読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

2017年スーパー戦隊は「キュウレンジャー」?東映が商標出願

戦隊

スポンサーリンク

こどもが生まれてから

ニンニンジャー → ジュウオウジャーとスーパー戦隊をかかさずチェックするようになったのですが

 

早くも来年スタートのスーパー戦隊の情報が出てきました。

 

その名も

 

宇宙戦隊キュウレンジャー

 

スーパー戦隊シリーズ 動物戦隊ジュウオウジャー VOL.1 [DVD]

スーパー戦隊シリーズ 動物戦隊ジュウオウジャー VOL.1 [DVD]

 

 

これはどうやって出てきた情報かというと

スーパー戦隊の権利を持つ東映株式会社が「宇宙戦隊キュウレンジャー」を商標出願したことが判明したためです。

 

特許情報プラットフォームで検索すると出てきます。

 

(190)【発行国】日本国特許庁(JP)
(441)【公開日】平成28年9月13日(2016.9.13)
【公報種別】公開商標公報
(210)【出願番号】商願2016-94297(T2016-94297)
(220)【出願日】平成28年8月29日(2016.8.29)
(540)【商標】宇宙戦隊キュウレンジャー
【標準文字】
(511)【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第3類 かつら装着用接着剤,つけまつ毛用接着剤,洗濯用でん粉のり,洗濯用ふのり,せっけん類,歯磨き,化粧品,香料,研磨紙,研磨布,研磨用砂,人造軽石,つや出し紙,つや出し布,つけづめ,つけまつ毛
(731)【出願人】
【識別番号】592068428
【氏名又は名称】東映株式会社
(740)【代理人】
【識別番号】100096596
【弁理士】
【氏名又は名称】村下 憲司

 

「つけづめ」とか意味不明ですが(笑)

 

昨年も同様に「ジュウオウジャー」が出願されて、結果、ジュウオウジャーが始まったみたいなので、ほぼ間違いないんじゃないでしょうか。

(まあ、何らかのキャンペーン用のものという可能性も否定はできませんが)

 

 

ということは・・

9人の戦隊になるのか・・(笑)

 

いや、そうとは限りませんが、ここにきて思い切って9人戦隊にする可能性も否定はできませんよね(笑)

 

ゴレンジャーは「5人」ですし(笑)

 

 

でも、「9」から想像する「宇宙関連」のものはというと・・

 

太陽系の惑星の数が「9」

 

 

水金地火木土天海冥

 

水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星

 

 

ただ、これだと太陽系で最も大事(?)な太陽は蚊帳の外ですし

そもそも最近の話では、冥王星は惑星ではない(その他の惑星とは違うカテゴリー)と言われているようですし。

 

冥王星を除くと8惑星となり、太陽を入れたら、1恒星と8惑星で「9」ということなのかもしれません。

 

 

あとは・・「キュウ」から想像するのは「救急」ですかね。

最近は天災に見舞われ、救急隊や救命活動が注目を浴びることがよくあります。

 

地震や台風など、いろんな天災が起こりますからね日本では。。

ただその場合は「宇宙戦隊」とのつながりがわかりづらいので・・

 

やっぱり恒星+惑星の数が最も有力かなと思います。

 

 

ただ、そうするとやっぱり9人なのか!と(笑)

 

レッドは太陽になるのか、地球になるのか(笑)

 

 

アースレッド・・・・

 

って言ったら、蚊を退治するやつみたいですね(笑)

レッドアースでしょうか。

 

それか

サンレッド

 

もしくは太陽は、追加戦士ですかね。

 

 

それか・・

 

最初は5人ぐらい登場して、どんどん追加戦士が登場してくる

というような形になるのか(最終的に9人になる)

 

 

宇宙はもともと9次元だった

 

というような話もあるそうですが(笑)

難しすぎて、それが関係あるとは思えませんし。

 

 

ということで、9人戦隊を期待しています(笑)

そうすると、ロボットは過去最大に大きくなりそう。。

 

おもちゃが大変なことになりますね、

買ったとして、親が保管に困るパターンです(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+