ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

携帯電話出荷台数シェア2011年度データ メーカー別・OS別・スマートフォンシェア(日本)

携帯電話出荷台数

シェア

2011年度データ
メーカー別・OS別・スマートフォンシェア(日本)


MM総研さんから発表されたこちら
2011年度通期国内携帯電話端末出荷概況 - 株式会社 MM総研
から概要をお伝えします。

・2011年度通期出荷台数は前年比13.5%増4,274万台
・スマートフォン出荷台数は前年比2.8倍の2,417万台、総出荷台数の56.6%を占める


2011年度通期 国内携帯電話出荷台数シェア(ガラケー+スマホ)

17.9% 富士通
17.0% Apple
16.8% シャープ
9.5% パナソニックモバイル
8.9% ソニーモバイル
8.6% 京セラ
7.0% NECカシオ
14.2% その他

東芝との事業統合やスマートフォンのラインナップ拡充に加え、「らくらくホンシリーズ」の需要が堅調に推移した結果、富士通が1位を獲得したとのこと。


2011年度通期 国内スマートフォン出荷台数シェア

30.0% アップル
17.5% シャープ
13.4% 富士通
以下、ソニーモバイル、サムスン、NECカシオの順

AppleがiPhoneで圧倒的な強さですね。auでの発売もあったので…。


2011年度 国内スマートフォンOSシェア

69.0% Android
30.0% iOS

端末がiPhone1つしかないことを考えると、すごいことだと思いますiOS。

ちなみに、Android端末で売れているメーカーの順位は
シャープ、富士通、ソニーモバイル、Samsung の順だそうです。


2012年度以降の携帯電話の出荷台数予測(内スマホの数)

2012年度4060万台(2,790万台 69%)
2013年度4100万台(3,060万台 75%)
2014年度4210万台(3,340万台 79%)
2015年度4095万台(3,355万台 82%)
2016年度4265万台(3,555万台 83%)

2011年度のスマートフォンの割合が約57%なので、2011年度→2012年度の変化がとても大きいです。
今年がかなり移行の年になると。

ガラケー(フィーチャーフォン)も無くなりはしないんでしょうけど、最終的には「らくらくホン」ぐらいしか残らないんじゃないかという状況ですね。

このブログへメール 削除依頼