読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

宅配ピザを安く半額で食べる方法、安いから頼む

食べ物 外食

スポンサーリンク

宅配ピザは頼みますか??

 

ピザハット

ドミノ・ピザ

ピザーラ

シカゴピザ

ピザ・カリフォルニア

アオキーズピザ

 

などなど。

これは地域で存在する店舗が違うと思います。

 

宅配ピザのイメージは・・

高い

 

とにかく宅配ピザは値段・価格が高い

っていうのが一番の印象です。

 

高いから頼まない注文しないって人、多いんじゃないでしょうか。

 

 

でも、その宅配ピザを安く食べる方法

半額で食べられる方法があるとしたら・・注文してみたくないですか??

 

 

今回紹介するのは

ドミノ・ピザを半額で食べる方法

です。

 

実は以前にも同じような記事を書いたことがありました。

 

 

naita.hatenablog.com

 

こちらはアオキーズ・ピザでしたね。

 

そして、実はけっこういろんな宅配ピザ屋さんが半額セールをやっていると

いう情報があったわけですけど。

 

 

今回ご紹介するのはドミノピザ。

 

 

ドミノピザは少し前まで

 

店舗に行き持ち帰りで注文すると

もう1枚をタダ無料でもらえる

 

というキャンペーンをやっていたそうです。

 

 

これは

「BUY1 GET1 FREE!」という持ち帰り限定のキャンペーンみたいです。

今も・・やってるみたいです!

 

が、それより注目なのがこちら。

 

f:id:AR30:20150324132518j:plain

 

Mサイズ1,000円から

というのは半額です!

(Mサイズは直径約23cmで、約2〜3人分だそうです)

 

ということで、ドミノピザが半額で食べられます。

 

 

通常2,000円の商品が1,000円になります。

「SINGLE PIZZA TO GO!」というキャンペーンです。

まあ・・独りで食べる人に、とくにオススメ・・ってことですかね。

 

ちなみに、商品の種類はいろいろありますので

選んでから行きましょう。

 

こちらでメニューをみられます。

www.dominos.jp

 

また、ネット注文してから行けば

受け取るときの待ち時間が少なくて済むみたいです。

 

行ってすぐに受け取りできるなら、

電話して届くのを待つのと・・そんなにストレスは変わらない気がしませんか?

 

Domino’s App − ドミノ・ピザのネット注文

Domino’s App − ドミノ・ピザのネット注文

  • 株式会社ヒガ・インダストリーズ
  • ライフスタイル
  • 無料

 

上の「BUY1 GET1 FREE!」との併用はできないようなので

2枚以上頼むって人は「BUY1 GET1 FREE!」を使いましょう!

 

 

また、宅配ピザを安く食べたいな・・って人にオススメなのは

近くのピザ屋さんへ片っ端から電話してみること。

 

そしてキャンペーンで安くなったりしないか聞くことです。

「例えば持ち帰りだと安くなるとか・・」って聞いてみれば

そういうイベントがあれば教えてくれるはず。

 

実は期間限定なら、他のピザ屋さんもけっこうやってるみたいですよ。

 

ちなみにこのドミノピザのキャンペーンは

今のところ無期限みたいですので、覚えておくと良いと思います。

 

 

半額に出来る理由は

当然ながら、ドミノピザにとってはコストが安くなるから。

 

 

配達には人が必要だから、人件費がかかります。

たとえば1人のスタッフが1軒のうちに配達へ片道15分でいったとして

往復で30分、

このスタッフの時給が900円なら、

450円はその1枚のピザのためにかかるというわけです。

また、バイクのガソリン代もかかります。

実際には行って帰るのに、準備をしたりもあるので

もう少し時間かかるんじゃないかと思いますし。。

 

 

まあ、マクドナルドが配達はじめるとか

吉野家が格安のピザ屋やるとか

 

宅配ピザ業界も競争が激化してますので

いろいろと工夫をしていくんだろうと思います。

 

 

もともと、ピザ1枚2,000円って高すぎるんですよね(笑)

たぶん原価は10%超ぐらいだから、300円ぐらいなんですよ。

 

配達のために、それだけお金払うの、馬鹿らしくないですか??

 

今どき、宅配スーパーだって

配達無料とかありますからねー

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+