ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

iPhone手書きキーボードで読みがわからない漢字を入力する方法【iPhone/iPad 使い方の基本】

iPhone

手書きキーボード

で読みがわからない漢字を入力する方法【iPhone/iPad 使い方の基本】


書いてある文章をみて写しとる時など、
「読みがわからない漢字」に出会った時、紙に手書きするなら真似ればOKですが、PCに入力する時等は読みから変換するしかないですよね?

PCの場合は「手書きパッド」っていうのがありますが…

で、iPhoneでも同様。読みから変換するしかない。
iPhoneに手書きパッドってあったっけ??


有料アプリならたくさんあると思いますが、今回紹介するのは基本でiPhoneにもともと備わっている機能
アプリを入れずとも、それと同じことができるんです。実は。


iPhone手書きキーボードで読みがわからない漢字を入力する方法

この方法、概要だけ先に言うと、キーボードに「中国語-簡体字 手書き」を追加することで実現します。
けど、日本語の文章の途中で、その漢字の入力だけに使用できます。


キーボードの種類を追加

設定 > 一般 > キーボード > 各国のキーボード

「新しいキーボードを追加」

 

下の方にある「中国語-簡体字 手書き」をタップ

 

これでキーボードに「中国語-簡体字 手書き」が追加されました。
準備OK。


「顰蹙」を入力してみる

読めますか?「顰蹙」…ぼくは…さすがに読めませんでした。

「顰蹙をかう」と書けば、想像できる人もいるでしょうか。日常で全く使わない言葉というわけではないんですが、漢字で書くと難しいんですね。

入力画面にきたら、キーボードの切り替えを。

中国語なんで微妙ですが「簡体字手写輸入」みたいなキーボードがあると思います。
それを選択。

 

入力画面はこんな感じ。

「×」は入力した文字の削除。
「換行」(?)は改行です。

ここにさきほどの字を入力してみます。

 

ちょっと字間違ってますが…なんとか入力できました!


で、これ何て読む字かというと「顰蹙をかう」=「ひんしゅくをかう」でした。

日本語で変換したものをその下に入力してみると

合ってるみたいですね!!


ちなみに、中国語なので注意点が。

●ひらがなやカタカナの入力はできない
●漢字でも、中国に存在しないものは入力できない可能性あり(?)

あくまで、「どうしても読みがわからない漢字」があるけど入力しなければいけない時に使えますね。

このブログへメール 削除依頼