読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

新しいiPhoneへのデータ移行はiCloudでやるな!絶対に!iCloudのバックアップ時間、復元に必要な時間

iPhone

スポンサーリンク

・・・というタイトルは釣りです(笑)

別にやってもいいんですよ。

 

というか、iCloudって何?iTunesの詳しい使い方わからない。

どうすんの??

という人が実は多いんじゃないかと。

 

そういう人がわからないなりに進めていって、

最後まで問題なく古いiPhoneから機種変更した新しいiPhoneへ

問題なくデータを移行、移し替えできたなら全然問題ありません(笑)

 

ただ・・今日、僕がやってみて思ったんです。

 

iCloudでの復元、

時間かかりすぎる

iCloudからの復元が終わらない(笑)

 

いや、そもそも、家を出る用事がある1時間半前に

古いiPhoneを使い終わり、新しいiPhoneを使い始めよう

としたことが間違いなんですけどね(笑)

【ガラスフィルム&TPUケース】【GTO】2015 apple iphone 6s/6 両対応型 4.7inch 強化ガラス液晶保護フィルム&高品質TPUクリアケース 2015 apple iphone 6s/6 強化ガラス液晶保護フィルム 国産旭ガラス採用 強化ガラス液晶保護フィルム ガラスフィルム耐指紋 撥油性 表面硬度 厚さ0.33mm 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工iphone6s ケース iphone6s カバー iphone6 ケース iphone6 カバー

 

古いiPhoneと新しいiPhone、どちらも電源が切れていることを確認し、

SIMカードを古いiPhoneから取り出し。

新しいiPhoneへ挿入。

 

画面に表示された「利用開始設定」を進めていくと・・

 

iCloudバックアップから復元

iTunesバックアップから復元

新しいiPhoneとして設定

Androidからデータを移行

 

この4つからどういう風に設定するか選択をせまられます。

ここでいつもなら「iTunesバックアップから復元」を選んでいたんですが

今回はちょっとやってみようと思い、「iCloudバックアップから復元」を選びました。

 

そして設定を進めていくと・・

 

iCloudから復元

 

という画面になり、「残り時間 計算中」と表示されるんですが・・

 

この画面が・・終わらない(笑)

終わらない、というかむしろ何の変化も起こらないから不安。。

 

で、その瞬間に思ったんです。

これはきっと、終わらないぞ、と(笑)

 

iCloudから復元ってよく考えたら、Wi-Fiからデータを持ってくるんだよね?

ということは・・どう考えても、直接有線でMacやPCとつないで復元するiTunesバックアップからの復元よりかかりそう。。

 

で、アイクラウドからのバックアップ復元時間を調べてみたら

 

f:id:AR30:20151003213958p:plain

support.apple.com

 

ギ、ギガバイトあたり・・約1〜4時間かかることが・・

 

え、ええぇ〜〜っと・・ぼくのiPhoneは64GBギリまでデータが入ってたんですが・・

そうしたら・・えっと・・何時間かかるんでしょうか(笑)

 

 

iCloud、無料の5GBしか使ってない人でも

最大20時間かかる可能性があるとか・・

 

 

 

ということで、速攻、iCloudバックアップからの復元を取りやめました(笑)

やり方があってるかはわかりませんが、一度電源を強制的にオフにして、

 

もう一度最初から利用開始設定をし、そこでiTunesバックアップからの復元を選択。

 

Macとケーブルでつないで行うと・・

だいたい30分ぐらいで終わりました!!

 

しかも、作業中は一応、進捗がちゃんと表示されてました。

 

 

復元、といっても

アプリのデータとかが全部一度に戻っているわけではありません。

あくまで「こういうアプリが入っています」というデータが戻っているだけのようで

この復元作業が終わったあとから

そのままWi-Fiにつなげていると、順次アプリのデータはダウンロードされてきていました。

 

なので、アプリがすべてダウンロードされるまでにはまあそれなりに時間がかかります。

 

 

ぼくは復元が終了してから15分ぐらいで家をでなければいけなかったので

アプリのデータダウンロードはあとで行うことにしました。

 

ダウンロードしている途中の状態でそのまま外出しただけです。

帰ってきたらちゃんと続きがダウンロードされましたよ。

 

ちなみに、なにも設定してないと、

 

設定>App StoreとiTunes Store>

ここの「モバイルデータ通信」が「オン」になっていて

外出してもそのままアプリのダウンロードが続行されてしまいます!

 

もしそうなると、かなりの通信料を4Gで消費してしまい、

今月の通信量を使いきってしまったりする可能性があるので要注意です。

上の「モバイルデータ通信」は「オフ」にしておきましょう。

 

 

iCloudバックアップからの復元でも、たぶんですが

寝る前にセットしたら朝には終わっている、そんな感じだったような気がします。

(前に一度やったことがあったような記憶がよみがえりました)

 

だから時間に余裕があるなら、もしくはPCやMacがなくてiCloudからの復元しかできない人なら・・

そちらでもいいとは思いますよ!

 

ただぼくは、確実に「iTunesバックアップからの復元」をオススメします!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+