ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

映画「鍵泥棒のメソッド」感想・レビュー・評価・口コミ、堺雅人、香川照之、広末涼子、主題歌・吉井和哉「点描のしくみ」公式PVミュージック・ビデオ

映画「鍵泥棒のメソッド」

感想・レビュー・評価・口コミ

堺雅人、香川照之、広末涼子、主題歌・吉井和哉「点描のしくみ」公式PVミュージック・ビデオ


鍵泥棒のメソッド (角川文庫)
鍵泥棒のメソッド (角川文庫)


映画館で以前からみていた予告で、ずっと気になっていた作品。

「鍵泥棒のメソッド」

演技派俳優さんたちの演じる
コメディタッチの作品ということで、

「おもしろそう!!」と。

若い俳優さんたちではないですが・・若い人にも楽しめるのか?!
あ、ぼくは、そんな言うほど若くはないですけど(笑)


※ネタバレ的なこともあるかもしれません※


鍵泥棒のメソッド@ぴあ映画生活作品情報

鍵泥棒のメソッド | Movie Walker

映画『鍵泥棒のメソッド』 - シネマトゥデイ


作品データ

映画 鍵泥棒のメソッド

製作年  2012年
製作国  日本
日本公開 2012年9月15日
上映時間 128分
配給   クロックワークス
ジャンル 人間ドラマ
監督   内田けんじ


あらすじ・ストーリー

銭湯に入ってきた金持ちそうな男(香川照之)が転倒。
その場に居合わせた貧乏役者の桜井が様子を見ていると、
男は頭を強打した影響で記憶を失っていた。

桜井はちょっとした出来心を起こし、
男のロッカーの鍵と自分の鍵をすり替える。

案の定、自分を桜井だと思い込む男。
しかし男の正体は誰も顔を見たことのない伝説の殺し屋・コンドウで、
コンドウに成り代わった桜井のもとに大金が絡む危険な仕事の依頼が舞い込み、
桜井はやむなく引き受けてしまう。

一方、自分は桜井だと思い込んでいるコンドウは
一流の役者となることを目指して真面目に努力する。

そんなひたむきな姿に胸を打たれた女性編集長の香苗(広末涼子)は彼に求婚。
三者三様の事情が複雑に絡み合う……。


感じたこと・感想・口コミ・レビュー

★予告でみていて、「売れない役者」と「殺し屋」が入れ替わる という話自体はなんとなく知っていたのですが、ちょっと心配していたのは、入れ替わるのが殺し屋ということ。。これはもしやコメディとは言いながらも、エンディングが暗い雰囲気になるんじゃないかと・・

★それが、観終わったあとにも嫌な感じになる作品ではありませんでした!!良かった・・。悪い人と入れ替わっちゃうということは、誰か主要登場人物が犯罪してたり・・・で悪い方向に進むのではと心配していましたが、ハッピーなエンドでほっとしました。(いきなりネタバレww)

★よくみたら、予告とかでも「売れない役者」と「殺し屋!?」ということで、殺し屋断定されてなかったんですね。

★物騒な話ですが、冒頭にある「殺し屋のシーン」。これをみて思ったのは、「あ、現実世界でもこんなに簡単に人をころして誰にもみつからずに隠すことはできるな」ということ。鮮やかなやり口で、そんなことを冷静に考えてしまいました。

★現実にはありえないような気がするけど、いやどこかにこういう商売の人いるかもしれない、という妙なリアル感もあります。

★コメディですが、けっこうハラハラドキドキさせるようなシーンが満載です。笑えるシーンは・・けっこうありますが、爆笑!というよりも、くすくす笑う?という感じです。ぼくが一番良いなと思ったところは、広末さんが役をやっている水嶋香苗が、自分の結婚相手として「ありかなしか」を同僚にみせられたケータイ画面を見せられながら次々答えるシーンで、「ギリギリ・・ありです」と答えた相手が、その同僚の旦那だったというシーン。これは面白かった。

★ちょうどテレビ・ドラマ「東野圭吾ミステリーズ」で広末涼子さん主演の回をみたあとに観たんですが、東野圭吾ミステリーズではたしか29歳?の役だったのが、今回の鍵泥棒のメソッドでは34歳の役。やっぱり化粧を薄くして・・なんですかね?たしかにシワが多くみえました。(笑)広末涼子さんって・・年取っても・・がんばればずっと20代にみえるんじゃないか?と。若い・・ですよねぇ。と思って調べたら、実年齢が31〜32歳ということでした。

★堺雅人さんは、ついこのあいだ弁護士役をテレビ・ドラマでやってましたが、今回のような「しがない」感じの役がとても似合いますよね(笑)「うそ笑い」(笑うような状況ではないけど、笑うしかないみたいな時の笑い)がうまい・・というか、特徴的だなといつも思います。

★香川照之さん、一番気になったのは、お風呂場でこけるシーン。記憶を失うきっかけになるシーンですが、ここで裸のまま転倒します。この時の裸体は、最初から最後まで香川さんの裸なんでしょうか(笑)実はここが一番気になりました。いろんな映画に・・出過ぎ(笑)

★アクション映画っぽい要素もあり、あ!そうくるか〜という話の流れもありで、お話として面白かったです。

★エンディングテーマの途中にもシーンがあるので、お見逃しなく!

★最初に言いましたが、最後までコメディとして成立して、わらって終わることができるように、あらゆる「悪く進みそうな流れ」に「救い」が存在します。「映画は気持ちを上向きにするものであってほしい」と思うぼくにとっては、期待どおりで良かったです。
(たまには泣ける映画や、バッドエンドもココロに残るんですけどね)


主題歌・テーマソング 吉井和哉「点描のしくみ」公式YouTubeフル動画 PV/MVプロモーションミュージックビデオ

このブログへメール 削除依頼