読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

USJのBTTFが2016年5月31日に終了!BTTFって何??

テーマパーク

スポンサーリンク

USJ、ユニバーサルスタジオジャパンのアトラクション

BTTFが

2016年5月31日に終了

と告知されました。

 

BTTFといえば、USJを代表するアトラクションの1つだったので・・

正直ちょっとさみしいですよね。。

 

そうですか・・BTTFが・・・

 

 

って、

BTTFってなんやねん!

という方(笑)

 

BTTFは略語です。

 

f:id:AR30:20160331210945j:plain

 

何の略語かというと・・

 

 

こたえは・・

 

 

バック・トゥ・ザ・

フューチャー・ザ・ライド

 

です。

 

Back To The Future The Ride

ということですね。

 

これ・・たぶん、USJのクルーの人なんかが使う言葉だと思います。

 

 

ユニバーサルのテーマパークを代表するアトラクションで

かつてはフロリダやハリウッドのユニバーサル・スタジオにもあったそうですが

現在は世界で唯一日本にのみ、USJにしか存在していなかったそうです。

 

まあ・・

もうすでに、バック・トゥ・ザ・フューチャー2で言う「未来」の年を超えてしまいましたからね・・(笑)

 

USJは敷地にも限界がありますし、また新たなアトラクションを作るには

スクラップ&ビルドしていくしかないのかなと。

 

 

たぶん他のアトラクションになると思うのですが

バック・トゥ・ザ・フューチャー自体はとてもおもしろい映画作品だし

これから先も「名作」として語り継がれるでしょうから

何らか、BTTF関連のアトラクションは作ってほしいなぁ〜という気がします。

 

ただ、ぼくは・・

このバック・トゥ・ザ・フューチャーが、これまで生きてきて経験したアトラクションの中で

最も気持ちわるかったです(笑)

 

乗り物酔いしやすい方なんですけど、

このバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドはマジでヤバかったです。

 

映像に合わせて座席が動く系はたいていダメなんですけど

この、空中浮遊感がとても気持ち悪くて(笑)

 

もし作るなら、酔わないタイプでお願いします。

 

 

ただ・・あれですよね、

BTTFでアトラクション作ろうとしても、

主役のマーティ・マクフライ役だったマイケルJフォックスさんは病気のため、映画当時と同じような演技は難しいですし(年齢的にも・・(^_^;))

 

まあ、ドク役のクリストファー・ロイドさんはなんとかやれる気もしますが。。

もし作るとしても、本当に限界が近いですよね。

 

もっと時代が進んだら・・

本物の俳優さんでなくても、その俳優さんを電子的に復活させて

CGでやるとか・・できるかもしれませんね。

あ、でもそうなったら、今の俳優さんたちはどんどん廃業に追い込まれてしまうか・・(笑)

 

 

とにかく、気持ち悪かったけど!

バック・トゥ・ザ・フューチャーは復活させてほしい!

 

 

カムバック!BTTF!

 

 

BTTFって言ってると、ちょっと玄人感ないですかね・・?

え?自己満足?(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+