ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

人間の水分量、割合、一日何リットル必要?塩分濃度

自分の身体にどれくらいの水分があって

どれくらいの水が必要かってわかってるようでわかってない。

 

ということで調べてみました。

 

 

人間の身体の約60%は水分

 

これは性別や年齢によっても違うそうです。

 

男性 約60%

女性 約55%

乳児 約80%

小児 約70%

 

1日に出ていく水の量は約2~2.5㍑

 

出ていく水はおしっこだけじゃない!内訳は・・

 

尿 1~1.5リットル

汗 0.6リットル

呼気 0.3リットル

便 0.1リットル

 

当たり前ですが、体調や日によって変化するそうです。

汗で出る量は、暑さで全然違いますしね。

 

普通にしてても、汗と呼気で1リットル近く出ていってるんですね。。

夏場だったり、少し動くとさらに汗が出ますしね。

  

1日に必要な飲料水は約1.2~2㍑

 

飲み物として飲む水の量です。

毎日、普通に食事をしていたら、

食品の中から、0.8リットルの水を摂取しているそう。

  

そして、体内の代謝でできる水も0.2リットル摂取しているようです。

 

style.nikkei.com

 

口からとり込んだ水分は吸収された後、血や体液となって全身で使われる。水分は体内に留まることはできず、絶えず尿や汗、呼気や便となって排出されるため、水をこまめにとり込むことが必要なのだ

 

なるほど~。これを繰り返しているわけですね。

だから、こまめに水分補給しないと・・倒れちゃうと。

 

水分をとることは、「体内の水分量と塩分濃度」に関係している。私たちの体の60%は水分でできていて、なおかつ0.9%の塩分濃度が保たれている。人が生命を維持するためには、必ずこの二つが一定基準を保っていなければいけない。

 

ということで、生命を維持するために、

水分量と塩分濃度には注意しましょう!

このブログへメール 削除依頼