ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 第9話のあらすじネタバレ!想が律子に頼んでいたことは何か?

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

今回は、公開されている第9話のあらすじをご紹介したいと思います。

この動画をみていただくと、第9話の内容を先取りすることができます。

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

第9話について、今回は第8話の放送直後に映像の次回予告が公開されていました。

映像の次回予告についてはまたあらためて考えていきたいと思います。

サイレント公式WEBサイトの「ストーリー」というところを見ようとしても、この動画作成時点では第9話のストーリーは公開されていませんでした。

もしかしたら第8話の時と同様に、放送の直前に公開されることになるのかもしれないですね。

ただ、同じく、公式が情報を出していると思われるテレビ情報関連のWEBサイトでは、サイレント第9話のあらすじが公開されているところがありましたので

その内容をお伝えしながら、第9話がどんな物語になりそうなのか考えていきたいと思います。

 

映像の次回予告の方をみると・・第9話はかなりつらい話になりそうな予感がありますよね。

第8話の最後で、想が実家へ帰っているシーンがありましたが

次回予告の映像では、想と律子、佐倉家の過去の回想シーンが流れていました。

おそらく想が聴力をどんどん失っていっている頃の話のようでした。

これは、実家に帰った想が、律子とその頃の話をする・・という流れになるんでしょうか。

想が実家へ帰ったのは紬の影響ですよね。

実家からたくさんのお土産をもたされて帰ってきた紬から

そのお土産のお母さんが作ったご飯を一緒に食べさせてもらったこと、

お母さんがどんな想いでいるのかということを想は聞き、

萌からも「お母さんが顔みたいって言ってたよ」と言われていたことを思い出して

想は帰省することを決めたんだと思います。

では、ここから、第9話のあらすじをお話して、それと合わせてぼくが考えることもお話ししていければと思います。

 

 

(1)かつて病気を理由に紬(川口春奈)との別れを決意した頃、想(目黒蓮)は律子(篠原涼子)に耳のことを周囲に言わないよう頼んでいた。

 

ここですが、けっこうみんなが想像していたのと違うかもしれませんよね。

想の耳のことを周囲へ言わないようにしていたのは、母・律子の考えなんじゃないか、という想像をされていた方も多かったんじゃないかと思いますが

これは想の考えだったことが明らかになりました。

となると、やっぱり、律子自身には隠したいことはなさそうだな、という印象ですよね。

紬との別れを決意したのも、高校の同級生との関係を断ったのも、全て想の考えだったのかもしれません。

紬と別れたのは、紬が自分以上に想の耳のことで悲しむことになるんじゃないか、と考えたことが理由のように思いますが、

もしかしたらその頃の想はこれからの人生に絶望していて

とにかく人と会いたくないという思いもあったんでしょうか。

耳のことが周囲の人に知れてしまうと、自分から近づかなくても、もしかしたら逆に近づいてくる人もいるかもしれない。

紬もそうですし、湊斗だって、もし事実を知ってしまったら想に近づいてきてしまうかもしれない。

それを思うとつらくて、それから逃げたくて、とにかく関係を断つために律子へもお願いして、家族から周囲へ知れることがないようにお願いしたということだったんですかね。

律子は想からのお願いでそのように対応したので、それ以降もずっと想のためにそれを守り続けていたのかもしれません。

想はたまたま紬と再会することになり、そしてその後、紬や湊斗と触れ合う中で少しずつ元の自分を取り戻してきたように思いますが

その様子を母・律子は観ていないんですよね。

想は実家に帰っていないので、律子の中では以前の想のままの印象で止まっているのかもしれません。

 

(2)耳が次第に聞こえなくなっていく現実に、想も家族もぶつかり続けてきた8年。

 

たぶん、高校を卒業して、紬と別れ、高校の同級生と縁を切ったあとも

想は大学でつらい思いをして、その後、社会人になったあともきっとつらいことがあったと想像できるんですよね。

何度か仕事を変わって、やっと今の「人とあまり関わらない」仕事についたと言われていたので、ずっと心おだやかに生きてくることができなかったんだと思われます。

想は大学に入る時から上京したということではありましたが

3年前に完全に聞こえなくなったときなど、きっと節目、節目で家族のサポートを受けながら生きてきたと思うんですよね。

また、別の動画でお話ししたいと思っていますが、姉の華が息子を産んだのが2年前ということで、遺伝的なことを心配していたような華とのやり取りも、きっと会ったと思います。

姉の華が、自分の子に対する遺伝的な心配をしていたのでは、という話を僕は以前の動画でもお話していたのですが、お話ししていたとおりの展開とは言え、かなりつらい気持ちになりますよね・・。

第9話でこの話が出るようですね。

萌は想の病気がわかってから他の家族よりも早く手話の勉強を始めていたんですよね。きっと他の家族は病気をずっと受け入れられなかったと思うんですが、萌は早くに受け入れて、完全に聞こえなくなってしまってからのことを考えて行動していたということだと思います。

もし8年前から手話を勉強していたら小学校6年生ぐらいから勉強していたことになるんですよね。

だから家族の誰よりも手話がうまい。

萌が他の家族へ手話を教えるような形になったんじゃないでしょうか。

という風に、想がつらい思いをし、それを思って家族もつらくなる

想だけでなく、家族もあらゆることと戦ってきた8年間、ということだったみたいですね。

 

(3)そして現在。実家に帰省中、湊斗(鈴鹿央士)と会っている想の姿を見た律子は…。

 

この内容だと、実家に帰省した想は、実家の方で湊斗と会うことになるんですかね。

律子が湊斗と会っている想の様子を見かけるようです。

ここで律子がどんなことを思うか、ですね・・

わるい方で考えると、湊斗に対し、萌をだますような形で想の連絡先をしった湊斗のことを律子が責める、そして想と関わらないでほしいと湊斗に言う、ということが考えられるんですが

できれば良い方で考えたいですよね。。

湊斗と会っている想は、昔の想に戻ったようになっていた。

この8年間律子が思っていた想とは違う、

そう感じた律子が考えをあらためる

自分が良いと思うことを想にしてほしいと思うのではなく

想にとって一番良いことを考えて、応援してあげる

そんな律子へ変わるきっかけになると嬉しいですね。

紬は少し前に帰省して、もう東京へ戻っているので、

このタイミングで紬は律子にはまだ会わないってことですよね。

紬のお母さんは、紬と想が付き合うことは紬の好きなようにしたらいい、というスタンスでしたが・・

律子に関して言えば、想の姉の華が、子供への遺伝的な影響を気にしていた、ということがあったので

やっぱり想が女性と交際することには敏感にならざるを得ないとは思います。

湊斗の友達関係は認めても、紬との交際を認めるにはさらに高いハードルがありそうな気がしますよね。

佐倉家についてはまた別の動画で考察できればと思っています。

 

ーーーー

今回はここまでとしたいと思います。

 

サイレントの第8話の視聴率が7.9%だったそうです。

第5話・第6話も7.9%で、第7話は7.7%に落ちていたんですよね。

それが第8話でまた7.9%に戻りました。

 

第8話は前回から2週間空いたので僕は視聴率は落ちると思っていたんですが、上がっていたのでちょっと驚きました。

これは若い人以外もみる人が増えているということだと思います。

 

ただ、全体的には若い人たちの視聴が多いと思われ、TVerでみんなみるので視聴率はこのあともそんなに上がらないんじゃないか?と予想されますよね。

 

最終回で、どれだけの人がリアルタイムで視聴したいと思うか?ですね・・

ただ、最近はリアルタイム視聴もTVerでできてしまうので・・やっぱり最終回も視聴率は上がらないかもしれませんね。

 

まあ、ドラマの評価や話題になったかどうか、というのと視聴率は、とくに最近は必ずしも一致してないので、あまり視聴率にこだわってもしかたないのかもしれないんですが

ただ、地上波のテレビ局で放送されているとなると、視聴率は無視できないですよね・・

 

今後も質の高いドラマを地上波テレビ局には作っていただきたいですが

テレビの放映でスポンサー料を取る以外のビジネスモデルが確立していって

視聴率にこだわらないドラマ作りができるようになったらいいのにな〜と

勝手ながら思いました。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼