読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ドラマ・カルテット、このドラマの登場人物には全員秘密がある説!第4話2/7放送は家森諭高(高橋一生)の嘘と秘密が明かされる、あらすじネタバレ

TV ドラマ

スポンサーリンク

この記事公開はまだ、第3話の放送前ですが😓

 

2/7放送の第4話では、家森(高橋一生)の嘘と謎が明かされていくようです。

 

第1話では巻真紀(松たか子)

第2話は、別府司(松田龍平)

第3話は、世吹すずめ(満島ひかり)

 

それぞれの嘘や謎が少しずつ明かされてきましたが

 

第4話ではいよいよ、

説明がウザい(笑)家森の秘密が明かされていくそうです。

 

とはいうものの、

他のDonutsHoleメンバーの秘密もそうですが

 

完全に明かされたメンバーはいないんですよね。

 

だから、とりあえず家森の場合も、とっかかりが話されるだけになりそうです。

 

 

軽井沢のドーナッツホールが生活する別荘に

半田(家森を追っている男、Mummy-D)が乗り込んでくるとか。

 

そこで、家森が自分のことをメンバーへ話し始めるそうです。

 

実は半田たちは、別れた家森の妻の行方を追っているそうです。

 

家森のヴィオラを持ち出してしまったので、巻たちが警察へ通報しようとしたところ家森がそれを制止、

自分の元妻のことと、自分の半生を語るそうです。

 

 

なおこのあと、

 

巻の自宅でトラブルが発生し

巻と別府が巻の自宅へ向かう、

 

家森は風邪で寝込み、すずめに看病してもらう。

その時、家森がすずめに、巻の夫についてのある話を話すとか。。

 

 

んーと…諭高の話でありつつも、

真紀のことも明かされていくみたいですね。。

 

この感じだと、実は諭高はもともと巻の夫のことを知っていた、ということなのか?!

 

やはり出会いは偶然ではなかったのかもしれませんね。。

もしかして諭高の元妻の交際相手が巻の夫だったりして…

その絡みで、元妻のことを何らかの理由で調べろと半田たちに脅され、巻に近づいたのか??

 

 

 

 

そういえば、家森はノクターンにいる有朱のことが好きみたいですよね。

 

でもその有朱は、すずめに男の誘惑の仕方を教えてみたり

家森には「目が笑ってない」状態で、気がない素振りをみせつつも

でもなぜか干渉している感じ・・

 

おそらくこの有朱にも秘密があって、何らかの目的があって

家森に近づいているんでしょうね。。

 

しかも、デートに誘ったのかと思わせつつ、なぜか妹に遭遇させてみたり…

(第3話でこの話があるみたいです)

 

いや、家森というか、ドーナッツホールに近づいているのかもしれませんが・・

どうなんでしょうね??

 

 

となると、

もしかしたらですが

 

有朱だけでなく、ノクターンの主人夫妻(八木亜希子・サンドウィッチマン富澤)などにも秘密があって

 

実はドーナッツホールの4人以外も

このドラマに登場する人たちにはみんな秘密があるのかもしれません。

 

よく考えてみると

第1回のゲスト出演だったベンジャミン瀧田(イッセー尾形)は「余命半年」が明確に嘘で秘密でしたし

第1回・第2回のゲストだった、別府司の会社同僚・九條は、結婚直前の別府とのクライマックス・サッポロ一番が美味しかった朝(笑)が秘密ですよね。

 

なので、おそらく全員に秘密があると思われます。

 

 

世吹すずめに巻を監視するよう依頼している姑の巻鏡子にも秘密があるはず。。

 

 

まあ、これってよく考えたら、そういうもんですよね人間って。

それをうまーく表現しているのがこのカルテットではないかと思います。

 

 

ということで、これから登場する人にも

「どういう秘密があるのか?」を想像しながら観ると面白いかもしれません。

 

そして、ドーナッツホールのメンバー4人を中心とした登場人物の中での

最も大きな秘密は何なのか・・

 

それとも全員の秘密が、実はつながっていたりするのか…??

 

 

これはみぞってきましたね(笑)みぞりまくり。

みぞることまちがいなし!

 

みぞみぞしてきました!!(笑)

 

www.hinapishi.com

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+