ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

日本の人口推移の歴史、古代〜中世〜近世〜近代〜現代。未来の予想・予測。

昔の日本ってどれくらいの人口がいたのか・・

ということで調べてみました。


★日本の人口の推移歴史


縄文時代 早期 紀元前1万年 2万人   今より平均気温2℃低かったと言われる
     初期 紀元前6千年 10万人   今より平均気温1℃高かったと言われる
     中期 紀元前5千年 26万人   少しずつ寒冷化しはじめる
     後期 紀元前4千年 16万人   
     晩期 紀元前3千年 7万人   今より1℃以上低くなり栄養不足、大陸からの疫病

弥生時代    紀元前600年 59万人   稲作農耕の普及と国家の形成で人口大幅増

古墳時代           不明

飛鳥時代           不明

奈良時代    725年    451万人

平安時代    800年    550万人  人口増の停滞期
        1150年    684万人

鎌倉時代    1200年    700万人

室町時代           不明

安土・桃山時代 1600年    1,227万人 戦国大名の領内開発、小農民の自立

江戸時代    1650年    1,750万人
        1721年    3,128万人
        1750年    3,101万人
        1830年    3,248万人
        1846年    3,200万人 江戸・大坂等大都市の高い未婚率と悪い衛生状態

明治時代    1870年    3,481万人
        1900万人   4,384万人 出生率が高いまま死亡率が低下したため人口爆発

大正時代    1920年    5,596

昭和時代    1930年    6,445
        1940年    7,193
        1950年    8,320
        1960年    9,341
        1970年    10,372
        1980年    11,706

平成      1990年    12,361
        2000年    12,697
        2005年    12,776
        2010年    12,805   今ピークぐらい

図録▽人口の超長期推移(縄文時代から2100年まで)
http://www.geocities.jp/ysigle/Rekisi.html


★日本の人口の推移予測


平成37年    2025年    12,114

平成61年    2050年    10,059

平成86年    2075年    7,808

平成111年    2100年    6,241


◆2075年頃までは、出生数がこれまでのトレンド通り減少を続ける
 (予想は難しい・・・)

◆死亡者数が急増、高止まりする
 (高齢者層の人口がどんどん増え、だいたい想像がつく)

人口減少は避けられ無さそう・・・


2075 年までの人口減少を防ぐには、予測の約2倍の出生数を期待しなければいけないという非現実的な仮定が必要になるそうです。

出生数を相当に効果的に増やすことができたとしても、これから100 年程度人口減少自体を止めることはほとんど不可能だということが確認できる。

よくわかる日本の人口


日本はこれから・・・どんどん小さい国になっていっちゃうんですかねぇ。。

少しでも国を維持していくためには、たくさんのこどもが生まれてくることが必要。


そのために、

「こども手当て」だ〜とか「児童手当」だ〜とか出てきているんですよね。


一次的な話ではなく、日本全体でこどもを生み出していく、育てていくことが、日本全体の幸せにつながる・・・この人口の推移をみているとそう感じます。


今がピーク!!

人口も!幸せ度合いも!


・・・だったら、悲しい。


今から20年ぐらい経ったときに、

「あの頃は良かったなぁ・・・」だと取り返しがつかない気がしますね。


政治を動かしている人は大半がけっこうお年の方。

そして選挙をいって投票するのも若い人は少ない。


本当にそれでいいの??これからの国を作るのは若い層であり、今やっていることがあとの世代にツケとしてまわってきます。

若い人も積極的に政治や国のやることに関心持たなきゃダメですよね。。


・・・反省。。

このブログへメール 削除依頼について