ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

どうする家康 考察NHK大河ドラマ最新感想 元康は自分が駿府へ帰りたかっただけ!女性で創作を描くドラマ 第3回 第4回

www.youtube.com

↑この記事の内容は、動画でご覧ください↑

 

2023年 NHK大河ドラマ

「どうする家康」感想・考察

 

■出演者

役名 ー 俳優名・女優名

 

松平元康(まつだいら もとやす)

徳川家康
演:松本潤

瀬名(せな)
演:有村架純

於大の方(おだいのかた)
演:松嶋菜々子

酒井忠次(さかい ただつぐ)
演:大森南朋

石川数正(いしかわ かずまさ)
演:松重豊


鳥居忠吉(とりい ただよし)
演:イッセー尾形


鳥居元忠(とりい もとただ)
演:音尾琢真


大久保忠世(おおくぼ ただよ)
演:小手伸也


平岩親吉(ひらいわ ちかよし)
演:岡部大


夏目広次(なつめ ひろつぐ)
演:甲本雅裕


本多忠真(ほんだ ただざね)
演:波岡一喜


本多忠勝(ほんだ ただかつ)
演:山田裕貴


榊原康政(さかきばら やすまさ)
演:杉野遥亮

今川義元(いまがわ よしもと)
演:野村萬斎


今川氏真(いまがわ うじざね)
演:溝端淳平

関口氏純(せきぐち うじずみ)
演:渡部篤郎

巴(ともえ)
演:真矢ミキ

武田信玄(たけだ しんげん)
演:阿部寛


飯富昌景(おぶ まさかげ)
演:橋本さとし


織田信長(おだ のぶなが)
演:岡田准一


明智光秀(あけち みつひで)
演:酒向芳


足利義昭(あしかが よしあき)
演:古田新太


穴山梅雪 / 信君(あなやま ばいせつ / のぶただ)
演:田辺誠一


井伊直政(いい なおまさ)
演:板垣李光人


糸(いと)
演:志田未来


於愛の方(おあいのかた)
演:広瀬アリス


お市(おいち)
演:北川景子


大鼠(おおねずみ)
演:千葉哲也


おふう
演:天翔愛


お万(おまん)
演:松井玲奈


お葉(およう)
演:北香那


おりん
演:天翔天音


女大鼠(おんなおおねずみ)
演:松本まりか


亀姫(かめひめ)
演:當真あみ


空誓上人(くうせいしょうにん)
演:市川右團次


五徳(ごとく)
演:久保史緒里


佐久間信盛(さくま のぶもり)
演:立川談春


柴田勝家(しばた かついえ)
演:吉原光夫


武田勝頼(たけだ かつより)
演:眞栄田郷敦


茶屋四郎次郎(ちゃやしろうじろう)
演:中村勘九郎


千代(ちよ)
演:古川琴音


徳川信康(とくがわ のぶやす)
演:細田佳央太


豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)
演:ムロツヨシ


服部半蔵 / 正成(はっとり はんぞう / まさしげ)
演:山田孝之


久松長家(ひさまつ ながいえ)
演:リリー・フランキー


本多正信(ほんだ まさのぶ)
演:松山ケンイチ


水野信元(みずの のぶもと)
演:寺島進

 

 


■スタッフ

ナレーター 

寺島しのぶ

 

脚本    

古沢良太


演出    

村橋直樹
川上剛
小野見知

 

制作統括   

磯智明


プロデューサー   

村山峻平
川口俊介

 

制作

NHK

 

ここからは、動画で話している内容の概要です↓

 

ーーーー

NHK大河ドラマ「どうする家康」

 

ーーーー

今回から大河ドラマについてもお話しできればと思っています。

大河ドラマはかなり昔から大好きでした。

日本史が好きなんですよね。

だから、ちょっと知ってることを話したくなる、というのもあるんですが

ただ、ぼくは専門で歴史を学んでいるわけではないので、もしかしたら歴史的な知識は誤りがあったり、勘違いしていたりする場合もあるかと思います。

もし歴史的背景を正しく知りたい、という方は、大河ドラマについてそういう解説をされているYouTuberの方がいらっしゃいますので、そちらを観ていただくことをおすすめします。

ぼくのこのチャンネルでは、一緒に大河ドラマをみている感覚で楽しめればと思っています。

みていて感じたことを僕が動画でお話しさせていただき、観てくださる方はコメント欄でそれについての感想をいただくことで、感想を共有していきたいです。

誤りがあればご指摘いただきたいですが、正確性は求められても対応できませんので、ご了承くださいね。

 

それでは早速、2023年1月22日に放送された第3回についてお話ししていきたいと思います。

初回からちゃんと毎回みてきたのですが、この大河ドラマはタイトルの「どうする家康」のとおりに

毎回、家康が何かの選択をせまられ、決断していくことで進んでいく物語ってことであってますかね。

今回の放送のタイトルは「三河平定戦」というものだったんですが

今回、家康が迫られたのは、そのまま今川につくのか、それとも織田に寝返るのか、ということでした。

 

ちょっとストーリーを振り返っておきたいと思います。

岡崎へ戻った松平元康は三河にいる織田勢を追い払わないと駿府に帰還することを許されず、織田勢へ戦いをしかけますが、敗戦続きでした。

今川氏真は全く援軍をよこそうとしません。

その状況に、元康の家臣たちはみな、織田へ寝返るべきだと主張しはじめていました。

駿府に妻である瀬名と息子を残している元康は今川を裏切れないと悩んでいましたが

そこへ元康の伯父で、織田方についている水野信元が、元康の実母である於大を連れてやってきました。

於大が妻や子を切り捨て裏切るべきと主張したのを一度は拒否した元康でしたが、

酒井忠次や石川数正の説得により、織田方へ寝返ることを決意し行動を起こしました。

 

結果的に、織田に寝返ることにしたんですが・・

それはやっぱり、酒井忠次や石川数正の説得により、自分個人の心配である妻や子供のことよりももっと大勢の家臣たちや自分の領地の領民たちのことを思って・・という決断だったんですかね。

どうしても、ここまでの松平元康という人はかなり弱腰の人で

妻や子のことを思って、というよりはどちらかというと、「楽しく暮らしていた駿府へ帰りたい」という気持ちだけで行動していたようにも思ったんですよね。

だから、妻や子供を切り捨てられない!と、於大へ言った元康の言葉はちょっとウソっっぽくも感じたんですが・・どうだったんでしょう。

結果としては切り捨てているので・・やっぱりけっこう自己中心的な人のようにも感じたんですが・・

このドラマは、ナレーターは「神の君」と家康のことを表現しているんですが

決してそういう風に描かれていないんですよね。

むしろ、ナレーションで言われている人物像とはかけ離れているよ、という描かれ方がしているので、実際の家康、松平元康という人はそういう、弱い人間だ、という描かれ方が今後もされていくのかもしれないですね。

 

ちょっと歴史的なことをネタバレすると、

妻である瀬名と、息子である竹千代・・のちの信康のことは

いずれ家康は見捨ててしまうんですよね。

二人を家康がシにおいやってしまいます。

信長にそう言われて・・ということではあるんですが、実は信長に言われたというよりは家康が自らそうした、という話しもあったと思うんですよね。

今回、母である於大から言われた、妻や子のことを「それがなんだというのです。つまらぬことです」は、のちに家康が行った行動にも影響していそうな気がしますが・・

瀬名や竹千代のことを元康が想う描写があればあるほど、いずれやってくる別れのところでの行動が心配になっていきますよね。

 

そういえば、今回の放送内容でぼくがそうきたか、と思ったのは

元康が岡崎城へ入ってからの行動の部分ですね。

たぶん史実にのっとった流れだったのかなとは想うんですが

ドラマなどでは、桶狭間の戦いが終わってから岡崎城へ入るときにはもう

元康は独立を画策していた風に描かれることが多いように想うんですよね。

でも、あくまで今川方として行動しようとしているところが

とにかく弱い元康、というのを強調していたってことですかね。

そういえば、今回出てきた吉良義昭(よしあきら)さんは、赤穂浪士で有名な吉良上野介につながる家柄の人ですよね。

三河の吉良って、現代まで地名で残ってたんですよね。

2011年に西尾市に編入合併されるまで「吉良町」という街があったんですよね。

有名な人だから現代までつながる・・とは限らないんですよね、不思議です。

 

出演者について、

武田信玄役の阿部寛さんが話題になってるみたいですね。

ローマ人ぽいと言われているようです。

まあ・・たしかに、あのひげの感じは、テルマエ・ロマエにあんな感じのローマ人が出ててもおかしくはないな、と僕も思いました。

それにしても、寺島進さんが良い味出してましたね〜

まさに、という役で、他の人には出せない雰囲気を出されているなと思いました。

嫌な感じの人であんまり関わりたくないと感じる相手なのに、なぜか愛嬌を感じてしまうような、そんな人ですよね。

あと、キャスト一覧をみていて、すでに発表されている女性出演者が多いんですよね。

戦国時代って、女性のことは正直、そんなに資料に残ってないと想うんですよね。

だから、おそらくですが

とくに女性に関わる部分で、このドラマオリジナルの創作の部分が描かれるんじゃないかと思っています。

資料にないってことは、そうだったかもしれない、ということが言えると想うんですよね。

資料に完全に残っていることと違うことをするのはおそらく大河ドラマではダメなんじゃないかと想うんですが

たぶん、女性についてはほとんど資料に残ってないので・・自由なんじゃないかと。

例えばですが・・信長の妻である濃姫ってかなり有名ですけど、あんまり資料が残ってなかったりして、たぶんどうやってしんだかもよくわかってないんですよね。

だからそういったことを利用して、徳川家康という人の人生にいろんな影響を与える女性をどんどん描いていく、そういったことになっていくのかなと想像しました。

もし出演者の中で、期待している俳優さんや女優さんがいたら教えてほしいです。

ーーーー

 

★★

元康が信長に会いに清須へ行く

第4回は1月29日の放送予定です。

★★

ーーーー

コメントにはできる限り返信します。

また、次回も感想を共有できると嬉しいです。

関連記事

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼