ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

BIGLOBEが2011年5月のTwitter利用動向を発表。ツイッター利用者の話題、日別・時間帯別投稿数




BIGLOBEさんが、ツイッター利用者向けの情報サイト「ついっぷるトレンド」において、ツイッター上に投稿されたツイート(利用者の投稿)の分析を行って、各月の話題度ランキングを発表しています。

ツイッター分析:2011年5月|ツイッターでいまHOTな話題は?-ついっぷるトレンド-

5月の日本の総ツイート数は、7億2千647万件で、4月の6億6千43万件と比べ、10%増となりました。また、スマートフォンからの投稿が、はじめて全体の2割を超えました。4月に放送開始したアニメの話題が多くのぼり、また、「授業」「遅刻」「休み」「カレー」など、大型連休あけの日常会話が上昇するなど、昨年5月と同じ傾向となりました。また、有名人ランキングでは、3月から連続1位をつづけるAKB48が、通常一日2万件のツイートのところ、総選挙投票開始後は倍以上のツイートを集め、ツイッター上でも多くの関心が寄せられています。

集計期間 2011年5月1日 午前4:00 〜 2011年6月1日 午前4:00
総ツイート数 726,477,390件
日平均ツイート数 23,434,754件
最多投稿日 5月29日 25,525,300件
最多投稿曜日×時間 水曜23時台 平均 2,022,275件
最多投稿曜日 日曜日 24,705,800件
最多投稿時間 23時台 平均 1,985,705件
投稿元比率 PC(24.4%)、携帯(27%)、携帯/PC(16.2% 注6)、スマートフォン(20.9%)、APIBOT等)(4.3%)、連携サービス(3.4%)





ぼくはiPhoneからTwitterを使うことが多いのですが、携帯で使っている人がこんなに多いということにビックリ。

あんまり便利に使えない気がするんですが、そうでもないんでしょうか。


iPhoneiPadでこれからはかなり便利にツイッターを利用できるようになるようなので(システムレベルでTwitterと連動し、あらゆるアプリ等からTwitterが呼び出せるようになる。iOS 5から。)、利用者はますます増えそう。


Twitterは「ミニブログサービス」と言われていますが、実際にはブログのような効果はありません。
詳しいことはかけないし、日々の記録というより瞬間をシャウトしている感じ。

わざわざ誰かの過去のシャウトをさかのぼってみる人はあまりいないでしょうし。
(有名人なら別ですが)

その人の情報ベースとなる場所があって、その一部分として初めて生きる気がします。

単体だと利用価値が高くなく、FacebookとかFoursquareとかブログとかと連動させて強い効果があるように感じているので・・・もっともっと便利に連動・連携してほしいですね。


まあシャウトとして一瞬一瞬に活かせられればそれでいいっていう人もいるでしょうけど。


なぜツイートするのか。人にみてもらいたいからですよね?

そうすると、Twitterだけでは十分じゃないんだよなぁ・・・




RSSを購読

このブログへメール 削除依頼について 
//スムーズスクロール