ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 紬の告白は想に聞こえていた証拠!第3話 第4話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

ドラマ「サイレント silent」考察解説最新感想

❉YouTube動画↓

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

動画でご覧ください

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、「耳が聞こえないフリをする想」についての話をしていきます。

過去のシーンで重ねて表現されているところについて詳しくお話ししますので、最後までお付き合いください。

 

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

それでは早速はじめていきます。

 

ーーーー

湊斗と想が、紬の家で対面して

湊斗は自分の気持ちを想に直接ぶつけていました。

その言葉も、声に出したものは想に届いていないことがわかって

湊斗は紬の家を飛び出しました。

その時思い出したのが・・昔のやり取り。

高校生のころ。

帰り道で想をみかけた湊斗が「想!」と呼びかけますが

想は気づきません。

実はよくみると、想は無視しているように見えて

あえて口を真一文字に結び、初めから笑いをこらえるような仕草をしています。

そのまま、湊斗が呼ぶのを無視してそのまま向こうへ歩いていってしまう想に湊斗は

「ちょっと!無視すんなよ!」といって、もう一度「想!」と呼んだところ

想が振り返るんですよね。

その時想は、満面の笑みでした。

つまり、初めから湊斗をだますつもりで、ふざけて「聞こえないフリ」をしていたんですよね。

そして湊斗が駆け寄り、想に何かを言ってました。

「もう!びっくりしたじゃないか」とか言ってるんですよね。

 

湊斗からしたら、今回、うしろから呼びかけた時も

あの時と同じ、高校時代にふざけあっていたあの時と同じだったらどれだけいいか

と思ったんだと思います。

想と対面するまでは、想の病気を湊斗は信じないようにしていて

高校時代のあの時と同じだ、と思い込むようにしていたのかなと。

でも、本当はそうじゃなく、

湊斗は想の病気の現実を受け入れなくてはいけない状況になりました。

かなり切ないシーンでしたよね。

湊斗は「想に紬を取られてしまう」という気持ちよりも

想の耳のことを受け入れること、それを聞かされていなかったことがつらかったということがわかりました。

 

紬も勘違いしてたんですよね。

湊斗が自分と想の関係に嫉妬しているんだ、湊斗は紬のことを信用していないんだ、と

紬は思っていたみたいです。

でも、そうじゃなくて

紬は、湊斗と想の関係を完全には理解できていなかったんですよね。

湊斗と想の関係を。

紬はここで初めて、湊斗と想の関係を理解したと思うので

これまで湊斗が取っていた色々な行動も、ここでようやく理解できてくるんだろうなと思います。

紬が鈍感すぎる!といって、一部で批判されている話を聴いたのですが

紬の立場からすれば、これはしかたないことのような気が僕はしますね。

まさか湊斗がそこまで想のことをおもっていたとは、想像できなかったと思います。

 

さて、

この、高校時代に想が湊斗の声を聞こえないフリをしたシーンをみて

思い出したシーンがありました。

 

それがこのシーンです。

前を歩く想を走って追いかけた紬が、想においついて

よこについた瞬間

好きです、付き合ってください

と言ったところです。

このとき想は、ん??なに??

と言いますが

紬はごまかして「何聴いてんの?」って言ったの。と返します。

意を決して告白したのにそれが聞こえてなくて恥ずかしくなったのだと思います。

そしてスピッツの魔法のコトバの話しをして・・

そうして歩いていたら、想が唐突に「青羽」と話しかけ

そして、「好き。付き合って」と言います。

 

これ、かなり突然ですよね。

紬はビックリするでしょう。

なぜなら、自分が言った言葉は聞こえてなかったのに、同じことを相手から言ってもらえたので。

たぶん・・運命を感じますよね。

同じタイミングで、同じことを考えてて、しかも、ほぼ同じ言葉で告白してる。

 

想は「言葉」という作文を書いていた人で、とにかく「言葉」を大事にしたい人だと思います。

同じ言葉でも、誰が言うかで意味が変わってくることもあります。

「好きです。付き合ってください」という言葉は絶対に自分から紬へ伝えたい言葉だったということ。

だから、とにかく自分から言いたかったんですよね。

 

そう思っていたところ、紬から先に言われてしまった

というのがこのシーンだったんではないでしょうか。

だから、ここは「聞こえなかった」のではないと思います。

想は

「聞こえないフリ」をしたのだと思います。

紬からの唐突の告白に驚いたものの、これは自分が言うべきことだと思い、

一度聞こえないフリをして、

そして、そのあと自分から告白したんでしょう。

 

そう確信できるのは、第3話でこのシーンが出てきたからですね・・

湊斗が想に呼びかけるも聞こえてない・・というフリをするシーン

このシーンがあるからこそ

紬が想に告白したシーンも

あれは本当に聞こえていなかったのではなく、「聞こえないフリをした」んだな〜と想像させてくれます。

このサイレントというドラマは、シーン1つ1つが見事につながっていて

無駄なシーンは1つも無いように思いますね。

このように「重ねられる」というか、同じようなシーンを作ることで意味をもたせるようなところもかなりたくさんあるように思います。

 

この、想の「聞こえないフリ」のシーンは、高校時代の素敵な思い出ですよね。

紬との告白のところも、湊斗との帰り道も。

それがその後、想は本当に耳が聞こえなくなってしまうという・・

耳が聞こえなくなったというだけでもかなりの衝撃があることですが

そこに過去の思い出も重なることで、よりつらい状況になっているように感じます。

過去のシーンはたびたび登場しますし、これからは湊斗と想の高校時代の関係がもっと描かれますかね?

ここからは湊斗と想が今も親友であると思えるような、

もっと素敵な思い出の話をみることを期待したいなと思ってしまいますね・・

 

ーーーー

今回は、耳が聞こえないフリをする想について話しました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

想に紬の告白は聞こえていたと思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼