読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新しい記事は、顔だけ黄色い人というブログでも公開しています。このブログ「ひなぴし」もたまに更新します(笑)

iPhoneアプリを使わないメモリー解放方法、無料でできるオススメ方法、ただし時間はかかるかも

スポンサーリンク

iPhoneを長く使っていて慣れている人はたいてい使っている

メモリ解放アプリ。

 

アプリは開いても、「完全終了」しないと

バックグラウンドでそれなりに活動してたりして

iPhoneの動きが遅くなる場合があります。

 

そんな時に試したいのが

メモリー開放。

 

これをやれば、不要なアプリの動きをとめて

iPhoneの動きが軽くなります。

 

メモリー解放を目的としたアプリはたくさんありますが

今回は、アプリを使わない、無料でやれるオススメの方法をご紹介。

 

ただし、時間がある程度はかかるので

それはご承知ください。

 

 

iPhoneアプリを使わないメモリー解放方法

 

設定 > 一般 > 言語環境 > 言語

 

f:id:AR30:20131006080927p:plain

 

ここが「日本語」になっていると思いますが

ここで「日本語」以外を選択します。

 

あとで戻すときにわかりやすい(はず)なので

「English」にしましょう。

 

右上の「完了」ボタンを押すと

 

「Setting Language....」と表示され

30秒ぐらいでホーム画面に戻ります。

 

そしたら次に、元に戻します。

 

設定アプリ・・が「Settings」になっているので

それをタップ。

 

Setting > General > International > Language

 

ここで「日本語」を選びましょう。

 

そして「Done」をタップ。

 

「言語を設定中...」

と出て、30秒ほどでホーム画面に戻る。

 

これでOK。

 

 

これでなぜメモリーが解放されるのかはよくわかりません。

 

ただ、もしかしたら、

普通にiPhoneを再起動(一度電源をオフにしてまたオンにする)した方が

速いかもしれません(笑)

 

再起動でも、メモリーは解放されます。

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について