ひなぴし ドラマ考察

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。トケルのブログ。

光る君へ まひろの策略にハマり騙される道長!ネタバレあらすじ2024年7月14日放送 第27回ドラマ考察感想

www.youtube.com

↑この記事の内容はこちらの動画でご覧ください

 

#吉高由里子 #NHK #大河ドラマ #光る君へ
#柄本佑 #黒木華 #井浦新 #吉田羊 #玉置玲央 #野村麻純 #佐々木蔵之介 #岸谷五朗 #段田安則 #松下洸平 #毎熊克哉

 

こんにちは。#トケル と言います。
歴史の専門家ではないので、「ドラマ」としての感想や今後の予想をお話ししたいです◎


■再生リスト(過去の関連動画をご覧いただけます)

光る君へ
https://www.youtube.com/playlist?list=PLkU9O6QN85xd8tY5BSSG2PowQpvNKgiBP

 

NHK 2024大河ドラマ 日曜20:00
「光る君へ」(紫式部)

 

出演者・キャスト一覧

 

まひろ(紫式部)吉高 由里子
藤原 道長 柄本 佑
源 倫子 黒木 華
藤原 道隆 井浦 新
藤原 詮子 吉田 羊
藤原 定子 高畑 充希
藤原 公任 町田 啓太
藤原 道兼 玉置 玲央
高階 貴子 板谷 由夏
ききょう(清少納言) ファーストサマーウイカ
藤原 惟規 高杉 真宙
藤原 実資 秋山 竜次
藤原 伊周 三浦 翔平
藤原 行成 渡辺 大知
花山天皇 本郷 奏多
安倍 晴明 ユースケ・サンタマリア
藤原 宣孝 佐々木 蔵之介
藤原 為時 岸谷 五朗
藤原 兼家 段田 安則

 


スタッフ

 

脚本
大石静

 

演出
中島由貴
佐々木善春
中泉慧
黛りんたろう ほか

 

ナレーター
伊東敏恵

 

音楽
冬野ユミ

 

制作統括
内田ゆき
松園武大

 

プロデューサー
大越大士
高橋優香子

 

製作
NHK

 

 

 

2024年NHK大河ドラマ「光る君へ」

 

ーーー

 

大河ドラマ「光る君へ」

今回は、まひろが道長に対して用いた策略についてお話ししていきます。

この動画をご覧いただくと、まひろと道長のこの先の関係について理解が深まると思いますので、最後までぜひご覧ください。

 

石山寺で出会うことになる道長とまひろ。

この二人が運命的に出会い・・ただ、再会しただけで終わるとは思えないですよね。

そうなんです。

二人は愛し合うことになり、そして結果として、まひろは道長の子供を妊娠することになるようです。

この「妊娠する」というところに、まひろの策略は無いと思います(笑)

というか、道長自身がまひろに「俺のところへ来ないか?」と誘うのですが、まひろの方が明確に返答せず、そうはならないことになってしまいます。

平安時代の避妊についてはよくわからないんですが・・・そもそも、子が大きく成長すること自体が医療技術の低い時代では尊いこととされていたと思うので

子が産まれること自体が否定されなかったんじゃないかと思うんですよね。

ある意味、自分の子かどうか、というところにそこまで強くこだわりはなかったのかもしれないですね。

スミマセン、これは勝手な想像です。

 

そしてその後、妊娠したことがわかったまひろは・・いとからは「隠せるまで隠しておけ」と言われるんですが、罪悪感もあってか、「子ができた」と宣孝へ伝えます。

宣孝は自分とまひろに関係がなかった期間にできた子だとわかるはずなんですが

でもとくにまひろを責めない。

良い子を産めよ、と伝え、まひろをいたわるそうです。

この時点で、まひろの子が道長との間の子であるとわかっているのは、おそらく

まひろと、いと、そして、宣孝の3人だと思います。

まひろから道長へは・・伝えないでしょうね。

やっぱり迷惑がかかると思うからでしょうか。

 

12月ころにまひろは出産します。

産まれた子をみて、弟の惟規(のぶのり)は「おでこのあたりが宣孝殿に似ている」というような話をするようですが・・

惟規はうすうす何かを感じているか、もしくは父親を知っていそうな気もしますよね。

まひろの反応をうかがっているような気もします。

宣孝は産まれた子をたいそうかわいがってくれるようです。

仕事で豊前へいっていたのですが、その土産をたくさん持ってやってきます。

名前は「賢い子」と書いて、「賢子(かたこ)」と名付けられました。

 

豊前での仕事について報告するため、道長の元を訪れた宣孝。

宣孝はそこで・・「賢子が産まれた」ことを道長へ話すようです。

宣孝を疑っている僕としてはこれも「わざと」ではないかと思っているのですが・・

おそらく賢子がいつ産まれたのか、ということも道長へ伝えると思うんですよね。

12月です。

ん・・?12月・・?

そこで道長は、2月の石山寺のことを思い出し「まさか・・!」と思うはずです。

ですが、ここでも道長は確信はできないと思います。

なぜなら、宣孝とまひろの関係が道長にはわからないためです。

2月ころ、道長はまひろと関係があった。

でも、もしかしたら宣孝とまひろの間にも関係があったのかもしれない。

だから・・違うのか・・?

だいたい、もし自分の子だったら、まひろから直接連絡がくるのでは・・?と考えそうですが、モヤモヤした状態のまま道長は過ごすことになりそうです。

 

このあと、宣孝がなくなったことを知った道長は生活を心配して、まひろの父・為時に新しい仕事を与えてくれて・・

そしてさらに物語が進むと、いよいよ、まひろが「源氏物語」を執筆する展開になっていきます。

この間のストーリーについては今後の動画でまた詳しくお話しさせていただきます。

まひろの策略・・とは何かというと、

それは、まひろは「自分の経験を物語の中に、書いていく」ということです。

そしてそのことによって、道長は賢子が自分の子であると知ることになる・・

そんな風に予想しています。

 

源氏物語を読んだ道長は、「逃げた小鳥を追って、出会う」という場面をみて

自分とまひろの出会いを思い出します。

 

そして、不義密通の末、みごもった藤壺の帖を読み、道長は

「どういう気持ちでこれを書いたのか?」とまひろへ聞くと

「我が身に起こったことはすべて物語の種」と答えるまひろに、道長は「おそろしい女だな」と言ってしまうのですが

「我が身に起きたことでございます。ひとたび物語となってしまえば、我が身に起きたことなぞ、ささいなことになってしまうのでございます」

と続けます。

これを聞いて道長は、賢子が自分の子である・・とわかるようですね。

これはまだ結構先の話なので、ここまで道長は、可能性はあると思いながらも、確信が持てなかったということになると思います。

 

まひろは自分の経験を、源氏物語に反映していたんですね。

だから、このドラマ内では、源氏物語と同じような描写がこれまでにたびたび登場してきていたということ。

それをまひろ自身が、物語に取り入れていたんですね。

これがまひろの執筆活動のやり方、ということです。

また、自分のことだけでなく、周囲で見聞きしていることも形を変えて取り入れることで、天皇や后、その他の人々の心もつかむ作品を書くことができたということでしょう。

 

源氏物語はけっこう驚くような展開も多いですが、事実は小説より奇なり。

まず、まひろが、夫ではない人の子を産んでいて、それが取り入れられた物語・・というのはすごい発想ですよね!

この大河ドラマは、過去の大河ドラマでおそらくいちばんラブシーンが多い大河ドラマで、「恋愛」を中心にすえても大河ドラマは十分楽しめることを示している!と言われているそうです。

脚本を書かれている大石静先生、すごいなと思います。

 

---

ここまで楽しんで頂けた方はチャンネル登録とベルマークを押して通知設定、そして高評価をよろしくお願いします。

 

僕のチャンネルでは「光る君へ」の感想を語り合うライブを配信をドラマ放送直後に開催しています。
大河ドラマ終了次第、僕のチャンネルに集まってくださいね。


ぜひ遊びに来てくださいね
。
このチャンネルにはメンバーシップもあります。詳しくはコメント欄でご確認いただけます。

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼