ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhoneⅩでバッテリー残量をパーセント表示する方法

以前のiPhoneなら、設定を変えれば、バッテリー残量をパーセントで表示することができました。

 

設定 > バッテリー > バッテリー残量(%)

 

これをオンにすれば、バッテリー容量を%表示できました。iPhone7より前のiPhoneなら今でもこれでOKだと思います。

 

それがiPhoneXでは、この設定が消えてしまいました・・

なぜかというと、iPhone10は、画面の上部が欠けたような形状になっているため。

前は表示できていたものが画面スペースの問題で表示できなくなってしまいました。表示スペースが小さくなってしまったのです。

 

では、バッテリー残量をパーセント表示で見ることができないかというと、そういうわけではありません。

 

方法はいくつかあります。

 

コントロールセンターでバッテリー残量をパーセント表示で確認する方法

いますぐできる、一番簡単な方法です。

ホーム画面の右上あたりを下にスワイプすると、コントロールセンターが表示されると思います。これです↓

iPhoneバッテリー残量をパーセント表示する方法

この画面でバッテリー部分をみると・・「2%」と表示されています。つまり、何もしなくても、コントロールセンターを表示すれば、バッテリー残量をパーセント表示で確認できるということです。

ちなみにこの画面では、アラームが設定されている表示である時計マークも表示されます。

 

バッテリーウィジェットでバッテリー残量をパーセント表示で確認する方法

ウィジェットをよく使う人なら、この方法が便利かもしれません。ウィジェットを全然使わない人からすると「ウィジェットって何??」かもしれませんが(笑)ウィジェットとは、ホーム画面を右にスワイプしたときに表示されるもののことです。

これです↓

iPhoneバッテリー残量をパーセント表示する方法

上の画面ではすでに「バッテリー」が表示されていますが、何も設定していない人は「バッテリー」が表示されていないと思います。設定したい人は「編集」をタップします。すると「ウィジェットを追加」が表示されます。

iPhoneバッテリー残量をパーセント表示する方法

ここで「バッテリー」を追加すればOKです。そうすると、このウィジェットでもバッテリーパーセント表示を確認することができます。ちなみに、追加したウィジェットは右端の「三」をドラッグすれば表示する順番を調整することができます。

 

バッテリー残量が20%以下になると電池マークの色が変わる

通常、電池マークは緑色ですが、バッテリー残量が20%以下になると赤色に変わります。色である程度は判別できますね。

このブログへメール 削除依頼について 
//スムーズスクロール