ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

いきなりステーキ座れる店舗!座って食べるランチレビュー

前から行ってみたいと思っていたお店

いきなりステーキ

 

行く機会がありましたので、レビューします。

 

 

いきなりステーキは

「ステーキを立って食べる」お店だそうで

それにより回転率を上げて、原価が高いステーキを安く提供しているお店

ということらしく・・

 

勝手な想像ですが・・

これって、「俺のイタリアン」とか「俺のフレンチ」をやってる

俺の株式会社の事業をパクった感じではと・・(^o^;

 

それを「ステーキ」というせまいターゲットに絞って事業化したのかなと。

 

まあ、「立って食べる」というだけでは

俺の株式会社も特許なんかは取れない気がしますしね

 

別にダメなことではないと思います。

 

 

・・・と書いてから知ったのですが

明確に「俺の株式会社に影響を受けて、立ち食いのステーキ店が出せないか考えた」と社長がおっしゃっていたようです。

俺の株式会社の社長と知り合いのようですね。

 

 

・・が、僕は勝手に

初めは同じグループ?と思っちゃってました。

 

まあ、名前が違うので、すぐ気づくとは思うんですけどね。

 

 

このいきなりステーキですが

ペッパーフードサービスという、「ペッパーランチ」をやってる会社が営業しているお店です。

 

なるほど、今までとは違う業態で稼ぐという

そういう考えだったんですね。

 

 

平成25年12月に最初のお店が銀座にオープンしたとか。

 

2013年ですね。

 

 

実はペッパーフードサービスでは

2007年と2009年に大事件が起こっています。

 

2007年はペッパーランチ心斎橋店の店長と同僚が女性を拉致監禁した上で強盗強姦をするという刑事事件が発生

 

2009年には佐波川SA上り線店でO-157の食中毒事件が発生しています。

 

まあ・・強盗強姦拉致監禁事件は、どう考えても

その事件を起こした本人の資質が問題だったんでしょうし

(しかもこの時、この店長はすでに独立していて、ペッパーフードからは業務委託を受ける形だった)

 

O-157の問題の方も、肉を納品した会社に問題があったそうなので・・

 

 

かなり不運といえば不運ですが・・

やっぱり「店自体を閉めろ!」という厳しい声は多かったそうです。

 

 

もしかしたら「いきなりステーキ」の開店というのは

ある意味、悪いイメージがついてしまった「ペッパーランチ」という看板からの掛け替えが目的だったのかもしれませんが・・・

 

 

実はここ最近、いきなりステーキはもちろんのこと

ペッパーランチの方も業績が良いそうです。

 

www.itmedia.co.jp

 

いろいろな事件を起こしてしまった反省もあってかの

お客様目線での取組みが功を奏していることもありそうですが

 

「肉を食らう」文化がどんどん根付いていっていることも大きいかなと思います。

とくに男性だけでなく最近は女性も増えているようで。。

 

今回ぼくがいったお店でも、女性が1人でがむしゃらに肉に食らいついていました(笑)

 

 

いきなりステーキ座れる店舗

 

いきなりステーキの座れる店舗はイオンにあった

いきなりステーキって、立ってステーキを食べるお店なんだよね??

という認識だったのですが

 

今回ぼくがいったお店は「座って食べられるお店」でした。

 

いや、正確にいうと、いきなりステーキ専用の座席はないんですが・・

イオンのフードコートに入っているお店だったんです。

まさかフードコートに入っているとは思わなかったので、意外でした。

 

フードコートなので、もちろん椅子とテーブルがあります。

土日祝はかなり混雑するので、席を確保するのが難しい場合もあるかもしれませんが

イオンのフードコートには逆に、立って食べる用の席は無いので(笑)

 

座って食べる、のが基本のお店だと思います。

 

いきなりステーキ イオン Google検索結果

 

こちらでみるとわかりますがけっこうたくさん、

イオンに入っているお店があるようです。

 

ちゃんと確認できていませんがもしかしたらフードコートではなく

個別の店舗として入っている場合もあるかもしれません。

その場合は「座れるいきなりステーキ」では無い可能性があるので、ご注意ください。

 

いきなりステーキ ランチメニュー

いきなりステーキ座れる店舗

 

今回は「ワイルドステーキ 200g」を注文しました。

ご飯は大盛にできると言われましたが、この写真は普通盛りです。

 

スープとサラダがついています。

いきなりステーキ座れる店舗

 

左上にあるボトルがソースなので、ステーキにかけて食べます。

 

いきなりステーキ座れる店舗


まだ中が赤い状態で提供されます。

渡されるときに「鉄板で焼いてお召し上がりください」とのご案内。

 

しかしぼくはレアがけっこう好きなので

それほど焼かずに実食。

 

 

うん、しっかり食べた感があります。

 

ものすごくやわらかい

ということではなく、すじも多少はあるんですが

気になるほどではありません。

 

1000円ぐらいのステーキ肉をスーパーで買って帰って

自分で焼いたって

硬かったり、すじがあったりしますからね。

 

やっぱりお得感はあるかなと。

 

 

また、家で焼くのはけっこう難しいんですよね。

その点、お店はきちんと一番いい状態で焼いてくれます。

 

 

いや〜〜〜肉食った感、ありますね〜〜

これは癖になるかも。

 

 

「ペッパーランチ」のお店でも

いきなりステーキのようなステーキを出すお店もあるそうですが

 

イオンのフードコートに入っているようなペッパーランチの場合は

薄切りにした牛肉とご飯を炒めた「ペッパーライス」が販売の主体のような気がします。

 

その点、思いっきり「ステーキ」を全面に出した店の外観はインパクトがあるので

フードコートでもかなり人気がある感じでした。

 

 

リピート決定かな・・あ、食べ過ぎ注意で(笑)

このブログへメール 削除依頼について 
//スムーズスクロール