読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「リアル〜完全なる首長竜の日」感想・レビュー・評価・評判・口コミ、佐藤健、綾瀬はるか、オダギリジョー、小泉今日子、中谷美紀

スポンサーリンク

映画「リアル〜完全なる首長竜の日」

感想・レビュー・評価・評判・口コミ、佐藤健、綾瀬はるか、オダギリジョー、小泉今日子、中谷美紀

 

映画 リアル~完全なる首長竜の日~オリジナル・サウンドトラック
映画 リアル~完全なる首長竜の日~オリジナル・サウンドトラック

 

 

映画館でみた予告で気になっていた映画。

近未来を描いたような世界観が、とても自分が好きなジャンルかな・・

と思ったので、みにいくことに。

 

「屁負比丘尼(へおいびくに)」の件で綾瀬はるかさんが話題にもなっていたし(笑)

 



[綾瀬はるか]中谷美紀にべったり トイレも一緒で「屁負比丘尼でございます」 | エンタメ | マイナビニュース

 

※※ ネタバレもあったりします ※※

 

 

 

 

作品データ

 

映画   リアル~完全なる首長竜の日~

製作年  2013年

製作国  日本

公開日  2013年6月1日

上映時間 127分

配給   東宝

ジャンル サスペンス

監督   黒沢清

 

 

あらすじ・ストーリー

 

淳美(綾瀬はるか)が自殺を図り、一命を取り留めたものの昏睡状態となる。

彼女と幼い頃から一緒に過ごしいつしか恋人となった浩市(佐藤健)でも淳美が自殺を図った理由がわからない。

彼女を救うために、浩市は<センシング>と呼ばれる眠り続ける患者と意思疎通ができる手法を用い、淳美の意識内へ潜り込む。

<センシング>を繰り返すうちに、浩市の脳と淳美の意識が混線するようになり、二人は現実と仮想が入り乱れる意識の迷宮を彷徨う。

そして二人がかつて過ごした飛古根島へ向かった浩市は、記憶を封印していた15年前の事件に触れる……。

 

 

感じたこと・思ったこと

感想・レビュー・評価・口コミ

 

★まず・・「サスペンス」だと思ってたけど、あれ??「ホラー」だっけ??と思うようなシーンが多数(笑)この監督はそういう監督なんですかね。ぞっとするようなところや、急にビックリ!みたいなところ多数です。それって本筋とはとくに関係ないと思いますが。

 

★最初に車に乗ってるシーンがあったとき。「なんじゃこのちゃっちー合成は!?」とビックリしちゃいましたが、あれには意味があったみたいで(笑)現実世界じゃないからそういう表現だったんですね。最初ちょっとびっくりした。適当すぎて。

 

★原作は「〜〜大賞」受賞って書いてあったので、けっこう面白いのかなぁと。でも映画は・・。話がまとまってない感じがして、結局1つ1つのエピソードに深みがないというか、それだけに感動も、「あ、そうか!」というような驚きもない、という映画でした。

 

★出演者も・・たぶん主役の2人だけ知ってる顔だったら、あとは誰がやってもいい映画だったんじゃないかと思います。たいした役じゃないし、顔知ってる人がやってるだけにもっと話に裏があるのではと期待してしまった。だけに、何もなくてかなりがっかり。

 

★2人のセンシングが実は入れ替わっている、というのが判明するのが中盤ぐらいですけど、結局それが一番「そうか」と思わされるシーンで、その後は惰性・・な気が。あれが最後だった方が良かったんじゃないの?と。

 

★バーチャルリアリティの世界って昔流行ったような気がするけど・・作品は思い出せない。

 

★医療シーンも、もはやなくなった人を前に「もう一度試みよう!!」って医者がなるわけないじゃん!!とかなり現実離れ感が。

 

★首長竜の映像は、比較的リアルでした(笑)

 

★とにかく、結局「一番感じてほしいこと」「言いたいこと」「面白いところ」が全くわからない映画でした。

 

★綾瀬はるかファンか佐藤健ファンなら観に行ってもいいんじゃないかと。染谷将太さんや松重豊さんも出ていますが、主役の2人以外の俳優さんのファンは、みにいく価値もないと思います(笑)

 

 

関連商品 

 

リアル~完全なる首長竜の日~ [DVD]
リアル~完全なる首長竜の日~ [DVD]

 

【映画化】完全なる首長竜の日 (『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ)
【映画化】完全なる首長竜の日 (『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ)

 

マンガ 完全なる首長竜の日 (Wonder Land Comic)
マンガ 完全なる首長竜の日 (Wonder Land Comic)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+