読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

NHK大河ドラマのオープニング 動画まとめ

動画 TV

スポンサーリンク

NHK大河ドラマ、2016年は「真田丸」です。

相当久しぶりに・・今回は第一話を観ました(笑)

 

なぜかというと、やはり脚本が三谷幸喜さんだから。

 

真田幸村(真田信繁)という人気の戦国武将を取り上げつつも

三谷さん流の新しい解釈でみせてくれるであろうという期待から・・ですね。

 

第一話はもちろん面白かったです。

 

 

真田丸は大河ドラマでも久しぶりに続けてみようと思っている作品ですが

大人になってから社会人になって、それこそあまり観なくなったんですよね・・

 

日曜日も仕事してたりしてリアルタイムでみられなくなり、録画してまでは・・と。

 

ではいつみていたかというと、子供の頃。

初めてみた大河ドラマは独眼竜正宗でしたね。

 

若かりし頃の渡辺謙さんが主演で、たしかかなり視聴率も良かったと聞いた気がします。

 

これがきっかけで日本史がとても好きになり、大学受験でも現役の時に「日本史学科」のある大学を受けるという暴挙に・・(勉強してなかったので、もちろん落ちましたが(笑))

 

とにかく、日本史を好きになるきっかけを与えてくれた作品であり、

伊達政宗のことを調べたり、他の戦国武将のことも調べたりする過程で

ぼくにとっては初めてと言って良いと思いますが、活字をたくさん読むという習慣も与えてくれました。

 

思えば、あの頃が一番本も読んでましたね(笑)

 

 

大河ドラマ・独眼竜正宗で好きな部分の1つがオープニング映像。

その後も大河ドラマはいくつも観てましたが、中井貴一さんの武田信玄もやっぱりオープニングがカッコ良かった。

 

で、今回の真田丸もやっぱりカッコイイです。

 

 

やっぱりかなり力を入れて作られているからですかね。

 

そして、もちろん音楽が素晴らしい・・

 

 

このオープニング映像を今一度・・と思い、YouTube動画まとめを作ることにしました。

リンク切れになってたらスミマセン。

 

あまり昔すぎるのは僕も知らないので、

独眼竜正宗からあとで・・お願いしますm(__)m

 

独眼竜政宗 (3巻セット) [DVD]

 

NHK大河ドラマのオープニング 動画まとめ

 

YouTubeとかではなく、NHKさんのサイトで観られるみたいです!

中には観られないのもあるので・・YouTubeも

 

オープニング映像をみると、出演者の名前も観られますので。

 

年 タイトル 主人公 主演

 

1987年 独眼竜正宗 伊達政宗 渡辺謙 1:36〜

いかりや長介さんなど、そうそうたるメンバーが出演

www.youtube.com

 

1988年 武田信玄 武田信玄 中井貴一

これ、小学生だったので、リコーダーで吹く練習したなぁと(笑)

www.youtube.com

 

1989年 春日局 春日局 大原麗子

大原麗子さんの演技はこれでしか知らない

春日局の話が出てきたら、今も脳内で大原麗子さんで再生される

www.youtube.com

 

 

1990年 翔ぶが如く 西郷隆盛・大久保利通 西田敏行・鹿賀丈史 1:21〜

その頃、幕末に興味が持てず・・観てない・・

cgi2.nhk.or.jp

 

 

1991年 太平記 足利高氏 真田広之

cgi2.nhk.or.jp

 

1992年 信長-KING OF ZIPANGU- 織田信長 緒形直人

緒形直人さんが織田信長のイメージではないなと思いながらも観ていた

www.youtube.com


 

1993年前半 琉球の風 楊啓泰 東山紀之

 全く・・知らない・・

cgi2.nhk.or.jp

 

1993年後半 炎立つ 藤原経清・藤原清衡・藤原泰衡 渡辺謙・村上弘明

cgi2.nhk.or.jp

 

1994年 花の乱 日野富子 三田佳子

www.youtube.com

 

1995年 八代将軍吉宗 徳川吉宗 西田敏行

これもみてましたー

www.youtube.com

 

1996年 秀吉 豊臣秀吉 竹中直人

秀吉も、もはや竹中直人のイメージから逃れることはできない(笑)

www.youtube.com

 

1997年 毛利元就 毛利元就 中村橋之助

1年前の秀吉はかなり観てたのに、ここから観なくなったらしい・・

家でゆっくりテレビ観なくなったからかな

www.youtube.com

 

1998年 徳川慶喜 徳川慶喜 本木雅弘

www.youtube.com

 

1999年 元禄繚乱 大石内蔵助 中村勘九郎

www.youtube.com

 

2000年 葵 徳川三代 徳川家康・秀忠・家光 津川雅彦・西田敏行・尾上辰之助

www.youtube.com

 

2001年 北条時宗 北条時宗 和泉元彌

cgi2.nhk.or.jp

 

2002年 利家とまつ 前田利家・まつ 唐沢寿明・松嶋菜々子

これはみてた!

cgi2.nhk.or.jp

 

2003年 武蔵 宮本武蔵 市川新之助

www.youtube.com

 

2004年 新選組! 近藤勇 香取慎吾

三谷作品ということで気になっていたものの、結局観られず・・

www.youtube.com

 

2005年 義経 源義経 滝沢秀明

cgi2.nhk.or.jp

 

2006年 功名が辻 千代・山内一豊 仲間由紀恵・上川隆也

cgi2.nhk.or.jp

 

2007年 風林火山 山本勘助 内野聖陽

cgi2.nhk.or.jp

 

2008年 篤姫 天璋院 宮崎あおい

cgi2.nhk.or.jp

 

2009年 天地人 直江兼続 妻夫木聡

cgi2.nhk.or.jp

 

2010年 龍馬伝 坂本龍馬 福山雅治

これは観てたな・・影響されて、高知県まで行きました。

昔から龍馬は好きで、おーい竜馬とか司馬遼太郎のやつとかも読んでました

cgi2.nhk.or.jp

 

2011年 江 江 上野樹里

cgi2.nhk.or.jp

 

2012年 平清盛 平清盛 松山ケンイチ

cgi2.nhk.or.jp

 

2013年 八重の桜 新島八重 綾瀬はるか

cgi2.nhk.or.jp

 

2014年 軍師官兵衛 黒田官兵衛 岡田准一

cgi2.nhk.or.jp

 

2015年 花燃ゆ 杉文 井上真央

cgi2.nhk.or.jp

 

2016年 真田丸 真田信繁 堺雅人

www.youtube.com

 

 

2017年は、「おんな城主 直虎」で「井伊直虎」を「柴咲コウ」さんが演じるそうです。

 

主演の人はやっぱり、その時の人気者が務めていることが多いですね。

 

女性主人公の作品は何度やっても視聴率は取れないみたいです。

これは・・観ている人たちの好みかもしれませんね。

視聴者には女性もいるとは思いますが、これを好きでみる女性というのは

女性主人公をのぞんでいないということでしょう。

 

視聴者がのぞむものを作る、というのであれば、

これまでの結果から女性主人公に挑戦するのは・・間違いのような気がします。

2017年も視聴率で苦戦するのではないかと予想します。

 

あとは、あまりメジャーではない人を取り上げるのも・・

きっとのぞまれていないんだろうなと。

 

結局、よく知られた人物を、演技のうまい・・というか

その人物のイメージにはまった俳優さんがやったときが

視聴率をとられてる気がします。

 

公共放送ですからね・・視聴者がのぞむものを作ってほしいなと思います!

 

 

なんか、女性主人公とか、マイナーな人物とかに

挑戦しなければいけない理由っていうのがあるんですかね!?

 

作り手が挑戦したいという願望を持っているだけで

そんなことは求められていない気が・・

 

最大公約数へ向けた放送を!!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+