読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

Twitterは文字制限が無ければ存在価値がない

Twitter

スポンサーリンク

Twitterの文字数制限が事実上の撤廃へ・・というニュースがありました。

1万文字までOKになるとか。

 

ぼくは・・反対ですね。。

反対する理由を書きたいと思います。

 

 

TweetList for Twitter

TweetList for Twitter

  • Zooble, LLC
  • ソーシャルネットワーキング
  • ¥600

 

 

タイムラインの外観は変わらないそうです

最初に「1万字までOKになる」と聞いたときにまず思ったのは

「そんなことしたら、タイムラインがまともに読めなくなる!」

ということでした。

 

要は、文字数が多いツイートが表示されたら、下にスクロールしても延々その人のツイートが続いていて次のツイートが読めない、ということ。

 

ただ、これはもしかしたら間違いみたいで。

 

一部の情報では

「140文字の制限がなくなっても、タイムラインに表示されるのは最初の140文字までで、タイムラインの外観はほとんど変わらない」

そうです。

 

つまり・・

今までなら、たとえば長いツイートをしようと思っていた人は

URLを貼っておいて、途中からはそこで読んでください

という形をとっていたのを、長いツイートはリンクになり、リンクをクリックしたら残りの文章が表示される、という形になるみたい。

 

Twitterはユーザーを逃したくない

 

Twitter側の考えとしてはたぶん、URLを貼られて、そこから外部へ流出されてしまうのがイヤ・・というか、もったいない、と。

できれば最初から最後まで全部Twitterで完結させて、他のサイトへの流出を防ぎたい

ということなのかと。

 

でも・・それって、書き手にとってはどうなんでしょうね。

今、Twitterにツイートをのせたところで、書き手にはお金は入らない仕組みだと思います。

 

Twitterで人を集めるということはやっても、そこからブログ等へ誘導してブログでマネタイズする、と。

 

Twitterでお金になる仕組みがない以上、Twitterに価値ある内容の投稿をする意味が見いだせません。

 

このやり方だったら、いずれはURLを貼ることさえ禁止されてしまうのではないかと(笑)

 

ニュースサイトの投稿をツイートした場合は、みる人はどう考えてもすぐにURLをクリック・タップして、ニュースサイトへ移動してしまいます。

これすら、いずれはNOと言いそうな・・

 

まあ、そうなったら、使う価値が無くなると思いますけどねTwitter。

 

 

Twitter投稿者の視点で、ブログのようにたくさんの文字数を投稿したい

という要望はどれくらいあるんでしょうか。

 

たとえば、140文字を200文字にします、

ぐらいの変更なら、望む人も多そうですが。

 

ブログと同レベルにして!

という要望は無いような気が・・

それってブログと何が違うのと。

 

リアルタイム性はどうか

ツイッターを使うことの価値って

「今、みんながどういうことに興味を持っているか」

を知ることができる

ということなのかなと思います。

 

また、「速報」的なものとか。

 

つまり、リアルタイム性っていうのが重要で。

 

それと、長文化は逆行している気がします。

TwitterがTwitterらしさを主張していくためには

その特徴であるリアルタイム性を追求していくべきではないかと。

 

「長文も書けますよ」という変更であって、必ず長文を書きなさい

というものではない

と反論されそうですけど(^_^;)

 

そうじゃなくて、リアルタイムに情報を発信できる、受け取ることができるためには

何が最適か、それを考えていろいろ改善していくべきなんじゃないかと。

 

 

短い文章で効率よく伝えようとする努力が無くなる

 

Twitterが140文字だった理由は

SNSの文字数から来ていて、そもそもSNSがその文字数(正確にはSNSは160文字ですが)なのは

伝えたいことを伝えられる最適な文字数

だから、ということ。

 

また、あらゆる現代に残る名言の多くは140文字以内である、というのもあるらしい。

 

つまり、かなり効率的な文字数だったわけです。

 

 

日本人にTwitterが人気になった理由として、

日本には俳句という、文字数に制限がある文章作りが昔からあったこと

があるのでは?という話をみたことがあります。

 

俳句もそうですが、

短い文章で、いかにたくさんのことを間違いなく伝えるか

 

こういう工夫が好きだと思うんですよね、日本人は。

 

それはすごく意味があることで。

たくさん読まなくても、要旨がつかめて、

たくさんの情報を摂取することが可能になります。

(俳句の場合は、読み手が想像することでたくさんの想像ができるようになる等、また違う意味があると思いますが)

 

文章が長くなったら、理解するのに時間かかりますよね。

 

短い文章であるがゆえに、短い文章で理解できるように

書き手も工夫して発信しているはず。

 

長文が許されることでそういう工夫がされなくなっていく・・

それがリアルタイム性を損なう気がします。

 

効率的に情報収集ができる、というのがTwitterの良いところだったのではないでしょうか。

 

 

まとめ

正直、140文字が200文字になります。

ぐらいの変更なら、全然ありかなと思うんですが。

 

それが1万字までOKですよ!

ということで、Twitterが何を目指しているのかがよくわからなくなる

これが一番良くないところかなと思います。

 

なかなかマネタイズがうまくいってないんだろうな〜とは感じているんですが、Twitterは。

 

それは現状のユーザーが、これまでどおりに便利に使える状態を維持しつつ

実現しなければいけないのではと思います。

 

なんとなく、1万字にします!はTwitterが稼ぐためにやる、という感じが透けてみえてるようで、正直賛同できかねますね。

 

ニュースのツイートだけでなく、ただのつぶやきにまで

全部「つづきを読む」みたいなリンクがつくようになったら・・ウザいなぁ・・

 

140文字以内で書けよ!!!

って叫びたくなりそう(笑)

 

無駄に「続きを読む」を使うパターンも多くなりそうだし。

 

 

ま、人のことは言えないんですけどね、現時点で(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+