ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 奈々の嘘が字幕表示で判明!想の嘘も字幕でわかった! 第6話 第7話

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、第7話の次回予告で奈々が手話をしていた「振らなくていいよ」について考察します。

この動画をみていただくと、ドラマ・サイレントで使われている字幕の秘密を知っていただくことができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第6話は、奈々が主人公と言えるような話だったと思います。

想の過去が描かれつつ、そこに寄り添う奈々のことが描かれてましたよね。

そして、奈々が想に惹かれていくところも描かれていて

それは奈々が本気になってもしかたないよな・・と思うところがたくさんありました。

第5話までだと、奈々は紬と想の恋を邪魔する人・・というようなイメージでみえていましたが、奈々には奈々の物語があって、単なる邪魔者ではない、意地悪な人ではないとわかって、

むしろ、その奈々を振り回す形になってしまった想のことを観ている人はみんな、罪作りな人だ・・と思ったんじゃないですかね・・

本当に奈々がかわいそうだ・・と。

思い返すと、就職セミナーで奈々と想が話したときって、奈々から話しかけてるんですよね。

この時はまだ、奈々は想のことをよく知らなかったので、奈々が想に声をかけたのは本当に心配だったから、だと思います。

エレベータでたまたま出会った人が、セミナー終わったときにポツンと1人でいて、寂しそうにしている・・

エレベータで会ったとき、想は手話が理解できてなくて筆談しかできない、と奈々はわかっていたので、きっと想はまだ、耳が聴こえなくなる状態になって日が浅いんだ、と奈々はわかっていたと思います。

だからその時点できっと想のことが気になっていたと思うんですが

そんな想がセミナーが終わったときも一人でいて、そして誰かを求めるような表情をしていたから近づいたんですよね。

そう考えると、奈々はとても気遣いができて、優しい人なんだなということがわかりますよね。

たぶん最初から恋愛感情で近づいたわけではなかった。

そんな奈々へ恋愛感情を与えてしまったのは、想のふとした一言だったと思います。

 

奈々にだけ伝わればいいから

これを聞いた奈々は・・

このひとには私がついてあげていないとダメだ

と思ったと思います。

いや、100人聞いたら、100人がそう思うんじゃないですかね。

そしてそれを言っている男性が、あのビジュアルの男性ですから。

そりゃ、好きにもなりますよね。

ここで思い出す言葉が、想の母・律子が言っていた言葉です。

「誰のせいでもないことが一番やっかいなの」

これはこういうシーンのことを言った言葉ではないかもしれないんですが・・僕は思い返してしまいましたね。

想はきっと、悪気があって・・というか、

奈々に好きになってもらおうと思って言った言葉じゃないと思うんですよね。

「奈々にだけ伝わればいいから」

でも、それは聞く側に立って考えてみたら、ほぼ違う意味でとらえられる言葉でした。

奈々にだけ伝わればいいから

という言葉を言った方がわるいのか、それともそれを聞いて本気にしてしまった方がわるいのか

どちらも悪くないと思うんですよね。

だから、誰のせいでもない

誰のせいでもないことが一番やっかい なんですよね。

こうなってしまったら、解決のしようがないんですよね。

どちらかが悪ければ、悪くない方は納得することができると思うんですが

そうじゃないから、解決できないんだと思います。

 

思い返すと、紬と湊斗の別れもそうだったなと。

どっちかがわるいのか・・?と言われると、きっとそうじゃないと思います。

お互いに嫌いになったり、相手がわるいと言ったりするわけではない。

なのに別れることになった。

その別れ方はというと・・

それは、湊斗が自ら身を引く・・というものでした。

相手に主張ができないし前には出られないですよね、引くしかないんだと思います。

 

奈々も・・このあとどうなるか、というと、

おそらく自ら身を引く、という選択をするしかないんだと思います。

奈々の場合は、交際していたわけでも、

告白したわけでもないんですけどね。

でも、奈々自身は自分が想のことを好きで、好きだからこそ憎まれ口のようなことを想に伝えてしまったりしてることを自覚してますし、

そして、想の方も「気づかないフリ」をしていただけで、きっと奈々の気持ちには気付いていたんですよね。

だって、2人で頻繁に食事にいったり、映画を見に行ったりする仲ですからね。

単なる友達という以上の気持ちを持っているということを、考えないはずはないと思います。

 

想がどういう気持ちだったのかは実はハッキリわかりません。

でも、ぼくは想も、奈々のことを好きだったと思います。

自分を助けてくれた人だし、自分の気持ちを唯一理解して、聞いてくれる人。

そして、想には奈々しかいなかったんですよね。

だから好きになって当然です。

でも、きっと、高校時代の知り合いとの関係をすべて断って生きてきた想は

また新たな、明確なきずなを作ることが怖かったんじゃないかと思っています。

だから、奈々に対して、一歩踏み込むことはしなかった。

好きだったが、それ以上は行動できなかった、そういうことなんじゃないかと思いました。

そうしていたら、紬や湊斗と再会することになり、想はなくした絆を取り戻し始めた。

そして想はまた新たに踏み出そうと思えるようになったんだと思います。

その時に、まず関係を築きたいと思ったのが

自分の意思と反して別れることになってしまっていた紬だった、ということなんでしょう。

奈々と想だって、タイミングが違ったら、きっと結ばれていたんじゃないか、という気がします。

 

さて、第7話も、もう少し奈々のことが描かれるようですが

第7話の次回予告の奈々で、気になるシーンがありました。

それがこちらです。

「大丈夫」

「振らなくていいよ」

「好きなフリしてた」

と、奈々が想へ手話をしていたシーンです。

このシーン、もしそのままの意味でとらえてしまうと

奈々は実は想のことがそこまで好きなわけではなかったけど

好きなフリをしてた、ゴメン。

だから、わざわざ私を振るようなことを言わなくていいんだよ。

というような意味に感じてしまいます。

まあ、例えばですが

奈々が昔付き合っていた人のことが忘れられず・・本当はその人のことを思っていたのに、想のことを好きなフリをしてた、とか。

例えば、その「昔付き合っていた人」が春尾先生だったりしたら

このあとのストーリーにもつながりそう・・と思ってしまうんですが

ここまで、奈々が別の人を好きだと感じるような描写はなかったですよね。

そして、一番重要なのは一人称の描写です。

奈々が1人で考えていること。

想に会う前にリュックのチャックをわざと開ける行動をしていたこと。

これは明らかに、想に対して想いがあるからやる行動でしたし

そして、奈々は夢の中で、想との理想のデートを想い浮かべていました。

電話で話しながら待ち合わせして、お気に入りの手提げカバンを持ち、もう片方の手をつないで歩く

そんなことを思い浮かべているので、

奈々は想のことが好き、以外には考えられないんですよね。

だから、このシーンの奈々は明らかに、

想に対して嘘を言っているように思います。

でも、これは僕が思う、というだけではなくて、おそらく嘘が確定だと思います。

その理由が、字幕にありました。

 

第7話の次回予告で、このシーンをよーく見てみて下さい。

YouTubeで公開されている第7話の次回予告です。

これ、僕の勘違いでなければですが

「好きなふりしてた」の字幕の表示の仕方が、他の時とは違うんです。

この「好きなふりしてた」の字幕についてはフェードインするんです。

つまりじわじわ表示される方法になっています。

他のところの字幕表示をみると、基本的にはパッと表示されるようになっているんです。

手話ごとに、パッパッと字幕が表示されるんですが

この「好きなふりしてた」のところの字幕だけはじわっとフェードインするんです。

これは、この言葉特別な意味を持つことを表していると思います。

僕の見間違いでなければ・・おそらく字幕表示が違っていると思います。ぜひ確認してみてください。

YouTubeで公開されている次回予告です。

 

では、どういう意味を持っているか、ですが・・

実は同じような表示のされ方をしたところがありました。

それは第1話です。

紬と想が再会したシーンです。

ここで、想は紬に対して一方的に手話で語りかけます。

手話については字幕で表示されるんですが、

ここで1つだけ表示方法が違う言葉が出てきます。

それがこちらです。

「忘れてほしかった」

嫌われたかった、と言ったあとなんです。

嫌われたいとは思ったんでしょう、そうすることで紬を傷つけたくない、と。

でもそのあとの「忘れてほしかった」については、きっと本心ではないんだと思います。

忘れてほしくはなかったんですよね、本当は。

だから、これは想は、本心ではないこと、つまり嘘を言っているということになると思います。

 

だから、このシーンの奈々も

おそらく「好きなフリしてた」は嘘なんですよね。

本心ではないことを言っている

そういうことを、実は字幕の表示方法で伝えているんじゃないか?と思いました。

ちなみに、このシーンの字幕ですが、

YouTubeの第7話予告映像ではおそらくフェードインで表示されていますが

TVerの第6話放送の最後に入っている予告ではフェードインになっていなかったように思います。

これはあえて変えたのか、それともTVerの方は15秒しかないから時間の関係で・・なのかはわかりません。

YouTubeの次回予告は30秒あるんですよね。

ちなみに、次回予告はTVer15秒バージョンとYouTube30秒バージョンで微妙に違っていて、例えば、奈々と春尾先生が出くわすシーンはTVerの方にはありますが、YouTubeの方にはありません。

何か意図があって、使い分けている可能性がありそうですよね。

 

ーーーー

ということで、

最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

 

なるほど!と思うところが少しでもあった方は、高評価ボタンを押していただけると

今後の動画作りの参考になります。

 

動画の感想や、ご自身の考察、

ドラマ自体の感想などどんなことでも大丈夫です。

 

コメントをお待ちしています。
コメントは出来る限り返信しますので、
書き込みよろしくお願いします。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼