読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「二流小説家 シリアリスト」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、上川隆也、武田真治、片瀬那奈、平山あや、伊武雅刀

スポンサーリンク

映画「二流小説家 シリアリスト」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、上川隆也、武田真治、片瀬那奈、平山あや、伊武雅刀

 

映画館の予告でみて気になっていた映画。

テレビ局アイアップではないんですかね??

とくにテレビで告知しているのはみませんでしたが。

 

テレビCMは少し流れてましたけど。

 

最近上川さんは、ぐるナイでみかけるようになり

ハッキリ顔と名前が一致するようになりました。

 

そういえばドラマ「遺留捜査」もみるようになったし。

 

武田真治の演技をみるのは久しぶりだなぁ・・と思いつつ。。

 

 

 

 

※※ ネタバレもあります ※※

 

 

 

 ★正直どういうところを楽しんだら良いかよくわからないなーと思う内容でした。ホラー的でもなく、サスペンスというにはあっさり謎が解けていくし、人間ドラマというほど人間関係が深く描かれているわけでもなく・・

 

★感情移入もしにくいなと。主役の小説家の考えることも、自分が一般人だからかいまいち理解できないし。。

 

★上川隆也さんが「捜査ごっこ」的なことをしてるシーンは、遺留捜査をみているようでした(笑)

 

★武田真治さんの役の殺人犯も、だからどうしたかったの?と。その母親役はミラクルすぎる設定だし。逮捕歴があって、殺人もおかして、50歳すぎて弁護士になって・・と。ちょっと現実味がないので、あんまり入っていけない・・

 

★場面転換がなんか不自然に感じるところがありました。何か「ぶつ切り」になっているというか。ああいうのって他の映画ではそこまで気にならないので、ちょっとテクニックがあるんじゃないの?本当は?と思いました。

 

★原作が外国のものみたいで、翻訳されているものだから・・ですかねぇ。。この「何か入っていけない」感は。

 

★上川隆也さんの役が姪に対して敬語なのが・・裏に設定があるんでしょうが、そういうものがハッキリ描かれていないだけに不自然極まりなかった(笑)そういうものは切り捨てる勇気も必要だと思う。

 

★姪が襲われているのを移動中の車で電話で聞いて、それからどれだけの距離を瞬間移動したんだろう??というぐらいに姪が本当に危なくなる前にその場に到着してしまうという・・不自然すぎ。

 

★まあ、いろいろ本筋にそれって必要?と思う設定が多く、逆に主人公とかその他キャラがどういう人達なのか非常にわかりにくい映画だった。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+