ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

サイレント silent ドラマ感想考察最新 Twitterのツイートから最終回で2人がいるシーンを特定! 最終話

www.youtube.com

www.youtube.com

2022年秋ドラマ

フジテレビで放送の「silent」(サイレント)の感想と考察です。

 

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

青羽 紬    ー 川口春奈
佐倉 想    ー 目黒 蓮(Snow Man)
戸川湊斗    ー 鈴鹿央士
佐倉萌    ー 桜田ひより
青羽 光    ー 板垣李光人

桃野奈々   ー 夏帆

春尾正輝    ー 風間俊介
佐倉律子    ー 篠原涼子

 

■スタッフ
脚本 生方美久
(第33 回フジテレビヤングシナリオ大賞 『踊り場にて』)

 

音楽 得田真裕
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『グッド・ドクター』、
『監察医 朝顔』シリーズ、 『アンナチュラル』、『MIU404』他)
 主題歌Official髭男dism 「Subtitle」
(ポニーキャニオン)
 プロデュース村瀬 健
(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』、『信長協奏曲』、
映画『キャラクター』 、映画『約束のネバーランド 』 他)

 

演出

風間太樹
(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、『うきわ ―友達以上、不倫未満―』、『脚本芸人』、
映画『チア男子‼︎』 『チェリまほTHE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』他)
 

髙野 舞
(『アライブ がん専門医のカルテ』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、
『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』他)
 

品田俊介
(『ミステリと言う勿れ』、『信長協奏曲』、『失恋ショコラティエ』、『隣の家族は青く見える』他)


制作著作

フジテレビ

 

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

 

こんにちは。

フジテレビドラマ「サイレント」

 

★★★

今回は、Twitterの情報からわかる最終回の情報についてお話ししたいと思います。

この動画をみていただくと、最終話の内容について想いを巡らせていただくことができます。

★★★

 

この動画内容は概要欄に記載のブログで、文字で読むことが可能です。

本編映像はTVerやFODでお楽しみください。

 

 

それでは早速はじめていきます。

ーーーー

サイレントプロデューサーの村瀬さんが

「日々最終回の撮影してます。クランクアップを迎える役者さんが出てきて、川口さんや目黒さんと「ほんとに終わっちゃうんだねー」なんて話してます」

というツイートを12月12日頃、投稿されていました。

12月15日に第10話が放送され、翌週の12月22日が最終回です。

この動画を公開している今、もうそろそろ撮影がすべて終了、クランクアップになる時期かもしれないですね。

これだけたくさんの人が夢中になってみていたドラマで、僕も相当入れ込んでみていましたので、終わってしまったあとのサイレントロスが相当怖いなと思っています。

良いドラマと出会うといつもこういう気持ちになりますが、今回は特別にロスを感じそうな気がしています。

さて、最終回の撮影が進んでいると思われる中、

12月14日の夜にTwitterである情報をみかけました。

サイレントのドラマ撮影に関する情報で、たまたま見かけた方がツイートされていたものです。

これが、1人の人だけでなく複数の人の投稿でありましたので

ほぼ間違いないんじゃないかなと思います。

まだ、どういうツイートか言ってないんですが、

すでにTwitterで出ている情報なので秘密の情報というわけではないと思うんですけど、

このあと僕が、最終回に関わるメタ的な話をしていって

そしてこれがネタバレになってしまうかもしれません。

ですので、もし最終回は事前情報無しに楽しみたい!という方は、この動画はここで視聴をやめていただいた方がいいかもしれません。

ただ、今から話すことはすでにTwitterでツイートされていて誰でも見られる話しですし、

僕は先のストーリーを知っているわけではないので、あくまで想像の話としてお楽しみいただければと思います。

もしよろしければ、このあともお付き合いをよろしくおねがいします。

 

どんなツイートかというと、

それはサイレントの撮影をみかけた、というものでした。

2022年12月14日(水)

20時から21時ぐらいに投稿が多かったので、

おそらく夕方から夜にかけての撮影を見かけたのかなと思いますが

その場所が、群馬県の国定駅で、その国定駅でサイレントの撮影をしていた

川口春奈さん、目黒蓮さんをみた

というツイートが複数ありました。

 

群馬県にある「国定駅」という駅です。

この場所での撮影は、2回目なんですよね。

一度目は、第一話の冒頭のシーンです。

紬と想が待ち合わせをしていた駅、それが国定駅でした。

ただ、サイレントの中で「国定駅」と駅名は出てきていないので、駅の場所の設定は国定駅とは違う場所、という可能性もあります。

第1話のシーンを振り返って見たいと思うんですが

まず第一話の冒頭は、紬が家から「行ってきます」と言って出ていくところから始まります。

そして、降りていく階段の途中で雪が降っていることを確認しながら急いで階段をおりていって・・

次はもう、駅のシーンでした。

跨線橋・・線路をまたいでかかっている橋の階段を紬はのぼると、

跨線橋の上で想が紬を待ってるんですよね。

おはようと声をかけあってからあるき出し、

雪の話、雪だるまの話をしながら一緒に階段をおりて、駅の外に出たら・・

いっぱい雪が降ってるんですよね。

しずかだねー

雪ふると静かだよね

という紬に、想は「青羽の声、うるさい」と言います。

このシーンですが、跨線橋の階段を降りたら、外だったんですよね。

ということは、おそらくですが、ここは、紬と想の学校に近い駅

ということだと思います。

朝の話なんで、これから学校へ行く途中・・ということだったんじゃないでしょうか。

この、国定駅が、学校に近い駅、というところがポイントかな、と思いました。

想は第9話で律子に車で送ってもらっていましたが、想の実家に近い駅は、そのときに送ってもらっていた高崎問屋町駅だと思います。

そして、紬の方も、この国定駅のシーンで改札の外に出ているので

紬の実家に近い駅はこの国定駅ではないと思われますよね。

どこかの駅から電車に乗ってきて、この駅で降りたということになると思います。

 

そして、国定駅で撮影をされていたのが夕方から夜にかけて

ということみたいです。

この時期は夕方でももう真っ暗なので

おそらく夜のシーンを撮影されていたということになるんじゃないかと思います。

さきほどご紹介した第1話のシーンは朝だったんですが、最終回は夜にこの駅に2人がいるシーンになりそうですね。

まず初めに思ったことは

この駅に2人が一緒にいる、ということは、2人は離れ離れにはなってない、ということです。

もし全く別の道を歩くような最終回だったら、今は東京に住んでいる2人が地元・群馬の駅に2人でいる、という状況は発生しないと思います。

だから、最終回の2人は一緒にいる、と考えて良いんじゃないでしょうか。

まあ、もしかして、紬がタワーレコードの正社員になって、それで遠距離恋愛的なことになっていたとしても、でもこうして地元で会うような関係であることは間違いないので、2人の関係が壊れるという心配はなさそうな気がします。

夜に、地元・群馬の駅にいる・・となると、

もしかして、想か紬の親への挨拶に来た帰りなのか・・?と考えました。

第10話の最後で紬と想の関係がより近いものになっていたとしたら、最終回ではさらに一歩踏み込んで、親と会うということも考えられそうです。

お互いの親に会っている描写はこれまで無いですもんね。

なので、その可能性を考えたんですが

ただ、この場所が、おそらく「学校の近くの駅」なので

実家へ帰ったというよりは、何らかの理由で学校・・母校へ行くことになった、という方が自然なんですかね。

 

そこで思い出すのがこちらの画像です。

これはサイレントが放送される前に、サイレントの宣伝用で流された動画の1シーンですが

想が手話で紬へ「雪、積もるといいね」と伝えています。

このシーンは夜ではないんですよね。

もしかしてですが、最終回で母校へ行くことになった紬と想は

駅に降り立ち、降ってくる雪をみながら

「雪積もるといいね」のやり取りをしたのかもしれないですよね。

そして、学校へ行った。

学校へ行く目的は・・なんでしょう??

同窓会的ななにか、なんですかね??

 

そして、その帰りの夜

駅前で、あのやり取りがまた繰り広げられるのかもしれないですよね。

青羽の声、うるさい

今度は想は、手話で伝えるのか

それともこの時は、声で伝えるのか・・

主題歌のオフィシャルヒゲダンディズムの「サブタイトル」の歌詞で

「言葉はまるで雪の結晶」と歌われていますので

もし雪が積もっているとすれば、それはそこまでに紬と想が積み重ねてきた、たくさんの会話を表現しているのかもしれません。

通っていた学校・・母校に近い駅に想と紬の2人がいる理由ですが、

もしかして「思い出の駅だから」

という理由で、想か紬の実家へ行ったあとに、あえてこの駅で降りたという可能性もありそうですよね。

 

村瀬プロデューサーは、第10話が完成しています、というツイートに

このような画像を付けられていました。

クリスマスの人形が2体写った写真です。

サンタと雪だるまですね。

これを投稿されたのが12月14日の夜遅い時間だったので・・

この人形がサイレントに登場するのは、最終回じゃないか、と想像できます。

最終回の放送日は12月22日ということで、ほぼクリスマスという時期なので

最終回の舞台はクリスマスで、しかも雪が降る、ホワイトクリスマス、ということになるのかもしれません。

初回の冒頭で雪が降るシーンがあったので

最終回にも雪を降らせてくれるんじゃないでしょうか。

ちなみに、サイレントの撮影に関しては国定駅だけではなく、世田谷代田駅の付近で撮影されているという情報はここ最近もいくつもツイートされています。

サイレントの聖地巡礼をしていたらサイレントの撮影に遭遇した、という幸運な方もいるようです。

やっぱり東京近辺の撮影場所の方が聖地巡礼は活発なようですが

群馬の方の撮影場所にも行ってみると、よりサイレントの世界に思いを馳せることができそうな気がしますね。

 

これは、絶対に見ましょうね、という話なんですが

「silent」の最終回前夜となる21日に、

川口春奈さん、鈴鹿央士さん、板垣李光人さんが出演する特別番組

『最終回直前「silent」nightドラマ出演俳優と振り返るTVerスペシャル生配信』が、

19時~20時に TVer Special Live で無料生配信されることが決定したそうです。

ここでしか聞けないこの作品の解説や撮影秘話、さらに翌日に迫った最終回の見どころなど、スペシャルなトークがあって、

さらに最終回の初公開カットを含んだロングバージョンの特別予告も、本番組内で初公開されるそうです。

・・これは絶対にみないとダメですね。

 

ーーーー

今回はここまでとします。

紬は、同じ服とは限らないんですが,

青い服を着ていることが多かったんですよね。

ですが、最終回が近づき、紬が青の服を着ることが減っています。

これがあることを表していそうです。

 

登場人物の名前には、佐倉想の「さくら」や、桃野奈々の「もも」のように、ろう者にはピンク系の色が入っていて、青羽紬の「あお」、戸川湊斗の「みなと」は水のイメージから青で、青は聴者を表す色と思われます。

 

紬の服の色はいつも青系というわけじゃないんですが、

とくに、想との間でモヤモヤがあったり、

想とわかりあえていないとか、想と話していても別のことを考えていそうなところは青色の服を着ていたんですよね。

 

ところが、第8話で春尾へ、想から手話疲れるでしょと言われたことを相談したときが最後で、それ以降は青系の服を着ていません。

そして、第10話の予告では青の服を着て無さそうです。

 

これは紬がこのあと、想とちゃんとわかりあえることを暗示していると思います。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼