ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 第3話ネタバレあらすじストーリー!紬が湊斗と付き合うようになったわけ!川口春奈 目黒蓮 SnowMan

ドラマ「サイレント silent」考察解説感想最新

❉YouTube動画↓

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は公開されている第3話のあらすじと

そこから想像されるストーリーの予想についてお話ししていきます。

 

●第3話は湊斗と紬が知り合ったきっかけの話

●紬と想が再会したことに対する湊斗の想い

●想と紬が感じる、耳が聞こえる人・聞こえない人の距離感

 

についての物語が展開していくと予想します。

 

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

それでは早速はじめていきます。

 

公式に公開されている次回予告のあらすじと

その他WEBサイトで公開されている情報に、自分の予想も加えてお話ししていきたいと思います。

 

ーーーー

想と紬が2人で会っていて、これから帰ろうとしているところに湊から電話がかかります。

電話が急にとぎれたので、不思議に思った紬でしたが

その時、想が、離れた場所にいる湊斗に気づいたようでした。

紬は、やましいところがあるわけではないと思っているので

電話に出たんですよね。

また、想も湊斗をみて、とくにあわてた様子はありませんでした。

今の時点では、想は、紬が湊斗と付き合っていることを知らないだけかもしれません。

「紬のことを泣かせない大事な人がいる、今度会って」という話は聞いていますが、それが湊斗だとは聞いていませんでした。

もし紬が湊斗と付き合っていると想は聞いていたとしたら、あわてたんでしょうか?

でも、別に紬に対して何かしたわけでもないので、やっぱり慌てることはなかったんじゃないかと思います。

 

紬は湊斗の方へ駆け寄って、声をかけるのではないでしょうか。

「今、佐倉くんと一緒なんだ。話をしようよ。」

「いこうよ」といって湊斗の腕をひっぱる紬に対して、

その腕を振り切り、湊斗は「いいって!」と拒否します。

湊斗は、紬がまた想と会うということを聞いていなかったんじゃないでしょうか。

だから、自分の知らないタイミングで2人が一緒にいる、というシーンをみて、湊斗はショックを受けるのだと思います。

でも、手話教室のことを紬へ教えてあげたのは湊斗ですからね・・

手話教室へ紬が通っていることは聞いているでしょうし、それは想とコミュニケーションを取るため、というのは当たり前なので、

紬が想と会っていた、ということだけがショックということはないでしょう。

もう一つの感情として、湊斗自身が想と会う心づもりができていない

ということがあるのかなと思いました。

想と湊斗は高校時代、親友だったんだと思いますし、

そんな親友から身体のことを何も聞かされていなかったということが湊斗にとってはショックだったんじゃないでしょうか。

大学時代に一度、湊斗は想に会いにいった、ということも言われてましたしね。

せめてその時に、なぜ教えてくれなかったのか・・

という感情なんでしょう。

 

そして、去っていく湊斗をみて、紬はどう思うんでしょうか。

やっぱり・・湊斗は、自分と想の関係を疑っている

紬が今も想のことが好きで、それを湊斗は許せないんだ・・

というふうに感じて、湊斗へ今の自分の気持ちを説明しなければ・・と思ったんでしょう。

紬の立場からすると、
元カレと2人でいるところを今カレである湊斗にみられているわけで

まずは湊斗のフォローをしなければ・・と思ったんでしょうね。

現時点では紬にはやましい気持ちはないと思います。

ただ、今後、紬の手話が上達して、もっと想とコミュニケーションが取れるようになってきたら・・紬にはやっぱり想のことを思う気持ちが再燃してしまう可能性はありそうですよね。

紬も、湊斗と想が親友同士だったことはわかっているとは思いますが

湊斗の想に対する思いを、紬はよく理解できていない気がしますね。

湊斗は紬に対して何かを思っているというよりは、想に対して「なぜ隠してたんだ」という気持ちが強いのではないか?と想像します。

 

紬は湊斗へいいます

わたし、みなとのこと大好きなんだよね

いまはもう、佐倉君のこと、高校の同級生としか思ってない

これはもしかしたら、湊斗へ言う言葉ではなく、紬が自分の気持ちをたしかめるように、同級生の真子に伝えているのかもしれません

湊斗は紬のこの言葉を聞いて、安心できるわけではないと思いますが

紬のことを信じようと思えるのではないでしょうか。

 

紬と湊斗が恋人関係になった頃のことが明らかになるようです。

紬と湊斗が再会したのは、高校の同窓会だった、ということは明かされていました。

同窓会からどれくらいの期間が経って付き合い始めたのかについてはわからないですが、湊が紬の恋人になって3年が経つとのこと。

3年というと・・ちょうど、想の耳が完全に聞こえなくなった頃ですね・・

そして、紬が持つ、想からもらったイヤホンが聞こえなくなった頃です。

想との思い出のものが使えなくなったことで、紬は一旦、気持ちを整理したのかもしれません。

そして、湊斗と付き合い始めた。

紬が湊斗と付き合い始めたことは、想への気持ちを整理したこととともに、

その頃、紬が悩んでいたことに湊斗が寄り添い、支えてくれたからと思われます。

 

紬は、今はCDショップでアルバイトをして正社員にならないか、と誘われていますが

もともとは地元の短大を卒業後に「就職」で上京したそうです。

正社員で働いていた紬でしたが、その会社はうまくいかずに退社した、という過去があります。

湊斗と出会った頃の紬は、就職した会社で奮闘していた頃で

その頃の紬は、「周囲の期待に合わせ、自分を追い込んでいた」のだとか。

最終的にその会社を紬はやめることになるので、おそらく精神的に追い込まれ、つらい日々を送っていたのではないでしょうか。

その時に送別会で再会した湊斗が、紬を支えてくれた、

結果的に会社はやめることになりますが、紬は自分のために寄り添ってくれた湊斗のことを信頼し、そして恋心を抱くようになったのだと思います。

湊斗は不安定だった頃の紬のことを知っている

だから、「想の耳のことを伝えたら紬が不安定になる」と思って言えなかったんですよね。

でも、今の紬は、湊斗と一緒にいるから、安定した状態で想の話を聴けたのだと思います。

 

想のことや、会社のことで精神的に病んでいる状態の紬のことをずっと紬の側でみていたのが

紬の弟である光だと思います。

お父さんをはやくになくし、お母さんは働き詰めだった状態で、母のように接してくれた紬のことを、光はとても大事に思っています。

湊斗くんと結婚してほしい、姉ちゃんに幸せになってほしい

俺、結構本気でいいと思うんだよねー姉ちゃんと湊斗くん

ちなみに、光は、地元にいたころから湊斗にはなついていたそうです。

 

想のことを思っていた頃、短大での紬、会社に入ってからの紬は、

会社のこともあってとても不安定だったのではないでしょうか。

でも、湊斗と付き合ってからの紬はとても安定している、少なくとも、弟である光からみたら、紬はとても幸せそうに見えているのだと思います。

光にとって想は「わるい人」だと思います。

愛する姉に、酷いフリ方をした人、そういう認識なんじゃないでしょうか。

そしてさらに、想は今、耳が聞こえない、ということを聞いてしまい、

姉の幸せを願う光は、今になって紬とあらためて交流し始める想のことが許せなくて・・

そして、想の妹、萌に電話するんだと思います。

「佐倉想くん、どういうつもり?姉ちゃんたちの邪魔しないでって言っといて」

 

その連絡を受けた萌は、それを母・律子へ伝えます。

お兄ちゃん、最近、紬ちゃんと会ってるらしいよ

紬のことは想の家族はみんな認識してるってことですね。

もしかしたら・・想からの連絡で別れたあとに、紬が想の実家を訪ねたことがあったりしたのかもしれません。

 

萌から聞いた律子は、どう行動するんでしょうか。

律子は、まさか想が紬と会うことになっているとは思っていないでしょうから、

想に対して、何らかの行動を取るかもしれないですね。

 

想は奈々と一緒にいるときに

紬は春尾から手話レッスンを受ける中で、

 

聞こえる人と聞こえない人の間の距離感を感じるそうです。

どうしても埋まらない壁、のようなものを感じるんですかね。

「ろう者同士の方が幸せってことですかね」という春尾の言葉が予告にありました。

 

ある日、想があることのために紬の家に向かうようです。

 

そこにいたのは・・湊斗です。

 

想と再会した湊斗は、感じていたことをぶつけるようです。

なんで俺に言ってくれなかったの?わかってるけど!

わかってる・・とは何をわかってるんでしょうか。

 

想がわかっていること。

それは、湊斗も紬のことを好きだ、ということではないですかね。

高校時代は湊斗が自分の気持ちをおさえて、紬と想の二人を結びつけていましたが

実は湊斗も紬のことが好きだと、想も知ってたんじゃないでしょうか。

 

想は湊斗に、紬のことをあげる、と言ったそうですが

こんなことを誰にでも言うわけがありません。

これはあくまで、湊斗だから、紬は湊斗と結ばれればきっと幸せになると思ってのことだったのではないでしょうか。

湊斗は泣きながら思ってることを一方的に想にぶつけるのだと思います。

想は、久しぶりにあった湊斗がどういうことを言っているかある程度想像はできると思いますが

でも、聞こえていないのだとしたら、想には湊斗の言いたいことが正確にはわからないのだと思います。

ここでもやはり、想が「住んでいる世界が違う」と感じてしまうのかもしれないですね。

 

紬は

わたし、湊斗のこと大好きなんだよね。

いまはもう、佐倉君のこと同級生としか思ってない

と言ってました。

すでに湊斗と紬は3年も付き合ってるんですよね。

想と付き合ってたのはほんの短い期間だと思います。

だから今でも「佐倉くん」なんですよね。

そして、想の方も、おそらく奈々とはかなり前から知り合いで、奈々の方は想に想いを寄せているような間柄だと思います。

想は奈々と過ごした時間の方が紬よりもきっと多い。

実は想と紬の本人たち同士は、周りが思っているほど、「恋愛感情が再燃」という状態ではないんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか。

想と紬が再会してコミュニケーションを取る中で、その二人の周囲の人たちが変わっていく・・そういう物語になっていきそうな予感がしています。

 

ーーーー

今回は、第3話のストーリーについて話しました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

篠原涼子さん演じる律子にはどんな背景があると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼