ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

silent サイレント ドラマ感想考察最新 なぜ光は電話で湊斗に怒ったのか?紬の弟を考察! 第4話 第5話 川口春奈 目黒蓮 SnowMan

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、紬の弟・光について考察したいと思います。

この動画をみると、光がどういう人物で何を考えているか理解できるようになります。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

まず、紬の弟・光がどういう人物なのかを確認しておきたいと思います。

公式WEBサイトの人物紹介でこのように書かれています。読み上げていきます。

「紬と東京で一緒に暮らしている6歳下の弟・光(ひかる)。

光にとっては物心つく前に父が亡くなったため、父の記憶はほとんどなく、働きづめだった母の代わりに面倒を見てくれていた姉が大好きで、ゆくゆくは結婚して幸せになってほしいと願っています。

そんな光は、群馬から東京に出たくて都内の大学に進学。

現在は姉と一緒にアパートで2人暮らしをしながら学校に通っています。

紬が今付き合っている恋人・戸川湊斗(鈴鹿央士)に、地元にいるころから懐いていて、いつかは紬と結婚してほしいと思っています。

時に思ったことを口にしてしまうことも多いのですが、これまで自分のことを大事にしてきてくれた姉のことを思う優しさも持ち合わせています。」

大事なのは、とにかく姉・紬のことが大好きということ

そして湊斗のことは地元にいるころ、紬と付き合う前から知っていて、なついていた、ということでしょう。

光にとっては湊斗は、本当に兄のような存在、ということなんだろうと思います。

頼れる優しいお兄さんがわりの湊斗が、本当にお兄さんになってくれること

それが光にとって嬉しくて、またそれが紬の幸せにもなると信じているんだと思います。

想に振られてかなり落ち込んでいた時期の紬も、もしかしたら仕事で疲弊していた時の紬も観ていた光は、

今の紬が最も幸せそうに見えているからこそ、湊斗が相手であることが一番紬を幸せにできると信じているんじゃないでしょうか。

 

それでは、湊との電話を振り返るのですが

まず注目したいのは、この時の電話は、光からかけている、ということです。

光が「あ、湊斗くん?」と言ったあと、湊斗が「どうした?」と言ってました。

これ、このあとの会話内容を聴けばわかるんですが、

光にはたいした用はなさそうだったんですよね。

それなのに湊斗に電話をしているので、それぐらい仲がいいし、光にとっては他愛もない話をしたい相手ってことですよね。

普通は姉の彼氏にそんな感情を抱くことはないと思いますが、光の場合は紬は関係なく元々湊斗と仲が良かったから、こういう関係になっているんでしょうね。

それとともに、もしかしたらですが

紬の元カレ・想が現れたことを光も知っているので、

湊斗と紬が仲良くやっているか確認したくて電話したのかもしれません。

紬は寝ていて、「みなとー」と寝言を言っていましたが(笑)

 

紬はちょっと借りるんだけど

と湊斗が光に言います。

「借りるって?」と光は聞いていて、この時点ですでに湊斗がおかしいことを言おうとしていることに少し気付いている気がします。

なんで光に許可を得るような言い方をするんだろう?と思ったのではないでしょうか。

そして「通訳おねがいするだけ」と湊斗から言われて、

光の手元が映ります。

お菓子を握るのですが、たぶん手にチカラが入っています。

これは、これから湊斗から言われそうなことに対して防御反応が起こっているんですよね。

身を守ろうとする意識から手にチカラが入っている。

想のことを言われるということがすでにわかってるんですよね、紬へ通訳をお願いするということは手話の話しだろうと。

 

光も手話覚えれば?

と言われた光は記憶力しぬほどわるいしと最初は軽口を叩くのですが

そのあと

「なんでそんなこと言うの・・なんで手話おぼえろとか言うの・・?」

と光は言い、

それを聞いた湊斗は何も答えられずに、電話機をおいてしまうんですよね。

手話を覚えろというのは想とコミュニケーションを取れるようにしろ、ということ。

光と想は何の関係もないはずなのに、なぜ手話を覚えろと湊斗が言うのか・・?

と光が考えると、その答えは、

これから光は、想と関わることになるだろうから

ということ

つまり、紬が想と関係するようになるよ、そして俺は紬と別れることになりそう・・と湊斗が言ってるんですよね。

そのことに光は「手話を覚えれば?」の湊斗の一言だけで気付いてしまったんですよね。

だから「なんでそんなこと言うの?」と言い返したんだと思います。

光は湊斗と紬には絶対に別れてほしくない。

湊斗から紬と別れようとしている話しなんて聴きたくない、そういうことですよね。

 

湊斗はかなり慎重に、遠回しに言ったつもりだったと思います。

「手話を覚えれば」

でもその真意を光に気づかれてしまい、何も言えませんでした。

湊斗がこう言うのは想のためのようにも思えますが

やっぱり紬のためなんですよね。

光のことを紬は、弟でありながら自分の子のようにかわいがってきているので

もし紬が想と関係するのであれば光とも仲良くなってもらいたい。

また、これから手話を使うことが多くなる紬の気持ちに対し、光には紬に寄り添って紬を支えてほしいという気持ちもあるでしょう。

電話のとき、光は群馬の実家にいると言っていました。

もし東京にいたら・・紬に、光から何かが伝わってしまっていたかもしれないですよね。。

だから光は、群馬にいる設定だったんですね。

ちなみに、「なんでそんなこというの?」と湊斗へいったあとキッチンに立ち尽くしている光のうしろで、水道の蛇口から水がポタポタ落ちている音が響いていました。

このドラマで静かなシーンで聞こえてくる音には何らかの意味がこめられていると思います。

このポタポタという音は、湊斗の感情があふれて光にも伝わってしまうことを表しているんでしょうか。

 

光はじゃあいけずな人間かというと決してそうではないと思います。

想とコンビニで会って、ビールを返されたとき

光はわざわざ想を呼び止めていました。

呼び止める必要なんてないんですよね。

別に渡されたビールを全部もらって帰れば良かったのに、なぜか光は想を呼び止めていました。

そして1本返すんですよね。

この時に、たぶん冷えているビールの缶を想の頬にぴったりとくっつけるんですが

これ、光の「冷たい」気持ちを表しているようで、でも実は想へのお礼・・湊斗と話してくれたこと、立ち去ろうとした時に光が止めたらちゃんと待ってくれたことへのお礼の気持ちの「あたたかい気持ち」でもあり

これって、official髭男dismが歌う主題歌「サブタイトル」の歌詞を思い出させてくれるんですよね。

「きっと君にわたしたいものはもっと、ひんやりあついもの」

きっとあれは、あたたかい気持ちだったのだと思います。

 

光は高校時代から湊斗になついていたそうなので、紬の彼氏だから関わっているわけじゃないと思います。

でも、湊斗は、光が自分に関わってくれるのは、紬の彼氏だからと思ってしまっているんじゃないでしょうか。

だから次に彼氏になる・・かもしれない想とコミュニケーションを取るために手話が必要だと湊斗は光に忠告したのかもしれません。

でも、光は湊斗が好きだから積極的に関わっていたんですよね。姉の彼氏だから、ではない。

姉の彼氏に積極的に関わる理由は普通は無いと思います。

湊斗は優しさのつもりで光へ手話のことを伝えたのかもしれないですが

これはお節介でしかないですよね。

湊斗は優しさのベクトルを間違ってしまう時があるようです。

今回、紬へ一方的に別れを告げたのもそうですよね。

 

このあと、身を引くことを決めて、陰として生きていこうとしている湊斗へ寄り添うのが紬であってほしい、と願うのですが

でも、これまで湊斗へ一番寄り添っていたのは光かもしれません。

ですので、これからも寄り添うのは光で、光の行動によって湊斗が救われる、という展開があるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

 

最後に豆知識ですが

光の役を演じている板垣李光人(りひと)さんですが

名前の「李光人(りひと)」がかなり特徴的ですよね。

Wikipediaをみたところ、

この「りひと」という名前の由来はドイツ語なんだそうで

実は「りひと」は日本語で「光」を表すそうです。

ですので・・公式に言われてはいないですが

この紬の弟・光という役名は、板垣さんから取られたのかもしれないですね。

弟キャラとしてかわいく支えてあげたい雰囲気も出しつつ

姉のことを守りたいという強さも感じる、光という役をとても魅力的に演じられていますよね。

板垣りひとさんの演技も素晴らしいと思っています。

 

ーーーー

今回は、紬の弟・光についてお話ししました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

湊斗はどうやったら救われると思いますか?

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼