ひなぴし ドラマ考察

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。トケルのブログ。

海のはじまり 第2話考察 水季と弥生が同じ病院だった証拠!ドラマ感想!第3話直前 月9 海の始まり 第1話 目黒蓮 SnowMan

www.youtube.com

↑この記事の内容はこちらの動画でご覧ください

 

#海のはじまり #目黒蓮 #SnowMan #有村架純 #泉谷星奈 #木戸大聖 #古川琴音 #池松壮亮 #大竹しのぶ #生方美久 #海の始まり

こんにちは。#トケル と言います。


■再生リスト(過去の関連動画をご覧いただけます)

海のはじまり

https://www.youtube.com/playlist?list=PLkU9O6QN85xfSGzlbl2hoE3M_LAAmZDqX

 

フジテレビ系列 2024夏ドラマ
2024年7月〜9月期 月曜21:00
「海のはじまり」

 

出演者・キャスト一覧

 

月岡 夏    目黒 蓮
百瀬弥生    有村架純
南雲 海    泉谷星奈
月岡大和    木戸大聖
南雲水季    古川琴音
津野晴明    池松壮亮

南雲朱音    大竹しのぶ

 


スタッフ

 

脚本

⽣⽅美久

 

音楽

得田真裕


主題歌

back number


プロデュース

村瀬 健


演出

⾵間太樹 

髙野 舞
ジョン・ウンヒ

 

制作・著作 フジテレビジョン

 

 

 

フジテレビ系列のドラマ「海のはじまり」

 

2727

ーーー

「海のはじまり」

今回は、夏の元恋人・水季と、現在の恋人・弥生は、実は同じ病院に通っていた

という話をしていきます。

この動画をみると、水季と弥生が対比的に描かれているところ

逆に、似ている描写について知っていただけますので、最後までぜひご覧ください。

 

ーーー

第2話の内容で最も衝撃的だったのは、夏の現在の恋人・有村架純さんが演じる弥生について。

弥生が過去に妊娠中絶をしたことがある、という話でした。

第2話放送直後のライブ配信で話題にのぼりたくさんの方から色々なことを教えていただいた中で、とくに気になったのが・・

ぴっぴ〜さんのコメントです。

「1話と2話確認したらやっぱり水季と弥生、同じ病院でした」

ありがとうございます。

「弥生と水季が通っていた病院が同じだった」という話でした。

この点について確認していきたいと思います。

 

Idome loverさんです。

「弥生が病院から出ていく時、透明なガラス自動扉に青いラインが入っていました。水季が病院から出てきた時も透明なガラス自動扉に青いラインが入っていました。もしかして本当に同じ病院だったのかも??」

ありがとうございます。

弥生が病院の受付でおじぎをして出ていくシーン・・入口のドアが映っていましたが、ドアには青いラインが入っていて、星★が貼られているようでした。

 

そして、こちらが、水季が病院から出てきたところです。

ドアには青いラインが入っていて・・星★が貼られてますね・・

この時点でおそらく同じ病院ではないかと思うのですが、もう少し確認してみましょう。

この水季が出てくるシーンでは「ひかり産科クリニック」と、ドアには病院名がハッキリと書かれていました。

 

「人工妊娠中絶に対する同意書」

この書式が似ていたように思ったので、こちらも確認したいと思います。

これは、第1話で、水季の母・朱音が、夏に示した同意書です。

ここにはさきほど確認した「ひかり産科クリニック」と記載がありますね。

 

そして・・こちらが、弥生の書いた同意書です。

弥生の同意書は当然ですが・・手元には残ってないですよね・・

病院へ提出したはずなので・・

百瀬弥生の名前の左上に「ひかり産科クリニック」という記載がありますね。

これで、水季と弥生の通っていた病院が同じ病院であったことが明らかになったと思います。

まさかの偶然・・

とは思いますが、

弥生が住んでいるのが東急大井町線の九品仏駅の近くで、

夏の家が小田急小田原線の経堂駅付近。

どちらも世田谷区あたりで生活していたことを考えたら、通っている病院が同じだったというのはありえる話ですよね・・

 

そして、もうひとつ重要な事実があります。

もう一度、水季の持っていった同意書を確認してください。

同意書に記載された日付は「2016年12月6日」と書かれています。

 

こちらは・・弥生が自宅で持っていたエコー写真です。

この写真の右上に、おそらく撮影日と思われる日付が書かれています。

スミマセン、この写真ではわかりづらいですが・・

ここには「16/12/01」と書かれているようです。

つまり、2016年12月1日に撮影されたもの、ということでしょう。

 

・・ということは、弥生と水季の2人は

「同じ病院に通っていた」というだけでなく、「同じ時期に通っていた」ということになります。

だとしたら、2人は病院ですれ違っていた

もしかしたら会っていた

もっというと、なにか会話があったかもしれない、ということになりますね・・

 

第2話の後半では、弥生が夏に対して

「自分が海の母親になるという選択肢もあるかな」という話をしていました。

今の時点で弥生は、海が、同じ時期に同じ病院に通っていた人が産んだ子だとは知らないし、

まだ弥生は水季の顔を確認していないので

海は自分となにか関係がある子だ、とは思っていないと思いますが

ただ、海の年齢を聞いたときに、「自分があのとき、子を産んでいたらちょうど同じくらいになっていたはずだ」と思ったと思います。

海に自分の子の姿を重ねて・・自分が母親になる、ということを考えたのではないか、と思いますね。

罪悪感から・・だとしたら、それは間違っているような気もします。

このあたりは今後、水季の母親・朱音や、津野との会話で明らかになってくるような気がしますね。

 

相手の男性には止められた。

だけど、中絶しようと決めて病院にいった。

だけど、中絶はせずに産むことを自分で決めた水季。

 

弥生の方はまだ正確にはわかりませんが・・弥生が母へ電話しているときの会話から想像すると・・「父親がいないのはかわいそうだもんね」と言っていたので

不倫の末に産まれた子かもしれないと想像しました。

だから相手の男性から「中絶してほしい」と言われたのかもしれない。

相手の男性から中絶してほしいと言われた。

そのまま、それがいいと中絶することにした弥生。

水季と弥生が対比的に描かれていますよね・・

どちらが間違っているというわけではないと思いますが、弥生は水季のことを知ったとき、今よりもさらに強い後悔に襲われる・・

そんな予感がします。

 

ただ、対比的に描かれる一方で、水季と弥生の共通点のようなものも描かれたような気がします。

「わたしがお母さん、やれたりするのかなって。決めるのは海ちゃんだけど、選択肢の中に入れてもらえたらなって」

水季が「他のあらゆる可能性から目をそらすな。自分で自分の選択肢、狭めんな」

と言っていたこととつながってるなぁと思いました。

弥生は第一話の冒頭では、仕事のシーンで、他の選択肢はないですか?と問いかけるシーンもありました。

きっと水季と思考が近いところがあるんじゃないかと思います。

そういった部分から、もしかしたらいつか

海が弥生を受け入れる・・そんなこともあるかもしれないですね。

「パパが2人いる人もいるんだよ」と水季から教えられていましたよね。

 

 

ーーー

なにか気づかれたことがあったら、ぜひコメントをお願いします。

 

ここまで楽しんで頂けた方はチャンネル登録と、ベルマークを押して通知設定、

そして高評価をよろしくお願いします。

 

毎回、月曜日「海のはじまり」放送終了直後の22:00頃からライブ配信を開催していますので、ぜひ遊びにきてくださいね。

このチャンネルにはメンバーシップもあります。詳しくはコメント欄でご確認いただけます。

www.hinapishi.com

www.hinapishi.com

このブログへメール 削除依頼