「紬と別の世界を生きていきたい」と想っていたわけではないようですね。

そのあと自分から紬へ連絡していましたし。

 

もともと、湊斗と紬が不動産屋に行く約束をして待ち合わせしてたんですよね。

それで紬がなかなか来ないから湊斗が電話した、ということです。

これ・・内見に行く予定で、本当なら「今回の内見でもう物件を決めるつもり」と紬は弟の光に話してたんですよね。

2人が同棲する家を決めるのが中止になって・・湊斗は相当つらいと思います。

「大丈夫?」と聴く湊斗に、紬は「大丈夫」と答えるんですが

何回も「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせるように言うんですよね。

それを聞いて、その「大丈夫」という一言だけで、湊斗は紬が普通の状態ではないとわかったようでした。

電話が好きと言っている紬が自分からは話し出さず、無言になったりしてますしね・・

そして、こんなに不安定になるのは、想との間で何かがあったのではないか、と湊斗は気づいていると思います。

このあとのシーンで紬に飲み物を差し入れてますが、湊斗は紬の言動を想像して準備して対応してますからね。

湊斗はかなり敏感に、いろんなことを感じ取ることができる人なんでしょう。

 

落ち込んでいる紬に湊斗は「パンダスペース落ちる」で検索して動画みて、と提案します。

紬を元気にさせる方法も湊斗は熟知してるんですね。

なぜ唐突にパンダ??と想った方も多いと思います。

「パンダ」??と想って調べてみたら

「大阪ぱんだ」というお店が、ドラマ「サイレント」で取り扱いグッズを使用してもらっているとツイートされていました。

なるほど、じゃあパンダグッズがドラマで使われているんですねと想って映像を調べてみたら

実はドラマ内のいたるところにパンダが登場していました。

紬を元気づけるためにパンダ・・と湊斗がいったので、紬が好きなのか?と思い、調べてみたら、紬の家にパンダがありました。

でも、それだけじゃなくて湊斗の家にもパンダがある。

そして、フジテレビのネットショップをみてみると

「サイレント」のグッズを販売しているのですが

そこでパンダのペアマスコットが販売されています。

ペアなんですよね。

つまり、2人で持つもの、ということ。

だから、紬と湊斗が2人でパンダのものを持ち合っているということになりますね。

ここからは完全な想像になりますが、

「ペア」でパンダを持つことに意味があるのだとしたら、

2人を結びつけたのがパンダだった、みたいな意味がありそうだなと思いました。

2人で初デートしたのが、上野動物園で、そこでパンダをみた

そして付き合った。

それ以来、パンダを2人で持ち合うようになった、というような。

ネットショップで販売されているパンダのペアマスコットは、今後、紬と湊斗がおそろいで持つことになるのかもしれないですね。

あと、パンダといえば、白と黒の動物ですが

サイレントのロゴも、WEBサイトで使われている色も

基本的にモノトーン系で、ほぼ白・黒とその間のグレーの色だけで構成されています。

このドラマのカラーは「モノトーン」ということで、それを象徴するものとしてパンダが使われているのかもしれないですね。

 

泣いていた想とその想に声をかけた奈々がカフェに来ていました。

このシーンですが、一番気になったのは「無音」であることです。

正確には無音ではなくて、環境音だけが流れています。

環境音というのは空気の音、人が過ごすときに発する音などのことです。

カフェなんで、本来なら店内には音楽が流れていると思うんですが

音楽は一切なし

その静かな場所で、想と奈々は手話で会話するんですよね。

音楽は聞こえないのに、環境音だけ聞こえているので、ちょっと不思議な空間です。

まわりのお客さんの声も聞こえません。

カフェという人が集まる場所にいながら、でも本人たちの耳には声や音楽は聞こえてこないので・・手話で会話している2人の世界が表されているのかな?と感じました。

環境音は・・目でみえる世界から、なんとなく感じられるものなんじゃないかと想像しました。

ちなみに、あとのシーンで紬と湊斗が会話するシーンでも同様に音楽や周囲の人の声が消されているところがありました。

会話を大事にしたい物語だから、見ている人が集中しやすいように、という配慮もあるように思いますね。

奈々はテーブルにもたれかかるようにしており前のめり、

想は背もたれにもたれていて引いています。

これをみると、やっぱり奈々が想のことを想っている、そうみえる構図だなと思いますね。

奈々が「イヤホン買ったことないもん」というセリフを言われるんですが、この一言で、先天的な病気で生まれつき耳が聞こえないんだ、ということが表されていて、すごいなと思いました。

奈々は「イヤホンは返さなくていいんじゃないか」と想に提案するんですよね。おそらくつらそうにしている想のことをおもってだと思いますが・・

想が返さないと・・というのに、奈々はうなずきながら、でもどこか奈々自身がつらそうな表情をしていましたね。

 

20〜30匹のパンダが落ちたところで湊斗が到着しました。

湊斗のやさしさあふれるシーンなんですが、湊斗は無理をしているわけではないんですかね。

たぶん、高校時代、紬のこともサッカーのことも、いろいろ想に負けていた湊斗は、どうしても想に勝たなければいけない、という想いから何でも紬に合わせてあげているんじゃないか、とも思います。

でも・・湊斗はやさしさを押し付けないんですよね・・だからやりたくてやってるように思いますね。

コーヒーとココア、どっちがいい?

と聞いたときに「コンポタ」と答えるのって普通に考えたらいじわるですよね。

せっかくの好意を無駄にするようなことを紬は言ってしまっています。

湊斗のやさしさを素直に受け入れたくないという感じが出ていました。

これは想のことが頭にあるから・・なんですかね。

でも、それを超えてくる湊斗の気遣いがあって、紬が折れて、その湊斗の優しさを受け入れたようにみえました。

ここまでのことをしても、湊斗はやさしさアピールをしないんですよね。

紬はこういう対応をしてしまったことを反省したようにみえました。

コンポタ・・ふたまで湊斗が開けてくれたのに、紬は飲んでませんでしたからね・・

ただ、紬を擁護するとするなら、

もしかしたら過去にも同じようなやり取りがあったのかもしれないですね。

紬が「実はコンポタ派なの」と湊斗に言ったことが。

湊斗の準備が良すぎるので(笑)

それぐらいの過去があったほうが自然なのかな?と思いました。

 

想が紬にイヤホンを返しにきたシーン。

イヤホンを渡したらすぐに立ち去ろうとする想を紬は止めます。

腕を引っ張って止めるのが、橋の上でのこととほぼ同じですよね。

ただ今回違うのは

紬がしっかりと想の方をみて、「待って」と言っていることです。

橋の上の時は腕を引っ張ったあと、早口で「無視することないじゃん!あのあと卒業したあとすっごい心配したんだよ」と言ってたんですけど、これは伝わらなかったと思います。

口の動きをみることでも、言葉って伝わるんですよね。

紬は手話教室に通って、手話を習っただけでなく、こういう方法での言葉の伝え方も学んだのかなと思いました。

「待って」が伝わり、そのあと席を指差して、もう一度想の方をみて「座って」と伝えていました。

 

音声認識アプリを使って会話しようとしますが

どうしようとあわてている紬の声が全部、テキスト化されて、紬はとても恥ずかしがっていました。

これは・・想の頭の中ではきっと、紬の声で再生されているんでしょうね。

「想くん」と言ってくれたあの声を、想はずっと胸に抱いて生きてきたんじゃないでしょうか。

 

ここでの紬は前のめりに座っています。

それに対して想は背もたれに持たれている。

想いは紬から想に対しての一方向、という感じがしますね。

想はさきほどの音声認識アプリを使いこなすなどしているので

これまでにもいろんな人とコミュニケーションをとってきたであろうことは想像できますよね。

心配だったのは、紬をはじめ高校時代の知り合いとは一切縁をきるような形になっていた想が、今も自分の殻にとじこもり、周囲と接することがない人になっていないか、ということでしたが

そんなことはなさそうです。

想は周りを恨むような8年間を過ごしてきたわけではなさそうなことがここからわかる気がします。

紬は、この辺にすんでるの?仕事はなにしてるの?サッカーは続けてるの?耳はどうしたの?というようなことを聞こうと、事前にメモを準備していたんですが、それらは聴けたんでしょうか。

 

紬は想と会った日の夜に湊斗と会ったようです。

服装が同じでした。

その紬をみて湊は「それ、新しいねスカート」と伝えました。

こういう一言をいえる男性って少ないんですよね。

それが言える湊斗はすごく気遣いができる男!というだけでなく、紬のことをよく見ている、ということかとおもいます。

紬は想に会うのに新しいスカートを履いていった、ということを湊斗のセリフで明かすっていうのがすごいですよね。

普通にいけば、紬自身が新しいスカートを選ぶシーンがあってもおかしくないですが、それを湊斗に言わせるというのがすごい。

わざわざ湊斗にそれを言わせるということは、これには意味があることかと思います。

意識してか、無意識かはわかりませんが、紬が想のことを意識しているということは間違いないですね。

 

席についた紬は背もたれにもたれています。

湊斗は前のめり。

さっきの想と一緒のときの紬とは違っていて、せつないですね。。

湊斗は「想、耳聞こえなかったでしょ」と、ちょっとぶっきらぼうな感じで言っていて、ちょっと湊斗らしくない感じだと思いました。

ライスかパンどっちがいい?ライスだよね。と決めつける感じも湊斗らしくない。

ここは・・湊斗が、揺れる心情の中で、ほんの少しだけ紬にいじわるをした、というような感じだったんですかね。

紬から「湊斗も想に会いたいでしょ?」と言われますが「俺はいいかな」と言います。

湊斗は想が紬の元カレだから会いたくない、というわけではないと思います。

そこにわだかまりがあるのだとしたら、想に紬の連絡先を教えたりしないですよね。

湊斗はおそらく、今まで自分に耳のことを話してくれなかったことについて想に怒りがあるのではないかと思います。

なぜ会いにいったときに本当の事を話してくれなかったのか、と。

そして、湊斗は手話教室のチラシを紬にわたすのですが

湊斗には2つの感情が存在していそうです。

1つは単純に、紬のため、想とのやり取りが円滑にできるように、紬のために教えてあげたということ

でももう一つは、想がそこまでして想とコミュニケーションを取ろうとしていくのか試す気持ちです。

湊斗はわるい人ではないと思うのですが、揺れ動く気持ちの中で紬のためにいろんなことをしてあげたいという気持ちもありつつ、紬と想の関係に対する黒い気持ちも抱えているんだと思います。

「紬のため」を究極的に突き詰めていくと・・「想とのことを応援する」に行き着くんですよね。

その結果、紬が想を選ぶ、となれば自分は身を引くしかなくなる・・ということになり、湊斗にはつらい結果を招くかもしれません。

でも、高校時代も、おそらくその頃から紬のことが好きだった湊斗ですが、紬と想を結びつける役割を果たしたのは湊斗で、湊斗自身は身を引いてました。

今は、一度は自分のものになった紬を手放したくない気持ちが強いと思いますが、

でもそれでもやさしい湊斗は紬のためを想った行動もとってしまう・・

湊斗こそ、そんな不安定な状態なのではないでしょうか。

いま、不安定なのは、湊斗ですね。

紬が駅の改札を出て想と出会ったあの日、

本当は、湊斗と不動産の内見に行く日だったんですよね。

本当ならその日に物件を決めて、いよいよ同棲を開始・・となるはずだったのが

おそらくその話は立ち消えになっていそうです。

 

ーーーー

第2話についての考察ですが、ここまでで、まだ真ん中までの内容です。

 

この続きはまた別の動画でお話ししますので

チャンネル登録をして、次の動画をお待ちくださいね。

 

配慮に欠けた表現があった場合は申し訳ありません。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

なぜ紬と湊斗の家にパンダがたくさんあると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼